カテゴリ:┃┣山田池公園( 130 )
現在、公園の花壇で開花中のキク科の園芸種です。
例年この時期に「エキナセア属」が花壇をにぎわせます。
エキナセア・プルプレア
c0137342_18505341.jpg

c0137342_18522655.jpg

エキナセア・プルプレア(ホワイトラスター)
c0137342_1852544.jpg

c0137342_1854651.jpg

エキナセア・ビンテージワイン
c0137342_185535.jpg

c0137342_18552085.jpg

次は「ルドベキア属」です。
ルドベキア・チェリーブランデー
c0137342_1856158.jpg

c0137342_18563529.jpg

次は「リアトリス属」です。
リアトリス
c0137342_18573272.jpg

c0137342_18575319.jpg

次は「ノコギリソウ属」です。
キバナノコギリソウが満開です。
c0137342_2120876.jpg

c0137342_21204393.jpg

園芸種ではありませんが「アメリカオニアザミ」が公園各所で増えてきました。
c0137342_190711.jpg

c0137342_18592262.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-06-29 19:08 | ┃┣山田池公園
現在開花中の華やかな花々(ゴマノハグサ科)
チューリップの開花が過ぎた現在、山田池公園の花壇では初夏の園芸種の開花が華やかになてきました。
現在開花中で、いずれも「ゴマノハグサ科」の花々を撮ってみました。

キンギョソウの開花は「アスーリトレッドとイエロー」の開花が花壇周辺を一層に華やかにしています。
今年はアスリートレッドとイエローが混植されています。美月橋を背景に撮りました。
c0137342_9162353.jpg

クイーンズランド庭園(南)の花壇に植えられています「赤色と黄色」の開花風景です。
c0137342_9182941.jpg

同庭園で「リナリア(ヒメキンギョウソウ)」の開花も見られます。美月橋を背景に撮っています。
c0137342_9284549.jpg


西花壇では背丈の高い「ジキタリス」の花が開花中です。
赤色系のジキタリスの開花です。
c0137342_9224996.jpg

同じく薄いピンク系の花弁も開花中です。
c0137342_924759.jpg

同じく白色系の花も開花を始めました。
c0137342_9253242.jpg


園芸種ではありませんが公園各所で「マツバウンラン」の開花も楽しめます。
c0137342_9363267.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-05-17 09:39 | ┃┣山田池公園
南側山田池公園の芝生広場周辺の色づき風景。
山田池公園も、朝晩の冷え込みとともに、落葉樹の紅葉が進んできました。
南側公園にあります「芝生広場」の紅葉・黄葉・茶葉が目立ってきました。
今回はそんな「芝生広場」の周囲を散歩した紅葉の様子を動画にしてみましたのでご覧ください。
(すべての動画は右三角をクリックして動画スタート、すぐに画質は右下の1080pを選んでください。)
なを、南側公園散歩コースのマップは、こちらのページを参照してください。
散歩コース名:S24~S20
南入口から芝生広場までの「ユリノキ並木」の色づきの様子です。



散歩コース名:S19~S20
芝生広場の西側半分(右に芝生の丘、左に芝生広場を見て歩く歩道)の煉瓦歩道からの風景です。



散歩コース名:S20~S13
芝生広場の東側半分(流れに沿って歩く歩道)の煉瓦歩道からの風景です。



以下は散歩中に撮った単画像の色づき風景です。
すっかり黄色と茶色になってきたユリノキ並木の色づき。
(中央正面に見える赤色の二本の木はモミジバフウの紅葉です。)
c0137342_194875.jpg

