山田池公園(北側)の夏の風景と園芸花。
昨日の総選挙では、長く続きました自民党主導の政権から、民主党主導の政権に変わりました。
政府でもあらゆる分野でも長く続く運営管理には、しらずしらずの間に制度疲労が現れてきます。
そこへ、このところの世間の環境変化は激しく、その対応に「どげんかせないかん」と思いながらも、
一旦身についたぬるま湯は拭い去ることができませんでしたね。
そのことに自ずからが気がつかず、現状維持に身を委ねてしまうのが実情のようです。
新政権の出発は多くの国民の期待がかかっています。
真の2大政党を目指して、大いに切磋琢磨して頑張っていただきたいと思います。
決して長くはない、4年先きの生活や経済の復元、外交・安全がどんな風に変化しているのか・・・期待して見守っています。

さてさて、本日の投稿は前回投稿に続いて、山田池公園(北側)の夏の風景と散歩中に出会った各花壇の園芸花を取り上げてみました。
従前からある北側公園は、灌漑用として維持されてきました大きな山田池を中心として、多くの樹木や遊歩道からなる自然豊かな公園に育っています。
以下の北側公園のマップを参照にしてご覧ください。
c0137342_10321369.jpg

観月提(名前の通り仲秋には対岸に名月が上ります。)から見た大きな山田池の風景です。
c0137342_10404731.jpg

同じく観月提の休憩所から見た山田池と浮見堂や背景の山々です。
c0137342_10424816.jpg

外周遊歩道の竹屋峠から見た山田池と浮見堂と展望台方向の風景です。
c0137342_10462189.jpg

すっかり夏模様の花菖蒲園の風景です。
c0137342_10475197.jpg

花木園の夏の花・百日紅の開花と、遠く山田池方向の風景です。
c0137342_10501670.jpg


一方散歩中に見ました各花壇で咲いています園芸花です。
パンパスグラス(:イネ科パンパスグラス属:8~10月開花:大型宿根草)の開花はまさに夏の花。(2品種が花穂を出しています。)
c0137342_10555035.jpg

葉っぱに横縞が入るタカノハススキ(:イネ科ススキ属:8~10月開花:宿根草)も穂を出してきました。
c0137342_10571418.jpg

アゲラタム(紫)(:キク科アゲラタム属:8~9月開花:1年草または多年草)も満開になっています。
c0137342_10582791.jpg

すっかり伸びたメランポジューム(:キク科メランポジューム属:7~9月開花:1年草または多年草)も満開です。
c0137342_10593014.jpg

サントリーが開発したサフィニア(ナス科ペチュニア属:7~9月開花:1年草または多年草)も満開です。
c0137342_111398.jpg

ベゴニア(:シュウカイドウ科ベゴニア属:4~10月開花:多年草)とサルビア・スプレンデンス(:シソ科サルビア属:7~10月開花:1年草)です。
c0137342_112092.jpg

このノシラン(ユリ科ジャノヒゲ属:7~9月開花:多年草)は例年花壇で咲き出してきます。
c0137342_1133999.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-08-31 11:44 | ┃┣山田池公園
<< 星田園地(府民の森)と星のブランコ。 山田池公園(南側)の夏の風景と... >>