<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
閉園中の「花空間けいはんな(旧京都フラワーセンター)」
平成21年3月31日で「花空間けいはんな」は閉園し、4月1日より
「京都府農林水産技術センター生物資源研究センター 研究ほ場(公開部分)」になっています。
その公開部分は水曜日~日曜日 (月、火曜日以外の週5日間)、入園・駐車料も無料です。
そこで一昨日、現在はどんな様子になっているのか覗いてみました。
園内の一部は管理しているようですが、殆んどの植物はフリーメンテナンスに近い状態でした。
それでも樹木種や多年草はしっかりと時期の花々を咲かせています。
反面、1年草は植え替えを行っている様子でした。

玄関の様子ですが、自由に出入りができます。(ショップ、イベントホール、野外ホールや喫茶店などは利用できません。)
c0137342_981445.jpg

こちらのメインスペースである、風車広場のメタセコイアやユリノキの様子です。
c0137342_9125030.jpg

ベンチと風車の風景です。
c0137342_9141664.jpg

メインスペースにはマリーゴールドや夏に備えてヒマワリを植え込まれていました。
c0137342_9155424.jpg

喫茶店前の花壇ではアカンサス(:キツネノマゴ科ハアザミ属:6~8月開花:多年草)が咲き出しています。
c0137342_919840.jpg

水生プール前ではクレオメ(:フウチョウソウ科クレオメ属:6~8月開花:1年草)が満開でした。
c0137342_921135.jpg

風車広場の木陰ではキキョウ(:キキョウ科キキョウ属:6~8月開花:多年草)が満開でした。
c0137342_9245654.jpg


温室内は殆どメンテナンスが行われていませんでしたが、ところどころで花を咲かせていました。
ハイビスカス(:アオイ科フヨウ属:温室では年中開花:常緑低木)
c0137342_9302856.jpg

食虫植物のウツボカズラ(:ウツボカズラ科ウツボカズラ属:低木状多年草)
c0137342_9362879.jpg

珍しいアリストロキア・グランディフロラ ギガンティア(:ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属:夏に開花:常緑低木)
c0137342_941585.jpg


温室の外では多くのコニファー類が植え込まれています。
c0137342_9424228.jpg


水生花園では淡い色のハス(:スイレン科ハス属:6~8月開花:多年草)が咲き始めていました。
c0137342_9451178.jpg

同じく水生池ではポンテデリア(:ミズアオイ科ポンテデリア属:5~8開花:多年草)が咲いていました。
c0137342_9471871.jpg

池のほとりに、早くもマユミ(:ニシキギ科ニシキギ属:5~6開花:落葉低木~高木)の実が生っていました。
c0137342_9494834.jpg

池渕ではヒメイワダレソウ(:クマツヅラ科イワダレソウ属:5~8月開花:多年草)が一杯咲いています。
c0137342_952620.jpg

花木園では多くの紫陽花(:アジサイまたはユキノシタ科アジサイ属:6~7月開花:落葉低木)も咲いていました。
ガクアジサイです。
c0137342_9545744.jpg

ウズアジサイ(オタフクアジサイ)です。
c0137342_9555587.jpg

カシワバアジサイです。
c0137342_9562522.jpg

トケイソウ館(プレハブ)ではいろんなトケイソウ(:トケイソウ科トケイソウ属:6~8月開花:常緑低木)が咲いていました。
c0137342_9592864.jpg

c0137342_9594636.jpg

c0137342_100457.jpg

花木園の坂道を上がると園内を見渡せる展望台があります。
c0137342_1015015.jpg

温室方向の風景です。
c0137342_102288.jpg


[PR]
by poron_55 | 2009-06-29 10:08 | ┃┣その他公園・植物園
ラベンダー畑がそろそろ見ごろを迎えています。
山田池公園・南側のラベンダー畑は、昨年まで未開発地としてフェンスの中で植えられていましたが、
今年4月よりフェンスが取り除かれて一般公開されています。2年目のラベンダー畑は見事な開花を迎え始めています。
すでに広大な花壇には約13000本のラベンダー「スーパーセビリアンブルー」の、ほのかな香りが漂いはじめました。
その香りに誘われていろんな昆虫たちもやってきました。来週いっぱいで満開を迎えそうです。

