<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
大阪市立大学付属植物園の枝垂れ桜とカタクリ他。
例年のことながら、市大付属植物園の桜山では3月下旬から彼岸桜・江戸彼岸をはじめ多くの枝垂れ桜が開花していました。
(里桜系の開花は少し遅れて4月中旬からとなります。)
同時にこの時期(3月下旬)に開花していました樹木の花々も楽しみましたのでご紹介いたします。
一方、園内の野草花ではカタクリ・キクザキイチゲ・ムラサキケマンなども見られました。

桜山(南側)ではヒガンサクラ(彼岸桜)(:別名コヒガンザクラ)は満開でした。
c0137342_8573643.jpg

c0137342_8575159.jpg

c0137342_858719.jpg


同じく桜山(南側)では多くの枝垂れ桜が今年も満開になっていました。
c0137342_93077.jpg

その枝垂れ桜の中から。花弁は一重でした。
c0137342_932586.jpg


一方、桜山(北側)でも高木の枝垂れ桜が満開になっていました。
c0137342_931968.jpg

c0137342_933247.jpg

近寄ってみると一重花弁でした。
c0137342_934977.jpg


一方、園内奥の池縁にも枝垂れ桜の古木(イトザクラ)が開花を始めていました。
c0137342_9192996.jpg

c0137342_9195494.jpg

この桜も近寄ってみると一重花弁でした。
c0137342_9201093.jpg


ユリノキ広場でも高木のエドヒガン(江戸彼岸)が開花していました。(左側の斜めの木)
エドヒガン(江戸彼岸):落葉高木
科目・属:バラ科サクラ属
学名:Prunus pendula form.ascendens
別名:アズマヒガン・ウバヒガン
花期:3下旬~4月上旬
撮影:大阪市立大学付属植物園(2009/03)

山地に自生する。葉は互生し、長さ6~12cmの長楕円形で、葉柄とともに軟毛がある。先は尾状に長くとがり、ふちには鋭くとがった鋸歯がある。
腺点は基部に近い葉のふちにある。3月下旬~4月上旬、葉が出る前に淡紅色まれに白色の花が2~5個散形状に咲く。花は5弁で直径2.3~3cm。
小花柄、萼筒、花柱の下部に毛がある。果実は球形で紫黒色に熟す。
用途:庭木、薪炭、接ぎ木の台木
分布:本、四、九、朝鮮、中国、台湾
c0137342_9213422.jpg

c0137342_9215858.jpg


園内のマグノリア園では洋種モクレン(サラサモクレン)とタムシバが満開になっていました。
洋種モクレン(サラサモクレン)(:モクレン科モクレン属)の開花
c0137342_9231125.jpg

c0137342_9233017.jpg

タムシバ(:モクレン科モクレン属)の開花
c0137342_9244018.jpg

c0137342_9245357.jpg


花木園では木瓜の花や日向水木が満開でした。
マボケ(:バラ科ボケ属)
c0137342_9262023.jpg

カンボケ(:バラ科ボケ属)
c0137342_9264781.jpg

カントンボケ(:バラ科ボケ属)
c0137342_9271115.jpg

ヒュウガミズキ(日向水木):マンサク科トサミズキ属
c0137342_928680.jpg

c0137342_9282445.jpg

ウンナンオウバイ(別名:オウバイモドキ):モクセイ科ソケイ属
c0137342_9305976.jpg


野草種では、今年もカタクリ(ユリ科カタクリ属)の花が咲き出していました。
c0137342_932751.jpg

c0137342_9322478.jpg

c0137342_9323844.jpg

キクザキイチゲ(:キンポウゲ科イチリンソウ属)です。
c0137342_9334130.jpg

ムラサキケマン(:ケシ科キケマン属)です。
c0137342_9342045.jpg


大阪市立大学付属植物園へのアクセス(桜マークをマウスオンで出てくるテキストから同HPへリンクしています。)

[PR]
by poron_55 | 2009-03-29 09:45 | ┃┣その他公園・植物園
山田池公園では華やかな花木の開花が始まりました。
こちらの公園では染井吉野がちらほらと咲き出してきました。
染井吉野に先駆けて、このところの陽気で花木園を中心にいろんな樹木が開花を始めました。
例年、花木園の春は染井(桜)に先駆けスモモ類の開花からはじまります。
その一面の開花は華やかに花木園の初春を彩ります。

