<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
京都府立植物園(10月下旬)の様子
早くも10月末になりました。
紅葉にはまだ早いですが、一昨日京都府立植物園の様子を尋ねてみました。
だんだんと花数も少なくなりましたが、恒例の秋薔薇や菊花展も開かれていました。
公園を一回りして見た秋の様子をご覧ください。

薔薇園では秋薔薇がほぼ咲き終わり状態でした。
薔薇園と比叡山の風景
c0137342_96340.jpg

秋薔薇はすでに咲き終わり状態・・・その中でも元気に咲き続けている薔薇もありました。
ケアリー・ワンダー(フランス:1993年作出)
c0137342_99383.jpg

桜霞(日本:1990年作出)
c0137342_9101881.jpg

サラバンド(フランス:1958年作出)
c0137342_9111055.jpg

ゴールデン・ボーダー(フランス:1987年作出)
c0137342_9122269.jpg


大芝生広場では、恒例の菊花展(10月20日~11月25日)が始まっていました。
大芝生広場での菊花展の様子と背景は比叡山です。
c0137342_9173316.jpg

芝生広場の中央からのんびりと芝生で休憩や菊花展を楽しむ様子を360度パノラマにしました。
(画像をクリックで横長になります。再度クリックで消えます。)
c0137342_9212652.jpg

菊花展の様子。(横長画像は縮小されていますので、画像上をクリックしてください。)
c0137342_9243213.jpg


植物生態園ではホトトギスが旬を過ぎていましたが、まだ開花していました。
ホトトギス:ユリ科ホトトギス属:8~10月開花:多年草
c0137342_927499.jpg

c0137342_928660.jpg

もう一種
c0137342_9283241.jpg

c0137342_9284663.jpg

リンドウ(リンドウ科リンドウ属:9~11月開花:多年草)も咲いていました。
c0137342_9305881.jpg

ヤブミョウガ(ツユクサ科ヤブミョウガ属:8~9月開花:多年草)は既に黒い実をつけています。
c0137342_9331146.jpg

園内の樹木ではハナミズキの実がいっぱいなっていました。
ハナミズキ:ミズキ科ミズキ属:4~5月開花:落葉小高木)
(ワシントンへソメイヨシノを贈った変わりに入ってきたので、別名アメリカヤマボウシともいいます。)
c0137342_9351673.jpg

c0137342_9353178.jpg

秋から咲き出すコブクザクラです。
コブクザクラ:バラ科サクラ属:10~3月開花:落葉小高木
c0137342_9374289.jpg


園内では園芸種の花々も目につきました。
クアモクリト・ロバタ:ヒルガオ科イポメア(サツマイモ)属:6~10開花:多年草
c0137342_9405438.jpg

フレンチ・マリーゴールド(ハーレクイン):キク科タゲテス(マンジュギク)属:6~11月開花:1年草
c0137342_9423766.jpg

コスモス(咲き終わり状態でした。)と噴水の風景
c0137342_9435054.jpg


有用植物園ではギンバイカ(フトモモ科ギンバイカ属:5~6月開花:常緑低木)の実ができていました。
c0137342_9455120.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-10-30 09:56 | ┃┣その他公園・植物園
久しぶりに、山田池公園の園芸種の花々(10月下旬)です。
ここ山田池公園では10月下旬に入っても、あちらこちらの花壇では主としてキク科やシソ科の園芸花々が咲いています。
大きな山田池に張り出した水辺広場では今年もコスモスが満開になっています。
コスモス:キク科コスモス属:9~10月開花:1年草
c0137342_20212727.jpg

そのコスモスが咲いています水辺広場中央からカメラを360度まわしてパノラマ撮影しました。
水辺広場中央から見る周辺の風景を自動パノラマでご覧ください。(手動の場合は画像をクリックしてご覧ください。)
c0137342_20231766.jpg

同じくキク科では、早くもツワブキが咲き出してきました。
ツワブキ:キク科ツワブキ属:10~12月開花:常緑多年草
c0137342_2025331.jpg

ユリオプス・デージーがまだ(また)咲き出してきました。
ユリオプス・デージー:キク科ユリオプス属:10~5月:半耐寒性宿根草
c0137342_20255368.jpg

早くもウィンター・コスモスの黄花が咲き出してきました。
キバナウィンター・コスモス(ビデンス):キク科ビデンス属:10~12月開花:多年草
c0137342_20265464.jpg

シソ科の花々もまだ多く咲いています。
サルビア・レウカンサ(背部にはまだパンパスグラスも見えます。)(メキシカンブッシュセージ):シソ科サルビア属:9~11月開花:多年草
c0137342_2028357.jpg

まだサルビア・ミクロフィラ・ホットリップスも咲いています。シソ科サルビア属:6~11月開花:多年草
c0137342_2029847.jpg

同じく黄色のサルビア・ヤメンシスも咲いています。シソ科サルビア属:5~10月開花:多年草
c0137342_20294022.jpg

ボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)も開花しています。シゾ科サルビア属:6~11月開花:多年草
c0137342_20302325.jpg

それから、やっとシコンノボタンが咲き出してきました。ノボタン科ノボタン属:7~11月開花:常緑小低木
c0137342_1048330.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-10-26 10:50 | ┃┣山田池公園
ならまち散歩です。
先月末に、のんびりと一日「ならまち散歩」を楽しみましたが、急遽PCトラブルにより掲載できませんでした。
その時の、のんびり散歩の様子をご覧ください。

