カテゴリ:┃┣灯篭( 5 )
2009・大阪城・城灯りの景(しろあかりのえ)
連日の猛暑日・・・暫くの間、夏休みをしていました。
まだまだ日中の残暑は厳しいので、先日大阪城公園一帯でのイベント「城灯りの景」を楽しみました。
大阪城一帯を1万5千個のろうそく行灯の光(PM6:00点灯)で彩り、優しい行灯の光で大阪城一帯を包み込みます。
PM4:00頃に着いたので、久しぶり(約7年振り)に大阪城天守閣にも上ってきました。
天守閣から見た周辺の様子と「城灯りの行灯」の様子をご覧ください。
下図は大阪城周辺マップをパンフレットからスキャンしたものです。なを、同パンフレットから「大阪城の歴史」も参考にしてご覧ください。
c0137342_9373944.jpg


大阪本願寺の時代
明応5年(1496)、浄土真宗の蓮如上人が今の大阪城付近に一つの坊舎を営んだ。これはやがて大坂本願寺という大寺院に成長し、
強大な勢力を誇ったが、天正8年(1580)天下統一をめざす織田信長に屈し、寺院や寺内町は炎上した。
豊臣時代の大坂城
織田信長没後、政治の主導権を握った羽柴(豊臣)秀吉が、天正11年(1583)、大坂本願寺跡に築城を開始、
天下人の居城にふさわしい大坂郭を築きあげた。
しかし秀吉没後、政権は徳川家に移り、慶長20年(=元和元年・1615)の大坂夏の陣により落城した。
徳川幕府による再築
大坂城は2代将軍秀忠の命により、元和6年(1620)から10年の歳月をかけて全面的に再築された。
(したがって、現存の大阪城は豊臣時代の天守閣の大きさや位置とは異なり、城郭の形も変化しています。)
寛文5年(1665)天守を落雷によって失ったが、幕府の西日本支配の拠点として大きな役割を果たした。
明治維新の動乱で多くの建造物が焼失する。

大阪城全景です。
c0137342_9514490.jpg

大阪市立博物館(現在は閉館です。)前から見た大阪城です。
c0137342_9532281.jpg

大阪城内部(1~5FまではEV)はポータブルの無料音声ガイドがあって、各パネルや展示物の説明が聞けるようになっています。
5Fから天守閣(8F)までは上り階段です。その天守閣展望通路の様子です。
c0137342_9594715.jpg

素晴らしい夕景を期待して上りましたが、生憎雲が出て見る事ができませんでしたが、以下は天守閣からの眺望です。
市立博物館(左)と本丸広場(右)の様子です。城灯りの景はこの本丸広場一帯で行灯に点火されます。
c0137342_1053043.jpg

大阪市内のビル群(クリスタルビル・ツィン21ビル・IMPビル)と右下のドーム型の大阪城ホールです。
c0137342_1075225.jpg

西の丸庭園方向の様子です。(もう一つの「城灯りの景」イベント会場「各ライブなど」にもなっています。)
c0137342_10104465.jpg

各階層4隅にあります「金のしゃちほこ」が真近かで見えます。背景は内堀の様子です。
c0137342_1013144.jpg

右側には「水都大阪2009」の行灯が並べられています。その前には既にカメラマンが三脚を立てています。
私も後ほど降りてここにカメラセッティングをしました。(白く見えるのが行灯を並べた様子です。)
c0137342_10395918.jpg

