山田池公園では華やかな花木の開花が始まりました。
こちらの公園では染井吉野がちらほらと咲き出してきました。
染井吉野に先駆けて、このところの陽気で花木園を中心にいろんな樹木が開花を始めました。
例年、花木園の春は染井(桜)に先駆けスモモ類の開花からはじまります。
その一面の開花は華やかに花木園の初春を彩ります。

ベニバスモモ(紅葉李)(:バラ科サクラ属)は開花と同時に赤い葉っぱもでてきます。
c0137342_951452.jpg

満開のベニバスモモ(よく桜の開花と間違われています。)です。真ん中の白花はスモモです。
c0137342_952880.jpg

c0137342_9522585.jpg


スモモ(李)(その1)(:バラ科サクラ属)は2品種あるようです。美味しい大きな実がなります。
c0137342_955252.jpg

スモモ(李)(その2)(:バラ科サクラ属)
c0137342_9562077.jpg

花木園には何故かアーモンド(:バラ科サクラ属)の木が毎年大きな花弁で開花してきます。
c0137342_9595714.jpg

大きなハクモクレン(白木蓮)(:モクレン科モクレン属)の開花は圧巻です。
c0137342_101032.jpg

これも大木のコブシ(辛夷)(:モクレン科モクレン属)の開花も華やかです。たまたま花弁を食べていたヒヨドリが写っています。
c0137342_1043316.jpg

公園で一番大きな紅枝垂れ桜(一重)(:バラ科サクラ属)も咲き出していました。
c0137342_1073726.jpg

竹薮の法面ではユキヤナギ(雪柳)(:バラ科シモツケ属)もほぼ満開になってきました。
c0137342_1083964.jpg

トサミズキ(土佐水木)も黄花弁が連なってぶら下がってきました。
トサミズキ(土佐水木):落葉低木
科目・属:マンサク科トサミズキ属
学名:Corylopsis spicata
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
用途:庭木、盆栽、花材。
分布:四(高知県)

高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地などに自生し、高さ2~4mになる。葉は互生し、長さ5~10cmの倒卵状円形で、基部は心形。
ふちには波状の鋸歯がある。葉の裏や葉柄、花軸、萼、蒴果には毛が多い。3~4月、葉に先立って穂状花序を垂らし、淡黄色の花を7~8個開く。
花弁は5個で長さ7mmのへら形。雄蕊は5個で花弁より短い。葯は帯紅色。蒴果は熟すと2裂し、狭楕円形で光沢のある黒い種子を2個だす。
c0137342_10141830.jpg

c0137342_16534225.jpg

おまけですが、散歩中に見かけたヒメオドリコソウの中で日向ぼっこしていた野良猫です。残念ながら逆光でした。
(こちらの公園は飼い主が手放した多くの猫がいます。余りに増えるので避妊手術をしているようです。耳の一部が欠けた(左耳)猫は避妊済みのようです。)
c0137342_10191671.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-25 10:25 | ┃┣山田池公園
<< 大阪市立大学付属植物園の枝垂れ... 山田池公園の早春の野草開花です。 >>