昨日・一昨日撮りましたラベンダー畑の様子をご覧ください。
広大なラベンダー畑の様子をパノラマ画像に収めました。(画像上をクリックでオリジナル画像となり、再度クリックで消えます。)
c0137342_9384123.jpg

ラベンダー畑の端から見た休憩所や芝生の丘方向の風景です。
c0137342_106161.jpg

もう少し近寄って。
c0137342_9433899.jpg

松の木陰からラベンダー畑とクィーンズランド庭園方向を見た様子です。
c0137342_9444792.jpg

今度は逆方向(休憩所)から見たラベンダー畑の様子です。
c0137342_9461287.jpg

花壇下に降りて見た様子です。
c0137342_9463488.jpg

ラベンダーに近寄ってみました。
c0137342_9474911.jpg

ラベンダー「スーパーセビリアンブルー」の開花の様子です。
c0137342_949187.jpg

ラベンダーの開花とともにやってきた蜂(クマバチ:ハチ目クマバチ科:3~10月)です。(後日、6/26日撮影)
c0137342_1011368.jpg

同じくセイヨウミツバチ(ハチ目ミツバチ科:3~11月)も増えてきました。(後日、6/26日撮影)
c0137342_104486.jpg

ラベンダー畑上部のクィーンズランド庭園のゴールドクレストの間から見たラベンダーです。
c0137342_9515128.jpg

同じくクィーンズランド庭園で咲き出したモントブレチアから見たラベンダーです。
c0137342_9535286.jpg


ついでに、昨年までは未公開地であった、ラベンダー畑下を流れる川原を歩いてみました。
お馴染みの多くの水生植物も花穂をつけていました。
コガマ(:ガマ科ガマ属:6~8月開花)の花が咲いています。
c0137342_9561511.jpg

ヒメガマ(:ガマ科ガマ属:6~8月開花)の花も咲いています。
c0137342_957154.jpg

ウキヤガラ(:カヤツリグサ科ホタルイ属:6~9月開花)の花も満開です。
c0137342_9574445.jpg


[PR]
by poron_55 | 2009-06-25 10:08 | ┃┣山田池公園
ツチアケビの花・キョウチクトウ・アジサイを見てきました。
一昨日、他用でR168の大阪市立大学付属植物園の前を通りましたので、立ち寄り園内の植物を1周見て廻りました。
今年はいつものササユリやサイハイランの時期(6月初旬)が過ぎ、変わって珍しいツチアケビの花やこの時期の花々にも出会えました。

ツチアケビは例年咲き出しているようですが、なかなか開花のタイミングが合わず見そびれていました。
今年はいつもの場所ではなく、新しい場所に咲きだしていました。まだまだ茎高は50cmくらいで、開花間もない状態でした。

ツチアケビ(:ラン科ツチアケビ属:6~7月開花:腐生植物)
地下に根茎があり、根の中にナラタケの菌糸束(きんしそく)をとり込み菌と共生するため葉緑素を持たない腐生植物である。
いつもの場所なら1mくらいの高さになっていましたが、来年はもっと大きくなっていることでしょう。
それでもその花の様子はラン科特有の形状です。
この果実がウィンナーソーセージに似ており赤く熟す。和名は地中からでて、アケビに似た果実をつけることによる。
c0137342_9473550.jpg

c0137342_9475067.jpg

c0137342_9481084.jpg

参考までに、昨年、従来の場所で見ましたウィンナーソーセージに似た果実の様子です。
c0137342_9494371.jpg


丁度この時期はいろんな品種のキョウチクトウが満開を迎えていました。
キョウチクトウ(夾竹桃)(:キョウチクトウ科キョウチクトウ属:6~9月開花:常緑低木)
満開の様子です。
c0137342_9531640.jpg

