公園のハナモモが満開になりました。
山田池公園の春はベニバスモモの開花に始まりハナモモ・サクラ・モクレン・コブシ・ツツジ・・・と一気に爛漫たる春をむかえます。
その中から、昨日現在のハナモモ(緋色咲き種、桃色咲き種、源平咲き種)の開花の様子をお届けいたします。
ハナモモ(花桃)は江戸時代から日本で栽培されるようになり、品種も多くさまざまなハナモモの花が見られます。
花を鑑賞するハナモモと、果実を食用にするモモがあり、ハナモモの果実は結実しても小さくてまずく食べられません。
園芸上では、八重咲き品種のモモをハナモモと呼びます。

緋色咲き種の開花(落葉小高木)
科目・属:バラ科サクラ属
学名:Prunus persica cv.
原産:中国
開花:3~4月
撮影:山田池公園(2008/04)
用途:公園樹、庭木

白花のスモモの開花を追って直ぐに咲き出します。
c0137342_1033745.jpg

c0137342_104713.jpg

c0137342_1042951.jpg

スモモ園ではその紅白の対比が楽しめます。
c0137342_10475233.jpg


桃色咲き種の開花
科目・属:バラ科サクラ属
学名:Prunus persica cv.
原産:中国
開花:3~4月
撮影:山田池公園(2008/04)
用途:公園樹、庭木

この品種は1本だけで、例年藤棚の横で咲き出してきます。
c0137342_1051961.jpg

c0137342_1054674.jpg

c0137342_106835.jpg

遠く奥山田川や山田池を見渡せる場所にあります。
c0137342_10482830.jpg


源平咲き種の開花
科目・属:バラ科サクラ属
学名:Prunus persica cv.
原産:中国
開花:3~4月
撮影:山田池公園(2008/04)
用途:公園樹、庭木

源平咲きハナモモとは一本の木に紅花と白花が混ざり合って咲く品種です。
一本の枝に異色の花が咲く品種が多いのは、人為的に造られた品種が多いせいで、異種の遺伝子を持っているためだそうです。
c0137342_107173.jpg

c0137342_1073126.jpg

c0137342_1075079.jpg

源平咲き種の枝垂れ桃は今年ほとんど咲き出しませんが、その可憐な開花の様子(2年前)
c0137342_1094096.jpg

c0137342_1010877.jpg

c0137342_10103198.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-04-07 10:50 | ┃┣樹木種
<< 公園の木々の花々をステレオ(立... 春爛漫・鴨川沿いの桜と京都府立... >>