黄色くなったセイヨウハコヤナギ(ポプラ)と「流れ」の風景。
c0137342_19364918.jpg

芝生の丘方向のポプラ(黄色)とモミジバフウ(紅葉)の色づきの風景。
c0137342_19403160.jpg

ラクウショウ(茶色)の色づき風景。
c0137342_19415823.jpg

落葉を始めたギンドロ(黄色)とUFO型休憩所の風景。
c0137342_1944216.jpg

モミジバフウの紅葉風景。
c0137342_19452015.jpg

紅葉したモミジバフウから芝生の丘への上り歩道。
c0137342_19461816.jpg

[PR]
by poron_55 | 2012-11-17 19:57 | ┃┣山田池公園
いろいろとありがとうございました。
いつも当ブログへ、ご訪問いただきましてありがとうございます。
また開設以来、数々のコメントをいただきましてありがとうございます。
暫くの間、別途HPのメインテナンスのため、当ブログを休館しています。
c0137342_11463646.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-12-12 11:47 | ┃┣山田池公園
紅葉も過ぎ去り・・・木々の実を探してみました。
暫く続きました紅葉風景も落葉が進み、山田池公園の木々もあちらこちらで、晩秋の果実が見られます。
そこで今回は散歩中に見ました、現在の木々の実や落葉の様子などを取り上げてみました。

カキノキは殆ど落葉していますが、その枝先ではまだまだ柿の実が多くぶら下がっています。
多分渋柿でしょうが、高木で手が届きません。いつも小鳥の餌か自然落下を待っています。
c0137342_16304258.jpg

大きなセンダン(栴檀)の木には既に黄色くなってきました果実が一杯です。
なを、よく間違われますが「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は白檀のことですね。

c0137342_16321858.jpg

モチノキ科ではナナミノキの赤い果実が鈴なりです。
c0137342_16342261.jpg

同じくモチノキ科のソヨゴ(冬青)も一杯の赤い果実をつけています。
c0137342_1637957.jpg

クスノキ科では、クス(楠)が早くも黒い果実を鈴なりにつけています。
c0137342_16411951.jpg

同じくクスノキ科のシロダモは赤い実(昨年の花の実)と同時に花も咲かせています。
c0137342_164330100.jpg

モクセイ科ではネズミモチ(鼠黐)の果実がだんだんと黒くなってきました。
c0137342_16454875.jpg

同じくモクセイ科のトウネズミモチ(唐鼠黐)も枝一杯に果実をつけています。
c0137342_16474468.jpg

トウダイグサ科ではユズリハ(譲葉)の果実が黒くなってきました。
c0137342_16494814.jpg

同じくトウダイグサ科のヒメユズリハ(姫譲葉)も黒い実を一杯つけています。
c0137342_16511496.jpg

一風変わったトベラ科のトベラ(扉・海桐花)も裂開して赤い種子を出しています。
c0137342_16555616.jpg


一方、目についた落葉の様子も撮ってみました。
目だっているのは、葉表が赤色で葉裏が白色の落葉です。
ハナノキの根元です。
c0137342_16583660.jpg

ヤマハゼの根元です。
c0137342_1659521.jpg

ご存知、サクラの根元です。
c0137342_1703438.jpg

今度は、お馴染みの黄色い葉っぱの銀杏の根元です。
c0137342_1715076.jpg

今度は既に茶色になったスズカケノキの根元です。
c0137342_1725894.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-12-05 17:12 | ┃┣山田池公園
山田池公園の紅葉風景(その2:11月下旬)
今年の紅葉風景もそろそろ終盤になってきました。
ここ山田池公園でも樹木の紅葉が一段と色濃くなってきました。
ここ2~3日で撮りました、晩秋の紅葉風景をご覧ください。

展望台傾斜地の中腹から見る山田池と対岸の春日山の紅葉風景です。左手前の黄色くなった大きな木はエノキの黄葉です。
(なを、以下の横画像は既に縮小されています。画像をクリックで元画像へ・・、再度クリックで消えます。)
c0137342_12523463.jpg

展望台を降りて池に張り出した浮見堂から見て、左から春日山・魚釣り水辺(真っ赤な紅葉部分)・葦原方向のパノラマ紅葉風景です。
(この横長画像も既に縮小されています。画像をクリックで元画像へ・・、再度クリックで消えます。)
c0137342_1258319.jpg