下に降りて先ほどの場所で行灯点灯直後の様子です。
c0137342_1047321.jpg

城のライトアップはまだですが、だんだん暗くなってきた様子です。
c0137342_10204320.jpg

周辺がくらくなって城のライトアップも始まりました。(小雨が降り始めました。)
c0137342_1023183.jpg

小雨を避けて、場所を変え、各樹木の下からの撮影です。
c0137342_1026966.jpg

c0137342_1026315.jpg

別の木陰から。
c0137342_1028592.jpg

この画像は、丁度、天守閣に上がる前に、同じ視点で撮っていたものです。
c0137342_10293894.jpg

城と反対方向の行灯風景です。
c0137342_10311442.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-08-23 10:49 | ┃┣灯篭
2008・なら燈花会(ならとうかえ)の様子です。
昨日、1300年の古都・奈良の世界遺産の地に、人々の祈りをろうそくの灯りで照らす「なら燈花会」を楽しんできました。
「なら燈花会」の詳細案内は別途会場案内がありますので参考にしてください。
今年で10回目をむかえる、例年のイベントも今年始めて夕涼みを兼ねて行ってきました。

午後7:00よりの点燈前の「浮雲園地会場」にはまだ多くの鹿が遊んでいました。
左上に見える刈り込まれた緑の山が「若草山」です。
c0137342_135466.jpg

c0137342_1361596.jpg

浮雲園地に落ちる夕日・・・気がついたのは少し遅かったが、その夕焼けの様子です。
c0137342_139873.jpg

PM7:00点燈直後の様子です。
c0137342_13122334.jpg

だんだん暗くなって・・・ろうそくの灯りとバックには若草山にも灯りが見えます。
c0137342_1314618.jpg

すかり暗くなって・・・ローアングルで灯りを見ました。
c0137342_13163379.jpg

パノラマ画像にも挑戦です。(クリックして原画像でご覧ください。)
c0137342_21165968.jpg

次いで、竹で細工された灯りの「浅茅ケ原会場」の様子です。
c0137342_13192955.jpg

c0137342_13292730.jpg

こんな可愛い灯りもありました。
c0137342_13203231.jpg

次いで、浮見堂のライトアップです。
c0137342_13215714.jpg

次いで、猿沢池から興福寺への52段の階段に燈された灯りです。
大変な賑わいで、煙のように見えるのは歩いている人々です。
c0137342_13232939.jpg

猿沢池横の歩道から興福寺の5重の塔の様子です。
c0137342_13245514.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-08-12 13:34 | ┃┣灯篭
京都・宇治灯り絵巻
「源氏物語」の終章の舞台となった京都・宇治で、宇治公園一帯の遊歩道や神社で行灯を並べたり、ライトアップで幻想的な夜の情景を演出されました。

興聖寺の琴坂での行灯の情景
夕刻直ぐで薄明かりの琴坂で点灯
c0137342_15541286.jpg

暗くなった琴坂での行灯風景
c0137342_1661235.jpg

使用された源氏絵巻の行灯の一つ
c0137342_10374242.jpg

宇治川沿いに並べられた行灯風景
c0137342_15584799.jpg

源氏ミュージアム入り口の灯篭風景
c0137342_15594841.jpg

喜撰橋行灯と十三重石塔のライトアップ
c0137342_1614236.jpg

[PR]
by poron_55 | 2007-10-22 16:07 | ┃┣灯篭
光の回廊(奈良県立万葉文化館)
明日香村内をロウソクで灯す「飛鳥光の回廊」が9月16・17日に開催されました。
画像はこのイベントに参加しました「万葉文化館」の玄関で灯された様子です。
c0137342_164363.jpg

c0137342_1643332.jpg

c0137342_1645247.jpg

[PR]
by poron_55 | 2007-09-18 15:53 | ┃┣灯篭
2007・城明かりの景(しろあかりのえ)
今年も大阪城のライトアップと約2万個の行灯で周辺一帯の夜景を演出する「城あかりの景(しろあかりのえ)」が催されました。(2007/08)
(なを、オリジナル画像は既に縮小表示されています。なるべく画像上をクリックして原寸画像でご覧ください。)
c0137342_2072013.jpg
c0137342_208115.jpg
c0137342_2083035.jpg

[PR]
by poron_55 | 2007-08-20 19:52 | ┃┣灯篭