ベニバスモモ(紅葉李)(:バラ科サクラ属)は開花と同時に赤い葉っぱもでてきます。
c0137342_951452.jpg

満開のベニバスモモ(よく桜の開花と間違われています。)です。真ん中の白花はスモモです。
c0137342_952880.jpg

c0137342_9522585.jpg


スモモ(李)(その1)(:バラ科サクラ属)は2品種あるようです。美味しい大きな実がなります。
c0137342_955252.jpg

スモモ(李)(その2)(:バラ科サクラ属)
c0137342_9562077.jpg

花木園には何故かアーモンド(:バラ科サクラ属)の木が毎年大きな花弁で開花してきます。
c0137342_9595714.jpg

大きなハクモクレン(白木蓮)(:モクレン科モクレン属)の開花は圧巻です。
c0137342_101032.jpg

これも大木のコブシ(辛夷)(:モクレン科モクレン属)の開花も華やかです。たまたま花弁を食べていたヒヨドリが写っています。
c0137342_1043316.jpg

公園で一番大きな紅枝垂れ桜(一重)(:バラ科サクラ属)も咲き出していました。
c0137342_1073726.jpg

竹薮の法面ではユキヤナギ(雪柳)(:バラ科シモツケ属)もほぼ満開になってきました。
c0137342_1083964.jpg

トサミズキ(土佐水木)も黄花弁が連なってぶら下がってきました。
トサミズキ(土佐水木):落葉低木
科目・属:マンサク科トサミズキ属
学名:Corylopsis spicata
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
用途:庭木、盆栽、花材。
分布:四(高知県)

高知県の蛇紋岩地帯や石灰岩地などに自生し、高さ2~4mになる。葉は互生し、長さ5~10cmの倒卵状円形で、基部は心形。
ふちには波状の鋸歯がある。葉の裏や葉柄、花軸、萼、蒴果には毛が多い。3~4月、葉に先立って穂状花序を垂らし、淡黄色の花を7~8個開く。
花弁は5個で長さ7mmのへら形。雄蕊は5個で花弁より短い。葯は帯紅色。蒴果は熟すと2裂し、狭楕円形で光沢のある黒い種子を2個だす。
c0137342_10141830.jpg

c0137342_16534225.jpg

おまけですが、散歩中に見かけたヒメオドリコソウの中で日向ぼっこしていた野良猫です。残念ながら逆光でした。
(こちらの公園は飼い主が手放した多くの猫がいます。余りに増えるので避妊手術をしているようです。耳の一部が欠けた(左耳)猫は避妊済みのようです。)
c0137342_10191671.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-25 10:25 | ┃┣山田池公園
山田池公園の早春の野草開花です。
ここ山田池公園にも春の野草たちがゆっくりと芽吹きや開花を始めています。
春の定期除草前の公園は各所で越年草や多年草など、おなじみの野草たちが開花を始めています。
ここ1週間ほどの公園散歩で、目に止まった足元の野草たちの様子をご覧ください。
(なを、各野草名にリンクされているものは、昨年にその詳細を載せていますので参考にしてください。)

こちらの公園で咲くスミレの開花では例年一番早い開花のタチツボスミレが咲き出しています。
タチツボスミレ:多年草
科目・属:スミレ科スミレ属
学名:Viola grypoceras
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:山野
分布:日本全土

山野にごく普通に生える多年草。地下茎は短く、木質化して横に這う。茎は枝分かれして株をつくり、高さ5~15cm。
花のあとさらにのびて30cmになる。根生葉は長い柄があり、心形で長さ1~4cm。茎葉は上部では三角状となる。
托葉は披針形で、ふちはくしの歯状に深く裂ける。花は径1.5~2.5cmで、普通淡紫色だが変化が多い。
距は長さ6~8mm。唇弁に紫のすじがある。
c0137342_8363655.jpg

c0137342_837318.jpg

タチツボスミレのステレオ写真です。交差法で画像をクリックして、その奥行き感をご覧ください。(再度クリックで閉じます)
c0137342_2013399.jpg


公園のいたるところで、雑草扱いの小さなハコベ(:ナデシコ科ハコベ属)の花が咲いています。
c0137342_8463991.jpg

c0137342_847849.jpg


同じ仲間のオランダミミナグサの花も大きくなってきました。
オランダミミナグサ:越年草
科目・属:ナデシコ科ミミナグサ属
学名:Cerastium glomeratum
原産:ヨーロッパ
花期:3~5月
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:道端、畑