対岸の魚釣り水辺に廻って、そのモミジの紅葉です。
c0137342_131185.jpg

赤くなったモミジの木陰から浮見堂方向の風景です。紅葉していないのはタチヤナギです。
c0137342_1333736.jpg


山田池公園には晩秋に楽しみな「もみじ谷」があります。奥山田川に沿っての遊歩道には多くのモミジが植わっています。
c0137342_137861.jpg

奥山田川からもみじ谷遊歩道への紅葉風景です。
c0137342_138588.jpg

奥山田川の紅葉風景です。
c0137342_1310222.jpg

梅林から奥山田川への紅葉風景です。
c0137342_13171114.jpg

その途中にある小川の紅葉風景です。
c0137342_1318585.jpg


今度は水生花園の遊歩道にも多くのモミジが植わっています。紫陽花園にあるモミジの紅葉風景です。
c0137342_1320271.jpg

近寄って斜光サイドから見れば、黄色から赤色へのグラデーションが見られます。
c0137342_13234098.jpg

水生花園で最も赤色のモミジです。
c0137342_1325996.jpg

その真紅の葉っぱを逆光でみると・・・
c0137342_13261098.jpg

スイレン池の脇でもモミジの赤色やクヌギの黄色がすっかり秋色になっています。
c0137342_1329498.jpg

現在は閉園中ですが、花菖蒲園の東屋からもモミジの紅葉が見られます。
c0137342_13303314.jpg

近寄ってみると・・・
c0137342_1331781.jpg


山田池の最も西側の水辺にあるラクウショウとケヤキもすっかり茶葉に変化しています。(手前の浮き桟橋側から見たものです。)
c0137342_13332422.jpg


新しい南側公園でも、ラベンダー畑から見ました芝生の丘方向の紅葉風景(ポプラやサクラやラクウショウ)です。
c0137342_13365629.jpg

芝生広場の休憩所付近のポプラも黄色くなって落葉を始めています。
c0137342_13383330.jpg

同じく南側の土手にも真っ赤になったヤマハゼの紅葉が見られます。
c0137342_13394124.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-12-01 13:52 | ┃┣山田池公園
公園の樹木種の花と園芸花です。
ここ山田池公園ではだんだんと花々の数が減ってきました。
落葉樹の色付きや落葉は進んできましたが、今年は気候温暖の性かモミジの紅葉には、まだ少し早いようです。
そこで今日の公園散歩で目についた、樹木種の花々と園芸種(多年草)の花々を載せてみました。

少なくなった樹木種の開花。
今年もフユザクラ(冬桜)(:バラ科サクラ属:11~4月開花:落葉小高木)が少し開いてきました。
4月の満開時に比べれば寂しいですが、これから年末に掛けて徐々に開花することでしょう。
背景にはモミジが少し色付き初めています。
c0137342_18161312.jpg

カンツバキ(シシガシラ)(ツバキ科ツバキ属:11~12月開花:常緑低木)も咲き出してきました。
こちらでも背景にはモミジが少し色付き初めています。
c0137342_18203194.jpg

ヤツデ(テングノウチワ)(:ウコギ科ヤツデ属:10~11月開花:常緑低木)の花も開き始めました。
c0137342_18222268.jpg

シロダモ(:クスノキ科シロダモ属:10~11月開花:果期も同時期:常緑低木:雌雄異株)も赤い実と淡黄色の花を付けてきました。
少し開花を始めました雌花と赤くなってきました昨年の花の果実。
c0137342_18264374.jpg

雄花は全開です。
c0137342_18275880.jpg

イチゴノキ(:ツツジ科アルブツス属:10~12月開花:10~2月果実期:常緑低木)も咲きだしてきました。
昨年の花の果実も同時に見られます。
c0137342_18391628.jpg


温暖化の影響でしょうか、樹木の戻り花(返り花)も何種類か見られます。
すっかり落葉した枝にマンサク(園芸種)の花が咲いています。
c0137342_1841278.jpg

