花菖蒲園が開園されています。(その1)
今年も山田池公園の花菖蒲園が5月25日から6月25日の1ヶ月間、開園されています。
昨年は花菖蒲園内部の八橋を中心に改良されましたが、今年も入り口廻りが新しく良改されました。
現在のところ、花菖蒲の開花は全体的に見て3~4分咲き程度ですが、いずれの品種も咲き始め状態ですが、
生きいきとした蕾と開花の様子が楽しめます。
とりあえず現在の開花の様子をご覧いただきます。満開時の様子は中旬ころに(その2)として載せたいと思っています。

花菖蒲(:アヤメ科アヤメ属:5月下旬~6月下旬開花:多年草)
ノハナショウブから改良された園芸種。江戸中期に園芸化がはじまり、江戸系、肥後系、伊勢系と、
近年育成されたキショウブとの種間雑種の黄色品種、花被片の丈夫な外国育成品種品種などがある。
花形は、外花被のみ大きくなり内花被のあまり発達しない三英咲き、内、外花被ともに発達した六英咲きと、
玉咲き、爪咲きなどの変化咲きがある。
主として江戸系は庭園用に、肥後系と伊勢系は鉢物用に育成され、肥後は六英、伊勢は三英咲きを主とする。
丈夫でより色彩の豊かな大輪が求められている。
花色は紫、藤、紅茶、ピンク、白、さらにこれらの絞り、ぼかし、覆輪、斑、筋や、半八重、八重、
花被片の宿み、波打ち、下垂などがある。

新しく出来ました入り口の様子です。内部には座って眺められるようにもなっています。
c0137342_95123.jpg

入り口を入って直ぐから見た園内の開花状態です。(画像クリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_961921.jpg

内部八橋から見た開花状態です。
c0137342_971157.jpg

現在は江戸系の花菖蒲の開花が早いようです。
江戸系「古照田」
c0137342_9123760.jpg

江戸系「東鹿子」
c0137342_9132219.jpg

江戸系「初紅」
c0137342_9141183.jpg

伊勢系「桜獅子」
c0137342_936759.jpg

江戸系「揖保川」
c0137342_9155013.jpg

新しく植えられた「金冠」(黄色の花菖蒲では葉っぱまで黄色い「愛知の輝き」がありますが、この花は葉っぱは緑色です。)
c0137342_9183341.jpg

「播磨の乙女」
c0137342_920474.jpg

江戸系「追風」
c0137342_922339.jpg






[PR]
by poron_55 | 2009-06-01 09:37 | ┃┣山田池公園
<< 初夏の修学院離宮 公園散歩中に見かけた園芸種と野... >>