オシドリが来ていました。
山田池公園の池の水嵩が少し増えたからでしょうか。「オシドリ」が来ていました。
(山田池には、例年この時期にやってきます。その様子はこちらのページを参照してください。)
オシドリ(カモ目カモ科)
学名:Aix galericulata
雄:雄:三列風切が橙色の銀杏型で帆のように立っている。眉斑は大きく白色で、頬(ほお)から首にかけて橙赤色。嘴は赤色。長い冠羽を持つ。
エクリプスの雄は雌に似るが、嘴は赤いこと、脇の白斑が明瞭でないことで区別できる。
雌:全体が灰色に近い灰褐色で、胸と脇(わき)に白の斑点がある。嘴は灰黒色で基部は白い。目の周りが白く、そのまま後ろへ白線が伸びる。
採餌:雑食性だが主として植物食である。草の種子、樹木の果実、水生昆虫などを食べる。特にシイ、カシ、ナラ類のどんぐりが大好物である。
夜行性で、夜間に水田や湿地などに採餌に出る。地上を歩いたり、水面を泳ぎながらついばむ。水の中に入ったり、
逆立ちをして上半身を水中に入れて採餌する。
水かきで浅い水底をかき回し、浮いてくるものをついばむこともする。シイ・カシ類の樹幹に直接止まって、どんぐりをむしりとることもする。
繁殖:4~7月に、一夫一妻である。番は抱卵期に解消する。
生息地:低地から亜高山帯まで広範囲で観察される。繁殖期には、大木の多いブナ林、シイ、カシ林などを好む。
冬季は山間の淡水域で見られる。林内の枯れ木などに止まっていることがある。
(オンライン野鳥図鑑より)

その「オシドリ」が泳いでいる様子の動画です。
(右三角クリックで再生開始。右下の画質で1080pHDを選定してご覧ください。)


オシドリのつがい
c0137342_19565744.jpg


全体画像(マガモが混じっています。)
c0137342_1958524.jpg


こちらもマガモが混じっています。
c0137342_2044210.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-02-07 20:06 | 野鳥
<< ヒレンジャクが来ていました。 だんだんと「コガモ」が増えてき... >>