ヨーロッパ原産の帰化植物。道端や畑などに生える越年草。全体に灰黄色の軟毛と腺毛が密生する。
茎は高さ10~60cm。葉は狭長楕円形。茎の先に白色の花を蜜に開く。
小花柄が短く、ほとんど茎に接して咲くので、ミミナグサと区別できる。
c0137342_9102951.jpg

c0137342_9111257.jpg


ヒメオドリコソウ(:シソ科オドリコソウ属)も、公園のいたるところで背を伸ばしてきました。
c0137342_8512749.jpg

c0137342_8514585.jpg


同じ仲間のホトケノザもあちらこちらで見られます。
ホトケノザ:越年草
科目・属:シソ科オドリコソウ属
学名:Lamium amplexicaule
別名:サンガイグサ
花期:3~6月
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:畑、道ばた
分布:本、四、九、沖

東アジア、ヨーロッパ、北アフリカに広く分布する越年草。茎は細く基部で枝分かれし、10~30cmになる。
下部の葉には長い柄があり、上部のものには柄がない。葉は半円形で長さ幅ともに1~2.5cm、ふちには鈍鋸歯がある。
花は紅紫色の唇弁花で、上部の葉腋に数個つく。花冠には細長い筒があり長さ1.7~2cm、下唇は3裂する。
萼は長さ5mm内外で毛が多く、先端は5裂する。閉鎖花をつけることが多い。春の七草のホトケノザは本種ではなく、
キク科のコオニタビラコである。
c0137342_9144211.jpg

c0137342_915412.jpg


ナズナ(:アブラナ科ナズナ属)も各所で、小さな白花をその茎先につけています。
c0137342_85501.jpg

c0137342_8552181.jpg


小川の水辺では、同じ仲間のタネツケバナも白花を咲かせています。
タネツケバナ
科目・属:アブラナ科タネツケバナ属
学名:Cardamine flexuosa
花期:3~6月
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:水田のあぜ、湿地
分布:日本全土

水田のあぜ、水辺の湿地などに生える越年草。高さ10~30cmになる。葉は互生し、頭大羽状に分裂する。
総状花序をだし、白色で小形の十字状花を10~20個開く。
c0137342_96152.jpg

c0137342_961653.jpg


オオイヌノフグリ(:ゴマノハグサ科クワガタソウ属)もだんだんと群生状態になってきました。
c0137342_8561975.jpg

c0137342_8564319.jpg


オオイヌノフグリと同じ仲間ですが、一回り小さなフラサバソウも開花しています。
フラサバソウ:多年草
科目・属:ゴマノハグサ科クワガタソウ属
学名:Veronica hederaefolia
花期:2~4月
撮影:山田池公園(2009/03)

ヨーロッパ、アフリカ原産の帰化植物である。畑や道ばたなどに生える。葉を含む全体に白い軟毛がある。
茎は根元でよく分かれ、地面を這って四方に広がる。先端はやや直立する。茎の基部には花のころまで子葉が残る。
葉は短い柄をもち茎の基部を除き互生し、長さ0.7~1cm、幅0.8~1.2cmの広楕円形で2~5個の鋸歯がある。
上部の葉の脇から葉と同じくらいの長さの柄をだして、直径4~5mmほどの淡青紫色の花をに1個つける。花冠は萼とほぼ同長。
オオイヌノフグリと似ているが花の大きさはより小さい。
最初、長崎で採取され、ヨーロッパのものと同じであることを始めて報告したFranchet と Savatier を記念し、
フランチェット・サバチェルの両氏の名前を略してフラサバ草と名付けられたという。
c0137342_915368.jpg

c0137342_921424.jpg


まだまだ大変に小さなキュウリグサ(:ムラサキ科キュウリグサ属)も咲き出しています。
c0137342_916684.jpg

c0137342_9162866.jpg


帰化植物で繁殖旺盛なノボロギクも群生状態です。
ノボロギク:1~2年草
科目・属:キク科キオン属
学名:Senecio vulgaris
原産:ヨーロッパ
花期:1年中
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:畑、道ばた

ヨーロッパ原産で、明治の初めごろ日本に渡来した1~2年草。繁殖力が強く、人里近くにしばしば群落をつくっている。
茎はやわらかく、やや肉質で高さ30cmほどになる。普通、春から夏に開花するが、花はほぼ1年中見られる。
頭花は腋生(えきせい)の散房花序状につき、黄色の筒状花からなるが、まれに少数の小さい舌状花がついていることもある。葉は不ぞろいに羽裂している。
c0137342_9234860.jpg

c0137342_924498.jpg


早くもカラスノエンドウも赤い花を咲かせています。
カラスノエンドウ
科目・属:マメ科ソラマメ属
学名:Vicia angustifolia var. segetalis
別名:ヤハズノエンドウ
花期:3~6月
撮影:山田池公園(2009/03)
生育地:野原
分布:本、四、九、沖