「ならまち」・・・江戸時代の末頃から明治時代にかけて町家の面影を今に伝えるならまちは、落ち着いた風情を漂わせ、
訪れた人に懐かしさを感じさせてくれます。元興寺の旧境内を中心とした一帯を「ならまち」と呼んでいますこのあたりは
奈良時代の平城京の区画のうち東部に突き出た外京と呼ばれていた場所で、神社、仏閣の多いことも特徴のひとつです。
迷路のような小路を歩くと歴史の横顔に出逢える、そんな町です。(奈良町情報館のパンフレットより)

散歩のはじめは猿沢の池からです。池から興福寺の五重の塔です。
c0137342_9195878.jpg

奈良町情報館でパンフレットをもらって地図を頼りの散策です。
ここでは「ならまち」を手軽にサイクリングできるレンタサイクルもありました。
c0137342_9235070.jpg

奈良町資料館(元興寺跡地)
昔なつかしい各種民具、そして奈良町に伝わる仏像、その他の美術品が展示されています。
c0137342_939564.jpg

ならまちの町屋ではどこでも吊るされている「身代わり申(庚申さんの使い猿を型どったお守り)」です。
c0137342_944231.jpg

ならまち格子の家
ならまちの伝統的な町家を再現して建てられました。町家の生活様式に直接触れることができ、町民の暮らしぶりが伺えます。
箱階段などの昔の知恵なども見所になっています。
c0137342_9514029.jpg

格子戸内部の部屋
c0137342_9524356.jpg

箱階段を上って2階の様子です。
c0137342_953482.jpg

c0137342_954591.jpg

ならまち振興館
大正初期に蚊帳の製造業勝村商店の分家とて建てられ、戦後は苗加氏が歯科医院を開業。
現在はその2階を観光と憩いの場所として開放しています。
c0137342_9571693.jpg

c0137342_9574419.jpg

今西家書院
室町時代の様式をよく伝える書院造りの建物で、国の重要文化財に指定されている貴重な遺構です。
庭を眺めながらお茶をいただくことができます。
c0137342_1055921.jpg

書院
c0137342_1064095.jpg

柾目天井の杉の間
c0137342_1072495.jpg

大乗院庭園文化館
国の名勝旧大乗院庭園に隣接して設立されました。大乗院に関する資料展示室、茶室、和室が設けられているほか、観光客が休憩できます。
庭園の様子です。
c0137342_10122372.jpg

志賀直哉旧居(別途掲載
c0137342_10132894.jpg

ならまちで見かけた花々
道端で咲いていたキバナコスモス:キク科コスモス属:6~10月開花:1年草
c0137342_164537.jpg

鉢物のダンギク:クマツズラ科カリガネソウ属:9~10月開花:宿根草
c0137342_1662345.jpg

デュランタ:クマツズラ科デュランタ属:6~10月開花:常緑低木
c0137342_1682239.jpg

ならまちを抜け、ここから足を伸ばして、久しぶりに二月堂、東大寺を廻りました。
二月堂
c0137342_10163985.jpg

東大寺大仏殿
c0137342_10175187.jpg

帰りに奈良といえば「茶粥」をご馳走になりました。
c0137342_10193868.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-10-22 10:25 | ┃┣その他風景
穂谷のヒマワリとコスモスの開花です。
やっとPCが直ってきました。約3週間の修理は長かったです。
この間、デジカメ持って撮っていました中からヒマワリとコスモスの風景をお届けいたします。
枚方市の穂谷地区には長閑な里山や田園風景が残っています。
例年、この時期に広大な休耕田を利用したヒマワリやコスモスを開花させますイベントが行われます。
コスモスは10本/百円、ヒマワリは3本/100円、枝豆は3株/千円、芋ほりは1kg/300円・・・他いろんな農産物が持ち帰りできます。

丁度満開のヒマワリ(キク科ヒマワリ属:9~10月開花:1年草)の様子です。
ヒマワリ畑のパノラマ風景です。
すでに横長画像のため縮小されています。画像上をクリックしてワイド画面をご覧ください。
c0137342_1023679.jpg

ヒマワリ畑全景です。
c0137342_103338.jpg

少し近寄った風景です。
c0137342_1042272.jpg

もっと近くで・・・(サンリッチ・レモンの品種かも知れません)
c0137342_105256.jpg

花弁・蕊の様子です。
c0137342_10254261.jpg

ヒマワリ畑のステレオ写真です。交差法でその奥行き感をお楽しみください。
この画像も縮小されています。クリックしてご覧ください。
c0137342_1084515.jpg


コスモス畑は7~8部開花でした。
コスモス(キク科コスモス属:9~10月開花:1年草)全景です。
c0137342_10121689.jpg

c0137342_10123257.jpg

休耕田のコスモスと稲作とサトイモが同時に見られます。
c0137342_10135582.jpg

朝日を浴びるコスモスの花弁です。
c0137342_1014482.jpg

コスモスとオオスカシバ(チョウ目スズメガ科)
c0137342_1016364.jpg

コスモスを間近かで・・・
c0137342_10171799.jpg

畦道の法面ではまだブタナ(キク科エドコウゾリナ属:6~10月開花:多年草)がいっぱい咲いていました。
c0137342_10201198.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-10-18 10:39 | ┃┣その他公園・植物園