山田池公園の紅葉(1)です。
11月も中旬、ここ山田池公園の木々の葉っぱにも、いろんな色づきが見られるようになってきました。
まだまだ晩秋のカエデ類の紅葉には早いようでうすが、昨日の散歩で目につきました早い木々の葉っぱの変化をご覧ください。
モミジバフウ(紅葉葉楓)(別名アメリカフウ):マンサク科フウ属:4月頃開花:落葉高木
c0137342_972258.jpg

その幹の樹皮の様子と、枝にはコルク質の稜ができます。
c0137342_9104474.jpg

綺麗に色づいた、このフウには稜が出来ていません。多分タイワンフウかも知れません。
c0137342_9133613.jpg

山田池を見下ろす傾斜地にあるハゼノキの高木も真っ赤になっていました。
ハゼノキ(櫨の木):ウルシ科ウルシ属:5~6月開花:落葉高木
c0137342_917944.jpg

ハゼノキの紅葉と山田池
c0137342_9174599.jpg

ケヤキ(欅):ニレ科ケヤキ属:4~5月開花:落葉高木
葉っぱが茶色に変化します。
c0137342_9195975.jpg

ラクウショウ(落羽松)(:落葉高木)が茶色に変化し始めていました。
科・属:スギ科ヌマスギ属
学名:Taxodium distichum
原産:北米東北部・メキシコ
別名:ヌマスギ
花期・果期:4月頃開花・8~10月頃球果をつくる。
撮影:山田池公園(2008/08・2008/11)
用途:公園樹、建築・土木・器具材
分布:北米東北部・メキシコ原産

原産地では高さ50m、直径3mに達する。沼地や湿地などでは膝と呼ばれる気根が発達する。樹皮は赤褐色で縦に薄くはがれる。
葉は長さ1~1.7cmの線形で、長枝ではらせん状に、下部の短枝では羽状に互生する。4月頃開花する。雄花序は長さ10~20cmで垂れ下がる。
球果は長さ2~3cmの卵状球形で、10月ころ成熟して暗褐色になるが、種子のできないものが多い。晩秋の落葉前の茶葉が美しい。
c0137342_9231216.jpg

球果の様子です。
c0137342_19324286.jpg

気根の様子です。
c0137342_19332559.jpg

秋の茶葉になった様子です。
c0137342_19341216.jpg

花の様子はまだ撮れていません。

ユリノキ(別名ハンテンボク、チューリップツリー):モクレン科ユリノキ属:5~6月開花:落葉高木
c0137342_9252857.jpg

根元に落ちていました葉っぱです。
c0137342_9262113.jpg

クヌギ(橡):ブナ科コナラ属:4~5月開花:落葉高木
木によって葉っぱの様子がさまざまですが、あえて色づき始めを撮りました。
c0137342_9293146.jpg

トゲナシニセアカシア:マメ科ハリエンジュ属:5~6月開花:落葉高木
根元一面に落葉していました。
c0137342_9325190.jpg

ニシキギ:ニシキギ科ニシキギ属:5~6月開花:落葉低木
すでに真っ赤になって小さな赤い実も出来ていました。
c0137342_9345042.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-11-11 09:40 | ┃┣山田池公園
<< 王仁(わに)公園の紅葉風景 淀川河川公園(枚方地区)の風景です。 >>