葉は互生し、3~7対の小葉からなる羽状複葉。小葉は狭倒卵形。花は紅紫色をしている。
豆果は広線形で長さ3~5cmあり、黒く熟す。なかに5~10個の種子が入っている。
c0137342_9244421.jpg

c0137342_9245825.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-21 09:31 | ┃┣山田池公園
大阪市立大学付属植物園の樹木種の花々(2009/03)
今年に入って最初の大阪市立大学付属植物園の散策です。
同植物園のHPで寒桜が満開・・・と出ていましたので早春の樹木の様子を見に出かけました。
この日は生憎の花曇でしたが、雨にもならずに半日園内の樹木を中心に、その開花の様子を楽しみました。

例年、同園への散策の始まりは、桜山での寒桜が咲くのを待って出かけるのが最初となります。
この日は、同園の職員さんの解説にも同行していろんな植物の概説を聞くこともできました。

カンザクラ(寒桜) (バラ科サクラ属)の様子です。
余りにも古木で倒れそうな幹を支え棒で保全していましたが、その開花の様子は見事です。
c0137342_8545944.jpg

c0137342_8551744.jpg

c0137342_8553575.jpg


クスノキ科のアブラチャン(油瀝青)は小さな黄花がいっぱい咲き始めていました。
アブラチャン(油瀝青):落葉低木~小高木
科目・属:クスノキ科シロモジ属
学名:Parabenzoin praecox
別名:ムラダチ・ズサ・ジシャ
花期:3~4月
撮影:大阪市立大学付属植物園(2009/03)

各地の山野に生え、高さ3~6mになる。樹皮は灰褐色で小さな皮目が多い。
葉は互生し、長さ4~9cmの卵形または楕円形で先はとがり、基部は広いくさび形。葉柄は赤みを帯びる。
3~4月、葉に先立って淡黄色の小さな花を散形状につける。雌雄異株。総苞片は褐紫色で普通4個あり、小花柄は有毛。
雄花序には3~5個の雄花がつき、雄花には花披片が6個、雄蕊が9個ある。
雌花序には3~4個の雌花がつき、雌花には花披片が6個、葯のない仮雄蕊が9個、雌蕊が1個あり、子房は球形。
果実は直径約1.5cmの球形。10~11月に黄褐色熟すと不規則に裂ける。
アブラチャンのチャンは瀝青(れきせい)のことで、昔、果実や樹皮の油を灯用にしたことによる。
c0137342_901757.jpg

c0137342_903331.jpg

c0137342_905281.jpg


同じくクスノキ科のイヌガシ(犬樫)はまだ若木でしたが、赤い花を咲かせていました。
イヌガシ(犬樫):常緑高木
科目・属:クスノキ科シロダモ属
学名:Neolitsea aciculata
別名:マツラニッケイ
花期:3~4月
撮影:大阪市立大学付属植物園(2009/03)

暖地の山地に生え、高さ10mになる。樹皮は灰黒色で皮目が多い。葉は長さ5~12cmの倒卵状長楕円形で、先は鋭くとがり、
3脈が目立つ。薄い革質で表面は光沢があり、裏面は粉白色。3~4月、散形化序に暗紅紫色の花を3~9個つける。雌雄異株。
花被片は4個。雄花は雌花より大形。果実は長さ9~10mmの楕円形で、10~11月に黒紫色に熟す。
用途:庭木、建築・器具材、薪炭
分布:本(千葉県以西)、四、九、沖、朝鮮、台湾
c0137342_931986.jpg

c0137342_94333.jpg


モクレン科のオガタマノキ(招霊の木)は高木でその花の様子が上手く撮れませんでした。
オガタマノキ(招霊の木):常緑高木
科目・属:モクレン科オガタマノキ属
学名:Michelia compressa
別名:ダイシコウ
花期:2~4月
撮影:大阪市立大学付属植物園(2009/03)