八重のモモイロ花弁です。(「ミセスロディング」かも知れません。)
c0137342_9545798.jpg

黄色花弁です。
c0137342_9552979.jpg

鮮やかなアカイロ花弁です。
c0137342_9561342.jpg

シロイロ花弁です。
c0137342_9564555.jpg


この時期はアジサイも咲きだしていました。
カシワバアジサイの一重咲きです。
c0137342_9583981.jpg

カシワバアジサイの八重咲きです。
c0137342_9593293.jpg

ヤマアジサイも開花していました。
c0137342_1012644.jpg

ベニガクアジサイです。
c0137342_1023146.jpg

小さな株ですが「スミダノハナビ」も開花していました。
c0137342_1034596.jpg

良く見られますガクアジサイ(園芸種かも)です。
c0137342_105394.jpg

多くのイトラン(:リュウゼツラン科イトラン属:夏に開花)も全開でした。
c0137342_1039553.jpg

おなじみのフェイジョア(パイナップルグァバ)(:フトモモ科フェイジョア属:6~8月開花:常緑小高木)も満開でした。
c0137342_1017917.jpg

c0137342_10173629.jpg

園芸種のハナザクロ(:ザクロ科ザクロ属:6月ころ開花:落葉小高木)も満開です。
c0137342_10424533.jpg

ヤエザクロも満開です。
c0137342_10204610.jpg

アメリカデイゴ(:マメ科デイゴ属:6~9月開花:落葉低木~小高木)も咲きだしていました。
c0137342_10235100.jpg

c0137342_10232283.jpg

ヒョウタンボク(キンギンボク)(:スイカズラ科スイカズラ属:4~6開花:落葉高木)の実が美しく生っていました。
c0137342_10262345.jpg

ホザキシモツケの園芸種で、ミヅホシモツケ(瑞穂下野)(:バラ科シモツケ属:6~7月開花:落葉低木)も満開でした。
c0137342_10323371.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-06-21 10:43 | ┃┣その他公園・植物園
紫陽花が見ごろになってきました。
今年も山田池公園の紫陽花が見ごろになって、連日多くの人で賑わっています。
とはいってもメインテナンスの関係でしょうか、その開花は年々少なくなっています。
紫陽花の品種も通常の西洋紫陽花系と萼紫陽花系がメインです。

現在開花している様子を紹介いたします。
紫陽花色は七変化・・・西洋紫陽花系といっても咲き方や花色は千差万別です。
水生花園の休憩所前の池縁で開花する紫陽花です。紫陽花の前のミズカンナも背を伸ばしてきました。
c0137342_8535641.jpg

傾斜地で咲き出した西洋紫陽花群
c0137342_8552654.jpg

同じく傾斜地のピンクの紫陽花
c0137342_8565761.jpg

淡いブルー系の紫陽花
c0137342_85733100.jpg

淡い紫系の紫陽花
c0137342_8594312.jpg

淡いブルー系の紫陽花
c0137342_904494.jpg

七変化を開始したピンクの紫陽花
c0137342_914782.jpg

ブルーの西洋紫陽花
c0137342_923682.jpg

フリンジ花弁の西洋紫陽花
c0137342_972012.jpg

良く見ればこんなに小さな花も・・・
c0137342_983094.jpg

そんな紫陽花をステレオ写真にしてみました。奥行き感をお楽しみください。
(画像クリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_911130.jpg


