台風一過の山田池公園の様子。
先日の台風18号の通過後は、まさに台風一過・・・連日の秋晴れになっています。
昨日、公園の様子を見て歩きました。遠目には秋晴れの様子も、実際に歩いてみると各所で、その爪跡が残っていました。
そのためか、危険防止の観点から山田池公園の各入り口には台風前から立ち入り禁止の張り紙が貼られていました。
今回は台風一過の様子と台風の爪跡の様子と野草花の様子をご覧ください。

昨日の散歩では清々しい秋晴れの風景が広がっていました。
展望台中腹から背高いエノキの向こうに広がる山田池の様子です。
c0137342_11505274.jpg

そのエノキの幹越しに見たクスノキと浮見堂と山田池の様子です。
c0137342_11525084.jpg

観月提を側面から見た山田池の様子です。(現在のTOPロゴ画像にもしました。)
c0137342_1158541.jpg

公園の主遊歩道に散乱した樹木の葉っぱや小枝は既に清掃されていましたが、小道はまだまだ散乱のままでした。
c0137342_11563127.jpg

熟れかけたカキノキの実も沢山落ちていました。
c0137342_1159217.jpg

c0137342_11593567.jpg

大きなクヌギ(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:落葉高木)の木からも沢山のドングリが落ちていました。
c0137342_1203965.jpg

c0137342_1205320.jpg

ラクウショウ(落羽松)(:スギ科ヌマスギ属:4月頃開花:落葉高木)の葉っぱや若い実も沢山落ちていました。
c0137342_122817.jpg

高木のポプラ(セイヨウハコヤナギ)(:ヤナギ科ハコヤナギ属:3~5月開花:落葉高木)も一本だけ倒れていました。
夜半の出来事とはいえ、こんな大木までが倒れるのは大変に危険ですね。
c0137342_1232261.jpg

c0137342_1234051.jpg

アラカシ(粗樫)(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:常緑高木)の実はまだ若くてしっかりと枝についていました。
c0137342_12263771.jpg

c0137342_12115743.jpg

同じく、シラカシ(白樫)(ブナ科コナラ属:4~5月開花:常緑高木)の実も若くしっかりと枝についていました。
c0137342_1228987.jpg

c0137342_12142065.jpg


一方、秋の野草たちも少し咲いていました。特にタデ科の野草が目立っていました。
ミゾソバ(タデ科タデ属:7~10月開花:1年草)が満開でした。
c0137342_12171344.jpg

c0137342_12173014.jpg

シロバナサクラタデ(タデ科タデ属:8~10月開花:多年草)は咲き始めでした。
c0137342_12184832.jpg

c0137342_1219255.jpg

川原ではボントクタデ(タデ科タデ属:9~10月開花:1年草)が一杯見られました。
c0137342_12211877.jpg

除草を免れたイヌタデ(タデ科タデ属:6~10月開花:1年草)も一杯見られました。
c0137342_12224675.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-10 12:30 | ┃┣山田池公園
<< 「水都大阪2009」のイベント... 山田池に上る仲秋の名月と昼夜の表情。 >>