暖地の山地に自生する。神社によく植え、神前に供える。葉は互生し、長さ8~14cm長楕円形で革質。表面は光沢があり、
裏面は有毛で灰白色。2~4月、葉のわきに直径3~4cmの芳香のある花が咲く。
花弁と萼片はともに白色で基部は紅紫色を帯び、合わせて12個ある。雄蕊と雌蕊は多数。集合果は長さ5~10cmで種子は赤色。
和名は招霊(おがたま)が転訛(てんか)したもの。
用途:庭木、家具・器具材、床柱
分布:本(千葉県以西)、四、九、沖
c0137342_974261.jpg

c0137342_975634.jpg


同じくモクレン科のシキミ(樒)の花は満開でした。
c0137342_9103183.jpg

c0137342_9104586.jpg


小さな花がいっぱいに咲いていましたモクレイシ(木茘枝)の雄花です。
モクレイシ(木茘枝)の雄花:常緑小高木
科目・属:ニシキギ科モクレイシ属
学名:Microtropis japonica
花期:3~4月
撮影:大阪市立大学付属植物園(2009/03)

海岸近くの林に生える。葉は対生し、長さ5~9cmの楕円形または卵形で革質。縁は全縁。
3~4月、葉腋に直径約5mmの緑白色の花を開く。雌雄異株。花弁は5個でほぼ円形。雄蕊は5個で、雌花では小さい。
雌蕊は1個で、雄花では小さい。朔果は長さ1.5~2.0cmの広楕円形で果皮は革質。熟すと基部から2裂する。
なかに大形の赤い種子が1個ある。
 分布:本(神奈川県、伊豆半島、伊豆諸島)、九(長崎県、宮崎県以南)、沖、台湾
c0137342_9142854.jpg

c0137342_9144996.jpg


ジンチョウゲ科のミツマタ(三椏・三叉)は満開でした。
c0137342_915925.jpg

c0137342_9153222.jpg

c0137342_9155030.jpg


ヤナギ科のコリヤナギ(行李柳)は既に花粉が出始めていました。
c0137342_9171818.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-17 09:25 | ┃┣その他公園・植物園
山田池公園の早咲き樹木の花々(2009/03)
ここ山田池公園で梅林の様子を楽しんでいる内にも、早咲きの樹木の開花もちらほら見られるようになりました。
例年、染井や大島に先立って支那実桜や寒緋桜がすでに開花して初春爛漫の幕開けです。
また、昨日の公園散歩で目につきました、桜以外の樹木の開花も併せてご覧ください。

カンヒザクラ(寒緋桜)は園内の桜並木で最初に咲き出してくる真っ赤な下向き花弁の桜です。
(例年、染井吉野桜や大島桜より約2週間早く咲き出します。)
c0137342_8442841.jpg

c0137342_8445443.jpg

c0137342_8451460.jpg


シナミザクラ(支那実桜)は園内を流れる奥山田川が池に流れ込むところで、今年も開花しています。
(この花も例年、寒緋桜とほぼ同じ時期に開花する実桜です。)
奥山田川の対岸からの開花風景です。
c0137342_849034.jpg

シナミザクラの側面から見た風景です。
c0137342_8493021.jpg

c0137342_8494530.jpg

シナミザクラのステレオ写真(交差法)です。その花弁の奥行き感をご覧ください。(画像クリックでオリジナル画像になります。)
c0137342_854440.jpg


園内の花木園ではサンシュユ(山茱萸)の黄花も満開近くになってきました。
c0137342_8565518.jpg

c0137342_8571181.jpg


梅林下ではアセビ(馬酔木)の白花が咲き始めていました。
アセビ(馬酔木):常緑低木~小高木
科目・属:ツツジ科アセビ属
学名:Pieris japonica
別名:アセボ
花期:3~5月
撮影:山田池公園(2009/03)
やや乾燥した山地に生え、高さは2~9mになる。葉は互生し、長さ3~8cmの倒披針形で厚い革質。ふちには鈍い鋸歯があり、両面とも無毛。
3~5月、枝先に円錐花序をだし、白い花が多数垂れ下がって咲く。花冠は長さ6~8mmの壺形で先は浅く5裂する。
雄蕊は10個で、花糸には短毛があり、葯には刺状の突起が2個ある。雌蕊は1個。
蒴果は直径5~6mmの扁球形で上向きにつき、9~10月に熟す。有毒植物。万葉植物の一つ。
用途:庭木、床柱、薪炭
分布:本州(山形県以西)、四国、九州
c0137342_913947.jpg