ユキヤナギも小さな花をつけています。
c0137342_18425328.jpg

キリシマツツジ(クルメツツジ)も咲き出しています。
c0137342_18435499.jpg

ミツバツツジも咲き出しています。
c0137342_18443765.jpg

園芸種のモチツツジ(花名板より)でしょうか。花が開いています。
c0137342_1846077.jpg


一方、例年咲き出してくる多年草の野菊の花も見られます。(花名板がないので勝手に同定しています。)
イソギク(磯菊)(:キク科キク属:10~11月開花:多年草)、黄色の筒状花のみで舌状花がありません。
c0137342_18505610.jpg

c0137342_18511050.jpg

ハナイソギク(花磯菊)(:キク科キク属:10~11月開花:多年草)、小さな白い舌状花があります。
c0137342_1853328.jpg

c0137342_18531953.jpg

ノジギク(野路菊)(:キク科キク属:10~11月開花:多年草)も咲き出しています。
c0137342_18543653.jpg

c0137342_18545086.jpg

アシズリノジギク(足摺路菊)(:キク科キク属:10~11月開花:多年草)も咲き出しています。(これは1週ほど前です。)
c0137342_1857245.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-11-19 19:03 | ┃┣山田池公園
山田池公園の紅葉風景(その1:11月上旬)
11月上旬ともなれば、ここ山田池公園でも紅葉の先発組みがいろんな表情を見せ始めます。
本番のカエデ類は一部赤くなってきましたがまだ少し早いようです。予想では12月上旬(その2)が見ごろとなりそうです。
それでも現在、散歩中に見られます落葉樹の葉っぱの様子はだんだんに変化が見られるようになってきました。
今回は公園散歩中に目についた、そんな紅葉の様子を紹介いたします。
従来からあります大きな山田池のある北側公園では、
水辺広場ではサクラ(:バラ科サクラ属:3~4月開花:落葉高木)の葉っぱが真っ赤になっています。
c0137342_1750194.jpg

葦原のある山田池大橋付近ではトウカエデ(唐楓)(:カエデ科カエデ属:4~5月開花:落葉高木)が丁度見ごろ・・・これ以上赤くなりません。
前方の白い花穂は葦です。
c0137342_17525467.jpg

展望広場ではカキ(:カキノキ科カキノキ属:6月頃開花:落葉高木)の実は全て落ちていますが、紅葉が始まっています。
c0137342_17565518.jpg

水生花園ではイロハモミジ(:カエデ科カエデ属:4~5月開花:落葉高木)が赤くなってきました。背部にはコナラが茶色に変化中です。
c0137342_1802479.jpg

同じく水生花園ではカツラ(桂)(:カツラ科カツラ属:4月ころ開花:落葉高木)の丸い葉っぱが色付き初めています。
c0137342_1825812.jpg

同じくトチノキ(栃の木)(:トチノキ科トチノキ属:5月ころ開花:落葉高木)の大きな葉っぱは既に落葉を始めています。
c0137342_185017.jpg

奥山田川から山田池に流れ込む河口岸では、ナンキンハゼ(南京櫨)(:トウダイグサ科シラキ属:6~7月開花:落葉高木)も紅葉を始めています。
c0137342_18105826.jpg

奥山田川遊歩道の両側にはケヤキ(左)や右側にはモミジ(赤く変化中)、エノキ(黄色に変化中)が色付いています。
c0137342_18154053.jpg

一方、運動広場中心の新しい南側公園では、植栽が若く高木にはなっていませんが変化を始めています。
ラクウショウ(落羽松)(:スギ科ヌマスギ属:4月ころ開花:落葉高木)も茶色に変化を始めました。
c0137342_18195489.jpg

ケヤキ(:ニレ科ケヤキ属:4~5月開花:落葉高木)も赤く変化してきました。
c0137342_1822036.jpg

ユリノキ(:モクレン科ユリノキ属:5~6月開花:落葉高木)も黄色に変化を始めています。
c0137342_1825498.jpg

サルスベリ(:ミソハギ科サルスベリ属:7~9月開花:落葉小高木)は真っ赤な葉っぱに変身しています。背景の黄色はユリノキです。
c0137342_18292196.jpg

