山田池公園の早咲き樹木の花々(2009/03)
ここ山田池公園で梅林の様子を楽しんでいる内にも、早咲きの樹木の開花もちらほら見られるようになりました。
例年、染井や大島に先立って支那実桜や寒緋桜がすでに開花して初春爛漫の幕開けです。
また、昨日の公園散歩で目につきました、桜以外の樹木の開花も併せてご覧ください。

カンヒザクラ(寒緋桜)は園内の桜並木で最初に咲き出してくる真っ赤な下向き花弁の桜です。
(例年、染井吉野桜や大島桜より約2週間早く咲き出します。)
c0137342_8442841.jpg

c0137342_8445443.jpg

c0137342_8451460.jpg


シナミザクラ(支那実桜)は園内を流れる奥山田川が池に流れ込むところで、今年も開花しています。
(この花も例年、寒緋桜とほぼ同じ時期に開花する実桜です。)
奥山田川の対岸からの開花風景です。
c0137342_849034.jpg

シナミザクラの側面から見た風景です。
c0137342_8493021.jpg

c0137342_8494530.jpg

シナミザクラのステレオ写真(交差法)です。その花弁の奥行き感をご覧ください。(画像クリックでオリジナル画像になります。)
c0137342_854440.jpg


園内の花木園ではサンシュユ(山茱萸)の黄花も満開近くになってきました。
c0137342_8565518.jpg

c0137342_8571181.jpg


梅林下ではアセビ(馬酔木)の白花が咲き始めていました。
アセビ(馬酔木):常緑低木~小高木
科目・属:ツツジ科アセビ属
学名:Pieris japonica
別名:アセボ
花期:3~5月
撮影:山田池公園(2009/03)
やや乾燥した山地に生え、高さは2~9mになる。葉は互生し、長さ3~8cmの倒披針形で厚い革質。ふちには鈍い鋸歯があり、両面とも無毛。
3~5月、枝先に円錐花序をだし、白い花が多数垂れ下がって咲く。花冠は長さ6~8mmの壺形で先は浅く5裂する。
雄蕊は10個で、花糸には短毛があり、葯には刺状の突起が2個ある。雌蕊は1個。
蒴果は直径5~6mmの扁球形で上向きにつき、9~10月に熟す。有毒植物。万葉植物の一つ。
用途:庭木、床柱、薪炭
分布:本州(山形県以西)、四国、九州
c0137342_913947.jpg

c0137342_921913.jpg

これは昨年の7月に撮った若い実の様子です。
c0137342_15554613.jpg

シロバナアセビのステレオ写真(交差法)です。その奥行き感をご覧ください。(画像クリックでオリジナル画像になります。)
c0137342_951161.jpg


奥山田川岸ではネコヤナギが咲いていました。その花の様子からはすでに花粉が出ており、咲き終わりに近づいています。
ネコヤナギ(猫柳):落葉低木
科目・属:ヤナギ科ヤナギ属
学名:Salix gracilistyla
別名:カワヤナギ・エノコロヤナギ
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
各地の山野の水辺に普通に生え、高さ0.5~3.0mになる。下部からよく分枝し、枝は弓状に曲がって斜上する。若枝には灰白色の軟毛が密生するが、
のちに毛は落ち、緑褐色または緑色になる。裸材に隆起線はない。冬芽は灰白色の軟毛が密生し、帽子状になった赤褐色の1個の麟片におおわれている。
葉は互生し、長さ7~13cmの長楕円形で先はとがり、基部は円形。ふちには細かい鋸歯がある。革質で表面は深緑色、裏面は灰白色で白い絹毛が密生する。
若葉は両面とも有毛。葉柄は0.5~2cmで軟毛が多い。托葉は長さ6~10mmの腎円形。3~4月、葉が出る前に長楕円形の尾状花序をつける。
雄花序は長さ3~6cm。雄花の雄蕊は2個が合着して1個になっている。葯ははじめ紅色で、黄色の花粉を出したあと黒くなる。
雌花序は長さ2.5~4.5cm。雌花の子房は長卵形で白い軟毛が密生し、花柱は子房より長い。柱頭は短く、2中裂することもある。
雄花も雌花も1個の腺体があり、苞は広披針形で上部は黒色、中部は帯紅色、下部は淡黄緑色をしており、両面に白色の長い絹毛が密生する。
雌花序は花のあとのびて、果期には9cmほどになり、一方に傾く。蒴果は2裂して反り返り、白い絹毛に包まれた種子を出す。
 用途:庭木、護岸樹、花材、樹皮は薬用
 分布:北、本、四、九、朝鮮、中国、ウスリー
c0137342_9113842.jpg

c0137342_9115436.jpg


一方南側公園ではジンチョウゲの花が満開でした。
ジンチョウゲ(沈丁花):常緑低木
科目・属:ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名:Daphne odora
原産:中国
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
日本には室町時代に渡来し、早春の花として広く親しまれている。寒さにやや弱いので、東北地方の南部以西に植えられている。高さ約1~1.5mになる。
基部から蜜に分枝して形の良い球状の樹形になる。樹皮は暗褐色で非常に強い。葉は互生し、長さ5~10cm倒披針形でふちは全縁。厚い革質で光沢がある。
3~4月、枝先に香りのよい花を10~20個頭状につける。花には花弁はない。萼は肉質の筒型で先が4裂して広がり、花弁のように見える。
外側は紅紫色で無毛。内側は白色。雄蕊は8個あり、萼筒の上部に4個ずつ上下2段につく。雌雄異株。
日本には雄株が多いが、まれに果実をつける株がある。
用途:庭木、公園樹、鉢植え
分布:中国原産
c0137342_9134660.jpg

c0137342_914284.jpg


最後に梅林では、やっと紅梅枝垂れが見事に満開になってきました。こちらの梅林では最後の花となります。
c0137342_9162577.jpg

c0137342_9164791.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-13 09:28 | ┃┣山田池公園
<< 大阪市立大学付属植物園の樹木種... 春蘭展と河津桜ほか。(鶴見緑地) >>