c0137342_921913.jpg

これは昨年の7月に撮った若い実の様子です。
c0137342_15554613.jpg

シロバナアセビのステレオ写真(交差法)です。その奥行き感をご覧ください。(画像クリックでオリジナル画像になります。)
c0137342_951161.jpg


奥山田川岸ではネコヤナギが咲いていました。その花の様子からはすでに花粉が出ており、咲き終わりに近づいています。
ネコヤナギ(猫柳):落葉低木
科目・属:ヤナギ科ヤナギ属
学名:Salix gracilistyla
別名:カワヤナギ・エノコロヤナギ
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
各地の山野の水辺に普通に生え、高さ0.5~3.0mになる。下部からよく分枝し、枝は弓状に曲がって斜上する。若枝には灰白色の軟毛が密生するが、
のちに毛は落ち、緑褐色または緑色になる。裸材に隆起線はない。冬芽は灰白色の軟毛が密生し、帽子状になった赤褐色の1個の麟片におおわれている。
葉は互生し、長さ7~13cmの長楕円形で先はとがり、基部は円形。ふちには細かい鋸歯がある。革質で表面は深緑色、裏面は灰白色で白い絹毛が密生する。
若葉は両面とも有毛。葉柄は0.5~2cmで軟毛が多い。托葉は長さ6~10mmの腎円形。3~4月、葉が出る前に長楕円形の尾状花序をつける。
雄花序は長さ3~6cm。雄花の雄蕊は2個が合着して1個になっている。葯ははじめ紅色で、黄色の花粉を出したあと黒くなる。
雌花序は長さ2.5~4.5cm。雌花の子房は長卵形で白い軟毛が密生し、花柱は子房より長い。柱頭は短く、2中裂することもある。
雄花も雌花も1個の腺体があり、苞は広披針形で上部は黒色、中部は帯紅色、下部は淡黄緑色をしており、両面に白色の長い絹毛が密生する。
雌花序は花のあとのびて、果期には9cmほどになり、一方に傾く。蒴果は2裂して反り返り、白い絹毛に包まれた種子を出す。
 用途:庭木、護岸樹、花材、樹皮は薬用
 分布:北、本、四、九、朝鮮、中国、ウスリー
c0137342_9113842.jpg

c0137342_9115436.jpg


一方南側公園ではジンチョウゲの花が満開でした。
ジンチョウゲ(沈丁花):常緑低木
科目・属:ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名:Daphne odora
原産:中国
花期:3~4月
撮影:山田池公園(2009/03)
日本には室町時代に渡来し、早春の花として広く親しまれている。寒さにやや弱いので、東北地方の南部以西に植えられている。高さ約1~1.5mになる。
基部から蜜に分枝して形の良い球状の樹形になる。樹皮は暗褐色で非常に強い。葉は互生し、長さ5~10cm倒披針形でふちは全縁。厚い革質で光沢がある。
3~4月、枝先に香りのよい花を10~20個頭状につける。花には花弁はない。萼は肉質の筒型で先が4裂して広がり、花弁のように見える。
外側は紅紫色で無毛。内側は白色。雄蕊は8個あり、萼筒の上部に4個ずつ上下2段につく。雌雄異株。
日本には雄株が多いが、まれに果実をつける株がある。
用途:庭木、公園樹、鉢植え
分布:中国原産
c0137342_9134660.jpg

c0137342_914284.jpg


最後に梅林では、やっと紅梅枝垂れが見事に満開になってきました。こちらの梅林では最後の花となります。
c0137342_9162577.jpg

c0137342_9164791.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-13 09:28 | ┃┣山田池公園
春蘭展と河津桜ほか。(鶴見緑地)
鶴見緑地公園の「咲くやこの花館」のHPで春蘭展を開催されていることが載っていましたので出かけました。

春蘭とは、日本・中国・韓国・台湾に自生する東洋蘭のうち、春咲きの一茎一花を呼び、広く解釈すれば、朶朶香、豆弁蘭、蓮弁蘭、
春剣蘭など奥地蘭や雪蘭、ピアナム、などまでを含めた呼び名です。
洋ランに比べて地味な印象はありますが、その凛とした美しさには根強い愛好家がたくさんいます。
洋ランのように交雑で色々な品種を生み出すことを行わず、野山の株の個体変異のわずかな違いを区別し、それに品種名をつけ鑑賞してきました。
そのため、数を増やすには親株からの株分けのみで、大変貴重な春蘭も数多くあります。
日本春蘭の品種は、鑑賞の対象によって大きく二つに分かれます。花を見る「花物」と葉を観賞の対象とする「柄物」があります。(同館HPより)

