紅葉も過ぎ去り・・・木々の実を探してみました。
暫く続きました紅葉風景も落葉が進み、山田池公園の木々もあちらこちらで、晩秋の果実が見られます。
そこで今回は散歩中に見ました、現在の木々の実や落葉の様子などを取り上げてみました。

カキノキは殆ど落葉していますが、その枝先ではまだまだ柿の実が多くぶら下がっています。
多分渋柿でしょうが、高木で手が届きません。いつも小鳥の餌か自然落下を待っています。
c0137342_16304258.jpg

大きなセンダン(栴檀)の木には既に黄色くなってきました果実が一杯です。
なを、よく間違われますが「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことですね。

c0137342_16321858.jpg

モチノキ科ではナナミノキの赤い果実が鈴なりです。
c0137342_16342261.jpg

同じくモチノキ科のソヨゴ(冬青)も一杯の赤い果実をつけています。
c0137342_1637957.jpg

クスノキ科では、クス(楠)が早くも黒い果実を鈴なりにつけています。
c0137342_16411951.jpg

同じくクスノキ科のシロダモは赤い実(昨年の花の実)と同時に花も咲かせています。
c0137342_164330100.jpg

モクセイ科ではネズミモチ(鼠黐)の果実がだんだんと黒くなってきました。
c0137342_16454875.jpg

同じくモクセイ科のトウネズミモチ(唐鼠黐)も枝一杯に果実をつけています。
c0137342_16474468.jpg

トウダイグサ科ではユズリハ(譲葉)の果実が黒くなってきました。
c0137342_16494814.jpg

同じくトウダイグサ科のヒメユズリハ(姫譲葉)も黒い実を一杯つけています。
c0137342_16511496.jpg

一風変わったトベラ科のトベラ(扉・海桐花)も裂開して赤い種子を出しています。
c0137342_16555616.jpg


一方、目についた落葉の様子も撮ってみました。
目だっているのは、葉表が赤色で葉裏が白色の落葉です。
ハナノキの根元です。
c0137342_16583660.jpg

ヤマハゼの根元です。
c0137342_1659521.jpg

ご存知、サクラの根元です。
c0137342_1703438.jpg

今度は、お馴染みの黄色い葉っぱの銀杏の根元です。
c0137342_1715076.jpg

今度は既に茶色になったスズカケノキの根元です。
c0137342_1725894.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-12-05 17:12 | ┃┣山田池公園
<< 梅田スカイビルとドイツ・クリス... 山田池公園の紅葉風景(その2:... >>