萼紫陽花系も徐々に白い装飾花の色の変化や中央の両性花も開いてきました。
青色系の萼紫陽花群です。
c0137342_913576.jpg

中央の両性花も咲きだしています。
c0137342_9144351.jpg

既に白い装飾花が赤く変化を始めました。1週間後には真っ赤に変化します。
c0137342_9161749.jpg

西花壇でも八重のカシワバ紫陽花が咲き出しています。
c0137342_9174658.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-06-17 09:25 | ┃┣山田池公園
初夏の桂離宮
かねてから申し込んでいました「桂離宮」を見学しました。
この日は生憎の雨降り・・・傘をさしてのデジカメ散策となりましたが、
雨降りの庭園回遊もまたしっとりとした風情があって楽しむことができました。
庭園回遊は約1kmを宮内庁の説明を聞きながら1時間の見学でした。
その模様を下記桂離宮配置図を参照してご覧ください。
c0137342_8265266.jpg


概説
桂離宮の総面積は付属地も含めて約6万9千㎡余りである。中央には複雑に入りこむ汀線(ていせん)をもつ池があり、
大小五つの中島に土橋、板橋、石橋を渡し、書院や茶室に寄せて舟着きを構え、灯籠や手水鉢を要所に配した
回遊式庭園と数奇屋風の純日本風建築物とで構成されている。

表門(おもてもん)
桂離宮の正門である。檜丸太を門柱とし、割竹(わりだけ)を木賊(とくさ)張りにした両開きの門扉。
門扉と同じ木賊張りの袖垣をもつ。
表門は特別な場合以外は開けられることがなく右手、穂垣(ほがき)に沿って少し南側に回り込んだ黒御門(くろごもん)が用いられる。
c0137342_829459.jpg


見学は表門内部にある御幸門(みゆきもん)からです。
表門から50mほど入ったところにある。棟門(むなかど)形式。コルク層が厚い棈(あべまき)の皮付丸太の門柱、茅葺屋根、
割竹を簀子(すのこ)に張った門扉をもつ。
c0137342_8353699.jpg


御幸通りを出て外腰掛(そとこしかけ)へ出ます。
寄棟茅葺屋根を檪(くぬぎ)の皮付き丸太で支え、吹放しで二間の腰掛、砂雪隠(すなせっちん)を設ける。
c0137342_838092.jpg

州浜(すはま)を過ぎた付近から天の橋立、中島方向の庭園風景です。
c0137342_8415539.jpg

その州浜からみた松琴亭(しょうきんてい)の風景です。
州浜は黒く扁平な石を敷き並べた州浜の先端に、岬の灯台に見立てて海の景とする。
c0137342_8435846.jpg

松琴亭(しょうきんてい)
松琴亭は桂離宮でもっとも格の高い茶室である。茅葺入母屋(いりもや)造り。
一の間と二の間境の襖の、白と濃い青の市松模様が斬新で優れた意匠として知られている。
c0137342_846374.jpg


蛍谷(ほたるだに)を土橋で渡り、斜面の飛び石を登ると峠の茶屋風の賞花亭(しょうかてい)がある。
c0137342_9252086.jpg

その賞花亭南側の竹の連子窓(れんじまど)を通してみる風景は深山幽邃(しんざんゆうすい)の趣きがある。
c0137342_8534582.jpg


園林堂(えんりんどう)
園林堂は本瓦葺き宝形造りの屋根、唐破風(からはふ)の向拝(ごはい)を持つ持仏堂(じぶつどう)で、
桂宮家代々のご位牌や細川幽斎(ほそかわゆうさい)の画像などが祀ってあった。今は建物だけが残っている。
c0137342_855671.jpg


園林堂から見た笑意軒(しょういけん)の風景です。
四角に入り込んだ池の向こうに、笑意軒がある。茅葺き寄棟にこけら葺きの庇をつけた屋根で、深い土庇(つちびさし)を持つ
田舎屋風の茶室である。
c0137342_857858.jpg