フラワーホール(同館での各種イベントホール)での春蘭展の様子です。(横長画像はクリックしてご覧ください。)
c0137342_9264482.jpg

c0137342_927323.jpg

c0137342_9272068.jpg

c0137342_9273911.jpg

日本春蘭の数々をご覧ください。
「熊野白菊」
c0137342_9292686.jpg

「祥紅」
c0137342_9302729.jpg

「雪映」
c0137342_9312733.jpg

「百舌」
c0137342_9322896.jpg

「幽玄」
c0137342_933444.jpg

「天恵」
c0137342_933549.jpg

「天心」
c0137342_9343082.jpg

「対馬大白」
c0137342_9414712.jpg

中国春蘭をご覧ください。
「桃渓荷」
c0137342_9373357.jpg

「緑雲」
c0137342_938867.jpg

「竜字」
c0137342_9385332.jpg

香りを楽しむフレグランス種です。
「浩徳の花」
c0137342_9393169.jpg


当日は天気も良かったので同温室から抜け出して、久しぶりに風車の丘や河津桜も楽しみました。
鶴見緑地のシンボル「風車」がゆっくりとまわっていました。
c0137342_9451861.jpg

同HPで河津桜の開花も載っていましたので桜園まで歩きました。(この桜は初めてですが、まさか緑地内で咲いていたとは知りませんでした。)
c0137342_9534633.jpg

c0137342_947281.jpg

近くの杏園ではアンズの花も開き始めていました。
c0137342_955257.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-09 10:03 | ┃┣その他公園・植物園
各花壇で園芸種の花々が咲き出してきました。
3月になって、ここ山田池公園の各花壇でも園芸品種の花々がちらほらと咲き出してきました。
まだ4月の花壇ほどの華やかさはありませんが、ここ2日ほどの公園散歩で見ました花壇の開花の様子です。
(横長画像は既に縮小されています。クリックしてご覧ください。再度クリックで元に戻ります。)
2月から、ちらほらと咲き出していた、春咲きクリスマス・ローズ(レンテンローズ)がやっと満開になってきました。
クリスマス・ローズ(レンテンローズ種):常緑多年草
科目・属:キンポウゲ科ヘレボルス属
別名:春咲きクリスマス
学名:Helleborus orientalis
花期:2~4月
撮影:山田池公園(2009/03・2008/03)

ギリシャ、トルコなどの原産で耐寒性が強い。根茎はよく分枝する。常緑の根出葉は1~2葉つき、鳥足状の葉は5~11深裂し、
裂片は楕円状披針形または広披針形となる。
葉柄はよく伸び45~60cmとなる。花柄を伸ばし、3~4花をつける。花茎は6cmほどで、やや下向きに咲く。開花ははじめはクリーム色、
のちに褐色をおびた黄緑色になる。
花弁状のものは萼片で、花弁は退化して小さな密腺状となる。多種との交雑が容易で「ピンク・スポット」など多くの園芸品種があり、
花色もクリーム、紫紅赤、黄緑、複色と多彩。
  栽培:土質は特に選ばないが、半日陰で適当な水分を持ち、排水性のよい肥沃な場所を好む。
咲き出したクリスマス・ローズです。
なを、一般にいう「クリスマスローズ」(Helleborus niger)はニゲル種で、冬(クリスマスの時期)に開花します。草丈も30cm以下と低い。


c0137342_19424933.jpg

この花壇では一重ばかり3品種ほどが開いています。
ピンク系でスポットがないもの。
c0137342_1946932.jpg

c0137342_19462872.jpg

ピンク系でスッポットのあるもの。
c0137342_19463579.jpg

c0137342_19465383.jpg

白色系でスポットがあろもの。
c0137342_1948434.jpg

c0137342_19482451.jpg

同じ花壇ではノシランの果実が瑠璃色(1月よりも更に色濃くなっています。)に輝いてきました。
c0137342_19515724.jpg

c0137342_19522273.jpg

山田池に張り出した水辺広場の花壇ではストックの花が咲き出してきました。(後方に見えるのはナノハナの花壇です。)
ストック:1年草
科目・属:アブラナ科アラセイトウ(マッティオラ)属
学名:Matthiola incana
花期:春~秋(一般に周年生産される)
撮影:山田池公園(2009/03・2008/02)

