山田池公園の奥山田川の現在の様子です。
今回は山田池公園の中を流れる「奥山田川」をご紹介いたします。 (マップ図を参照)
公園の中を流れる川の実際は大きな山田池の畔にある優雅な「浮見堂」 (実際はこの中に大きなポンプが設置)から、
汲み上げた大容量の水を「もみじ谷」最上部まで(約600M))地中配管で運び奥山田川の源流として放流しています。
従って大きな人工川となっています。
それでも、この川やその岸辺には多くの植物たちが四季折々に、例年花を咲かせてきます。
大きな山田池からも「マガモやカルガモ」などが餌を求めて上ってきます。
今日は、ここ2~3日で撮った現在の奥山田川の様子を最上流から途中の弥生橋(中間地点)を過ぎて山田池まで流れる風景の紹介です。

もみじ谷の中にあります奥山田川の源流の様子
c0137342_10201767.jpg

少し近寄ると滝状になっています。
c0137342_10211434.jpg

その滝の様子です。
c0137342_10214740.jpg

このもみじ谷周辺では早くもミヤギノハギ(宮城野萩):マメ科ハギ属(6~8月開花)が咲き出しています。
c0137342_10242914.jpg

源流から50mくらい下流の様子です(秋には紅葉するところです)。
c0137342_10255786.jpg

更に50mくらい下流の川辺ではもうネムノキ(合歓の木):マメ科ネムノキ属(6~7月開花)が咲き出しています。
c0137342_10281260.jpg

更に下流でもう一つ(右上)の流れが合流します。
c0137342_10293961.jpg

更に下流に弥生橋(奥山田川の中間地点)があります。
c0137342_1032675.jpg

画像の左側が上流側(みみじ谷側)
c0137342_10324129.jpg

画像の右側が下流側(山田池側)
c0137342_10331978.jpg

弥生橋から撮ったマガモ(カモ目カモ科)のつがい(ここまで上ってきます。)
c0137342_10362742.jpg

今年生まれたカルガモ(カモ目カモ科)の親子が池縁のタチヤナギの根元で小休止。
もうこんなに大きくなってきました。(画面の上に親と下に9匹の子供)
c0137342_10401369.jpg

カルガモの親子も川を上ってきます。
c0137342_1041941.jpg

10匹が川の餌を食べています。
c0137342_1042057.jpg





今年(2009)も山田池の葦原で生まれています。
2009/05/06
葦原の根元で見つけました。
c0137342_17272465.jpg

2009/05/18
葦原を横切る山田池大橋から、見物の人が投げいれるパン切れを、大きな鯉と競争して食べる元気な子供です。
c0137342_173179.jpg

2009/05/20(夕刻)
葦原の根元で休んでいる子供
c0137342_1733639.jpg

親の後を追ってねぐらへ急ぐカルガモの行列
c0137342_17341366.jpg

成長の様子は時折追加して載せてゆきますが、6月下旬になれば親と同じくらいに成長することでしょう。
2009/05/23〈昼時)
山田池大橋から投げ入れられるパン切れを、葦原から猛スピードで出てきて、鯉と競争して食べるカルガモの親子
c0137342_1646641.jpg

食べ終わると葦原に戻ります。
c0137342_16494161.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-06-21 10:49 | ┃┣山田池公園
<< 山田池公園で最近開花しました樹... 山田池公園の水生花園で紫陽花が... >>