中の間の南面の腰壁貼付けは、舶載(はくさい)の市松模様ビロードを金箔が鋭く切り裂く斬新な意匠で有名である。
c0137342_8574449.jpg

縁側のある口の間の腰高障子の上に横並びに六つの丸い下地窓(したじまど)を設けている。
その上方に掛けられている「笑意軒」の扁額は曼殊院良恕法親王(まんしゅいんりょうじょほっしんのう)の筆である。
c0137342_859679.jpg


賞花亭の高台から見た書院全景です。
c0137342_902381.jpg

桂離宮の中枢をなす書院群は東から古書院、中書院、新御殿と、雁行形に連なって立ち並んでいる。
c0137342_923973.jpg

古書院には池に面して月見台が設けられ、二の間の正面、広縁から池に突き出すように竹簀子(たけすのこ)でつくられている。
(傘をさす黒いスーツの人が説明員です。雨脚が強く雨粒も写っています。)
c0137342_925680.jpg


月波楼(げっぱろう)は古書院に近い池辺の高みに建つ茶亭で、こけら葺き寄棟の屋根、土間と膳組の間を吹き放しにした茶室である。
月波楼全体を船底天井という化粧屋根裏が覆っている。土間の上の色褪せた絵馬の絵柄は「唐船に和漢乗合之図」
また「古物之唐船に日本人船あそびの図」などとされている。
c0137342_96559.jpg

月波楼、中の間からは松琴亭の市松が池越しに鮮やかに見えたそうである。
c0137342_972997.jpg


御輿寄(おこしよせ)
真の飛石の先、石段を四段上がると天に少し起こりをつけた白川石の大きな沓脱(くつぬ)ぎがある。
六人の沓を並べられるとして「六つの沓脱」と伝えられている。
c0137342_983094.jpg


中門を過ぎて黒文字垣(くろもじがき)(手前左側)で説明がおわります。
c0137342_9102599.jpg

桂垣(かつらがき)
桂離宮には独特の竹垣がある。その代表的なものが桂垣で、芯になる建仁寺垣に竹の穂を着せ込み、
笠木を越して生きた淡竹(はちく)を折り曲げて斜めに編み下ろしたもの。
離宮の東辺に添い、桂川右岸側に250mにわたって続いている。
c0137342_9125052.jpg

穂垣(ほがき)
穂垣はもう一つの桂離宮の顔になる竹垣で桂垣が北で尽きた所から西へ表門を挟んでさらに南へ黒御門(くろごもん)まで、長さ109mである。
c0137342_9132119.jpg

いずれの竹垣も、当ブログの2月に載せました「松花堂」の竹垣は「桂離宮」の技法を取りいれたと思われます。
なを、月波楼(げっぱろう)の命名は松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)と伝えられている。


[PR]
by poron_55 | 2009-06-13 09:31 | ┃┣その他風景
花菖蒲園が満開になってきました。(その2)
いよいよここ、山田池公園の花菖蒲園が満開を迎えてきました。
関西でも梅雨の前兆でしょうか・・・はっきりしない天候が続きますが、かえって満開の花菖蒲に似合う様子にもなってきました。
そこで昨日の朝、開園前の無人の花菖蒲園の様子を側道の東屋から撮ってみました。
東屋から見た満開の花菖蒲園のパノラマ風景です。(画像上をクリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_8541829.jpg

同じく東屋からの様子です。
c0137342_8551786.jpg

少し下がった側道からの様子です。
c0137342_8561671.jpg

正門側に廻って内部の無人の休憩ベンチ(今年リニューアル)の様子です。
c0137342_8581612.jpg

AM9:30開園直後では早くも人出で賑わいます。
c0137342_8592492.jpg

c0137342_8594727.jpg


花菖蒲の開花状況は前回(その1)以後、殆どの品種が開花してきました。(前回の「その1」は下記にTBしていますので参考にしてください。)
今回は前回掲載以外の品種での主な開花状況を全体像と、その花弁の様子で紹介いたします。
江戸系の花菖蒲
蝶が舞うような花弁の「長生殿」の開花
c0137342_982662.jpg