モミジバフウ(アメリカフウ)(:マンサク科フウ属:4月ころ開花:落葉高木)は葉っぱの縁側から赤くなってきました。
c0137342_18324748.jpg

ピンオーク(アメリカオーク)(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:落葉高木)は特長ある切れ込んだ葉っぱが赤くなってきました。
c0137342_18362488.jpg

イチョウ(銀杏)(:イチョウ科イチョウ属:4月ころ開花:落葉高木)も黄色く色づいてきました。
c0137342_18384013.jpg

スズカケノキ(鈴懸の木)(:スズカケノキ科スズカケノキ属:4月ころ開花:落葉高木)も黄色に変化を始めています。
c0137342_18411472.jpg

ニシキギ(錦木)(:ニシキギ科ニシキギ属:5~6月開花:落葉低木)も真っ赤になって小さな実を無数につけています。
c0137342_1843596.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-11-11 18:51 | ┃┣山田池公園
公園の園芸花(10月下旬)です。
そろそろ公園散歩中の各花壇では秋の園芸花が見られるようになってきました。
反面、春~初夏からずっと咲き続ける、息の長い園芸花も見られます。
今回は下旬に入って各花壇で咲いています園芸花を紹介いたします。

秋と言えばキク科の花の出番ですが、公園でもそんな花々が目立ちます。
早くもウインターコスモス(:キク科ビデンス(センダングサ)属:10~12月開花:多年草)が咲き始めています。
頭花の花色は白色~黄色まで範囲が広いですね。
c0137342_933083.jpg

c0137342_9332050.jpg

その頭花が黄色だけのビデンスも咲き出しています。
c0137342_9345590.jpg

c0137342_9351678.jpg

同じく秋の代表格のコスモス(:キク科コスモス属:8~12月開花:1年草)も咲かせています。
c0137342_9373912.jpg

c0137342_9375531.jpg

遊歩道脇の花壇ではツワブキ(:キク科ツワブキ属:10~12月開花:多年草)が咲き出し始めていました。
c0137342_9395489.jpg

c0137342_9401033.jpg

ハイビスカス(:アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属:6~10月開花:多年草)もまだまだ咲き続けています。
c0137342_9434100.jpg

c0137342_9432258.jpg

c0137342_9433827.jpg

一方、シソ科の花々にも長く咲き続ける花々があります。
ローズマリー(:シソ科マンネンロウ属:5~11月開花:多年草)は花壇のグランドカバーとして咲き続けています。
c0137342_9482560.jpg

c0137342_9491719.jpg

サルビア系も耐寒性が強く息の長い花が多いですね。
赤いサルビア・スプレンデンス(:シソ科サルビア属:7~10月開花:多年草)はずっと咲き続けています。
ステレオ写真(交差法)でその奥行き感をご覧ください。(画像上をクリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_9531760.jpg

その同じ花壇では四季咲きベゴニア(センパフローレンス)(:シュウカイドウ科ベゴニア属:4~11月開花:多年草)も咲き続けています。
c0137342_95684.jpg

その白花とピンク花弁です。
c0137342_100930.jpg

c0137342_1002574.jpg

花壇の奥では、サルビア・インボルクラータ(ローズリーフセージ)(:シソ科サルビア属:7~11月開花:草木)も咲き出していました。
c0137342_10112839.jpg

ユーホルビア・ダイアモンドフロスト(:トウダイグサ科ユーホルビア属:5~11月開花:多年草)も、5月からずっと咲き続けています。
廻りの花々は植え替えが終わっても、この小さな花(実際には苞)はそのまま。すっかり花壇の主(ぬし)状態です。
c0137342_1017544.jpg

c0137342_10181118.jpg

お馴染みのコキア(ホウキグサ)(:アカザ科ホウキギ属:1年草)が真っ赤になってきました。
トンブリという果実がなりますが、その花は見ていません。
c0137342_106893.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-10-26 10:28 | ┃┣山田池公園
樹木種の秋の実と花(10月中旬)
ここ山田池公園の散歩も、だんだんと秋色の様子が目に付きます。
公園の秋色は落葉樹木種の葉っぱや果実の色付きから始まりますが、これから咲き出す常緑樹の花々もあります。
今回は散歩中に見ましたそんな様子を取り上げてみました。

