昨日の山田池公園散歩で目に止まった植物たちです。
昨日はとても暖かい陽気でしたので、久しぶりにこちらの公園を散歩してみました。
相変わらず樹木種の花々の咲き出しは少ないようです。反面、まだまだその実はあちらこちらに残っていました。
園芸種の方では春用花壇に小苗の植え替えが行われたところです。早く爛漫たる春花壇の様子が待ち遠しいところです。
散歩の中で目についた植物の花々や実をご紹介いたします。(その詳細説明は夫々の植物名のリンクをクリックしてご覧ください。)

相変わらず咲き出しが少ない樹木種の花々です。
「米良」(野梅系・一重・白梅)が咲き出していました。こちらの梅林で白梅開花の一番バッターです。
c0137342_90927.jpg

「八重寒紅」(野梅系・八重・紅梅)は、ほぼ3分咲き程度になってきました。見ごろは2月中旬です。
c0137342_934629.jpg

「マンゲツロウバイ」が咲き出してきました。(花心の赤いロウバイがまだ開きません。)
c0137342_951033.jpg

「ジャノメエリカ」が早くも咲き出していました。
c0137342_971978.jpg

一方、まだまだ樹木種や園芸種の実も目立ちます。
「コトネアスター(ダンメリ)」の実です。
c0137342_9105364.jpg

「マユミ」の実です。(この実は南側公園で新しく植え込まれました園芸種のようです。)
c0137342_9131768.jpg

「ドウダンツツジ」は種子の裂開と冬芽が同時に見られます。
c0137342_9153989.jpg

「ノシラン」の実が花壇で、だんだんと青く輝いてきました。
c0137342_917899.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-01-29 09:22 | ┃┣山田池公園
<< 山田池公園の野鳥(すずめの仲間たち) 大阪天満宮と京橋界隈 >>