葉は長楕円形、または倒披針形で、全縁、長さ10cm。花は総状花序で分枝する茎頂部につける。花色は紫、赤、白で強い芳香がある。
わが国では多弁化した八重咲きが重宝され、一重咲きは嫌われる。特に発芽後の双葉の段階で子葉の大きさと形から、
八重咲き株を選ぶことを八重鑑別という。
一般的に、八重株は一重咲き株より、子葉の長さや幅が大きく、葉色がうすい特徴がある。用途に応じて多くの園芸品種が育成され、
切花用では無分枝系品種と分枝系品種に分かれる。
栽培:秋播き一年草。
c0137342_19541717.jpg

c0137342_19543599.jpg

そのナノハナも咲き出してきました。
c0137342_19562818.jpg

浮見堂をバックに黄花が満開です。
c0137342_1957398.jpg

水生花園の小川付近でカンアヤメも咲き出しています。
カンアヤメ(寒菖蒲):多年草
科目・属:アヤメ科アヤメ属
学名:Iris unguicularis
別名:カンザキアヤメ
花期:1~3月
撮影:山田池公園(2009/02)

寒い時期に咲き出すアヤメ。寒菖蒲(寒咲きアヤメともいわれる)です。葉は長さ20~30cmの線状。花は淡紫で径7~8cmで茎先に開く。
園芸種のようです。毎年1月から咲き出して3月中旬まで可憐な文目(あやめ)模様が楽しめます。
 生育地:山野、湿地
c0137342_19585318.jpg

年々その開花株数が減ってきました。
c0137342_19591496.jpg

2年前の開花の様子です。
c0137342_22471491.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-05 09:00 | ┃┣山田池公園
城南宮の梅林と庭園の風景
久しぶりに晴れましたので、京都・伏見にあります「城南宮」の梅林と庭園を楽しみました。
城南宮は平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建されました。国土守護の国常立尊(くにのとこたちのみこと)、武勇に秀でた
八千矛神(大国主命)(やちほこのかみ)、安産と育児の神様でもある息長帯比売命(神功皇后)を、お祀りしています。
平安時代の末、交通の要衝でもあり、方角の災いを除く方除(ほうよけ)・旅行安全の信仰のため、風光明媚なこの地に白河上皇が
壮大な離宮(城南離宮、鳥羽離宮)を造営しました。(パンフレットより)
(なを、以下の画像の内、横長画像は縮小されていますのでクリックしてご覧ください。)

境内配置図と庭園配置図を参考にしてご覧ください。(パンフレットよりスキャン)
c0137342_8304153.jpg

城南宮入り口の大鳥居です。
c0137342_831296.jpg

拝殿越しに本殿の様子も見えます。
c0137342_8325087.jpg

本殿の参拝風景です。
c0137342_8333899.jpg

梅祭りの掲示板です。神苑はこの左側から入ります。
c0137342_8374862.jpg

庭園「春の山」には、丁度見ごろの見事な枝垂れ梅が満開になっていました。
枝垂れ梅と石灯篭の風景です。
c0137342_8404154.jpg

その枝垂れ梅と石灯篭をステレオ写真(交差法)でご覧ください。
(白梅枝垂れが前方、その奥に石灯篭、更にその奥に紅梅枝垂れが見えるとOKです。)
c0137342_8463574.jpg

禊(みそぎ)の小川と枝垂れ梅の風景です。(庭園・春の山)
c0137342_8483013.jpg

見事な紅白の枝垂れ梅の様子です。(庭園・春の山)
c0137342_8495718.jpg

八重紅梅の枝垂れの様子です。
c0137342_8515853.jpg

c0137342_8521717.jpg

白梅枝垂れの様子です。
c0137342_853590.jpg

庭園・春の山の裏側では早咲きの落ち椿の様子がありました。
c0137342_8545257.jpg

次いで、「平安の庭」では枝垂れ柳(真中の細い木)が芽を吹き出したばかりの様子です。
c0137342_858891.jpg

曲水の宴の庭では、例年4月と11月に、「流れ来るまでに和歌を詠み短冊にしたためる」宴が催される庭です。
c0137342_96275.jpg

次いで、「桃山の庭」では広い庭園を眺めながらいただく茶室「楽水軒」があります。
c0137342_9101134.jpg

「室町の庭」にあります池泉回遊式庭園の池の様子です。
c0137342_9114173.jpg

「城南離宮跡の庭」では枯山水の庭が広がり、華やかであった離宮時代の風景を表しています。
c0137342_9152436.jpg

その奥行き感をステレオ写真でご覧ください。
c0137342_9161380.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-03-01 09:30 | ┃┣社寺・境内