大きな公園では普段あまり歩かない区域もあります。そこで今回は主としてブナ科の木が多い場所です。
c0137342_8414652.jpg

この林ではすでに、コナラやクヌギなどのドングリが落ち始めています。
花や実の時期の散策では、以外にも大きなカクレミノの木があり一杯秋の実をつけていました。
カクレミノ(隠蓑)(:ウコギ科カクレミノ属:6~7月開花:常緑高木)は地味な花ですが、その実はウコギ科特有の形ですね。
c0137342_8493880.jpg

c0137342_8495730.jpg

ブナ林の南側ではヒイラギモクセイが白花を一杯つけていました。
ヒイラギモクセイ(柊木犀)(:モクセイ科モクセイ属:10月頃開花:常緑小高木:雌雄異株)はヒイラギとギンモクセイとの雑種で
ギンモクセイに似た白花ですが、殆ど香りはありません。
ギンモクセイとの見分けは、葉っぱのふちには刺状の鋸歯があります。ヒイラギの特性を持っているようです。
c0137342_921522.jpg

c0137342_923218.jpg

キンモクセイも二度目の開花が始まっていますが、前回(9月下旬)掲載していますので割愛します。
その他区域でも咲きだしている常緑樹の花があります。
チャノキ(茶の木)(:ツバキ科ツバキ属:10~11月開花:常緑低木)が一面に花を咲かせています。
c0137342_965860.jpg

c0137342_971714.jpg

高木のユーカリノキ・(:フトモモ科ユーカリノキ属:4~5月開花:常緑高木)も二度目(前回の開花)の開花です。
同じようにフトモモ科のブラシノキにも見られますがオーストラリア原産の熱帯植物は2~3度の開花を繰り返すようです。
c0137342_925582.jpg

c0137342_9263323.jpg

秋はなんと言っても赤い実が目立ちます。
春の白花のサンザシ(山査子)(:バラ科サンザシ属:4~5月開花:落葉低木)も赤くなってきました。
c0137342_1062753.jpg

c0137342_9321018.jpg

シナヒイラギ(支那柊)(別名ヒイラギモドキ、チャイニーズホリー)(:モチノキ科モチノキ属:4~6月開花:常緑低木:雌雄異株)も赤くなってきました。
c0137342_9354184.jpg

c0137342_93608.jpg

同じくモチノキ科では、モチノキ(黐の木)(:モチノキ科モチノキ属:4月頃開花:常緑高木:雌雄異株)の実も赤くなってきました。
c0137342_9382920.jpg

c0137342_9384338.jpg

ハナミズキ(花水木)(別名アメリカヤマボウシ)(:ミズキ科ミズキ属:4~5月開花:落葉小高木~高木)の実も真っ赤になってきました。
c0137342_941207.jpg

c0137342_9413632.jpg

イチイ(一位)(:イチイ科イチイ属:3~4月開花:常緑高木:雌雄異株)の実は、久しぶりにまばらに付いていました。まだまだ甘くありません。
c0137342_9453030.jpg

c0137342_9454794.jpg

シャヤシャンボ(小小ん坊)(:ツツジ科スノキ属:7月ころ開花:常緑低木~小高木)も色づいてきましたがまだまだ酸っぱいです。
c0137342_9481666.jpg

c0137342_948291.jpg

エンジュ(槐)(:マメ科クララ属:7~8月:落葉高木)の実は特有の膨れた豆莢です。
c0137342_9564996.jpg

c0137342_9571014.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-22 10:10 | ┃┣山田池公園