公園の各所で「マテバシイ」の果実が大きくなってきました。
マテバシイ:常緑高木
科目・属:ブナ科マテバシイ属
学名:Pasania edulis
別名:サツマジイ・マタジイ
花期・果期:5~6月・翌年の8~9月
撮影場所・撮影年月:山田池公園(2013/08)

沿海地に生え、高さ約15mになる。樹皮は暗褐青灰色でなめらか。若い枝は無毛。葉は互生し、
長さ5~20cmの倒卵状楕円形で全縁。厚い革質で、裏面は灰緑褐色。6月頃開花する。
雄花序は長さ5~9cmで斜上する。堅果は長さ2~3cmの長楕円形で、翌年の秋に成熟し、食べられる。
殻斗は皿形で総苞片が瓦状に並ぶ。
用途:公園・防風・防火樹、建築・器具材
分布:本(紀伊半島)、四、九、沖

現在の果実の様子。
c0137342_950166.jpg

c0137342_9502856.jpg

c0137342_951118.jpg

昨年初夏に開花していた様子。
c0137342_9524892.jpg

c0137342_9531348.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-08-20 09:39 | ┃┣樹木種
<< 山田池公園は連日の夏模様です。 今年も百日紅が満開になってきました。 >>