ハシブトガラスの行水です。
山田池公園の「池・せせらぎ」でハシブトガラスが水浴びをしていました。

ハシブトガラス:スズメ目カラス科
撮影:山田池公園・2014/02/09
形態:雌雄同色雌雄同色。全身黒く紫色や青い光沢がある。嘴は太く、上嘴先端は大きく湾曲する。
額は出っ張っていて、嘴基部との間に段差があり、ハシボソガラスとの大きな相違点になっている。
特徴:ハシボソガラスと混住するが、開けた農耕地などでは少なく、山地や、都市部、住宅街で多い。
採餌:雑食性で、動物の死骸や、鳥の卵や雛、弱った鳥獣、木の実などを食べる。市街地では人間が出すゴミなどをあさる。
食物を蓄える習性がある。
鳴き声:「カァーカァーカァー」「アーアーアー」等ハシボソガラスより澄んだ声で鳴くほか、「ガァーガァー」と濁った声でもなく。
「アハハ、アハハ」「カポンカポン」等と鳴く事も。鳴く時に頭を上に向け、嘴を突き出して鳴く。
(デジタル野鳥図鑑より)

前向き
c0137342_1975681.jpg

横向き
c0137342_1982897.jpg

後ろ向き
c0137342_18411395.jpg

動画:水浴びの様子。
(右三角クリックで再生開始。再生中右下の歯車マークで1080pHDを選定してご覧ください。)

[PR]
by poron_55 | 2014-02-13 18:57 | 野鳥
<< 今年も見事な枝垂れ梅が開花しました。 公園散歩中、シジュウカラの水浴... >>