c0137342_984149.jpg

淡い水色を感じさせる「水の光」の開花
c0137342_9946100.jpg

c0137342_910332.jpg

薄いピンク色が優しい「桃児童」の開花
c0137342_911029.jpg

c0137342_9111712.jpg

肥後系の花菖蒲
薄い絞りが入る「京舞」の開花
c0137342_9141628.jpg

c0137342_9142968.jpg

濃い紫で八重咲きの「業平」の開花
c0137342_9151576.jpg

c0137342_9153158.jpg

その名の通りとても爽やかな「春の沢辺」の開花
c0137342_917830.jpg

c0137342_9172455.jpg

伊勢系の花菖蒲
優しいピンク花弁の「津の花」の開花
c0137342_9183043.jpg

c0137342_9185022.jpg

純白が眩しい「松の雪」の開花
c0137342_9205782.jpg

c0137342_9211597.jpg

その他雑種の花菖蒲
葉っぱまで黄色に染まる「愛知の輝き」の開花
(前回(その1)掲載の「金冠」とよく似ていますが、葉っぱは緑色でした。)
(前回の「その1」は下記にTBしていますので参考にしてください。)

c0137342_9231940.jpg

c0137342_9233565.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-06-09 09:37 | ┃┣山田池公園
初夏の修学院離宮
先日、かねてから見学可をもらっていました、初夏の修学院離宮を訪ねました。
後水尾上皇(ごみずのおじょうこう)によって明暦元年(1655~1655)にかけて造営工事が起こされ、万治2年(1659)に完成した山荘である。
比叡山の麓、東山連峰の山裾に造られた修学院離宮は上・中・下の三つの離宮(御茶屋)からなり、上離宮の背後の山、借景となる山林、
それに三つの離宮を連絡する松並木の道と両側に広がる田畑とで構成されている。総面積は54万5千㎡を超える雄大な離宮である。
明治期に宮内庁の所管となるまでは離宮を囲む垣根も全周にはなく、自然に対して開放された山荘であった。
宮内庁の案内説明員による、約1時間半の見学コースとなっています。(下記パンフレット見学コースを参照)
c0137342_922591.gif

参観者休憩所前の庭園風景。
c0137342_9213028.jpg

下離宮
下離宮へは板戸の御幸門(みゆきもん)から入ります。
c0137342_9255244.jpg

入って左手の緩やかな石段の上には寿月観(じゅげつかん)の玄関「御輿寄(おこしよせ)」が見える。
c0137342_9304513.jpg

寿月観内部の襖に虎渓三笑(こけいさんしょう)の絵が岸駒(がんく)によって描かれている。
c0137342_9361893.jpg

寿月観南庭の風景です。サツキが咲いていました。
c0137342_9402118.jpg

中離宮
中離宮へは松並木の両側に広がる田畑をみながら進みます。
c0137342_9444326.jpg

中離宮は楽只軒(らくしけん)とその東南の高みに工夫のある階段でつながれた客殿(きゃくでん)がある。
楽只軒の様子。
c0137342_952774.jpg

楽只軒から客殿への濡縁の一部に「網干の欄干(あぼしのらんかん)」がみえる。
c0137342_9552778.jpg

楽只軒南庭にあるサツキと笠松の風景です。
c0137342_1043972.jpg

客殿の様子。
c0137342_9561332.jpg

客殿の杉戸には筆者不詳であるが、鯉の絵があるが、この絵の網だけは丸山応挙の加筆と伝えられている。
c0137342_1005987.jpg

上離宮
上離宮へは御馬車道(おばしゃみち)という松並木を進みます。
c0137342_1083240.jpg

途中左手前方に大刈り込みがみえる。
(谷川を堰き止めて浴龍池を作った土手に石垣で四段に土留めをし、石垣を目隠しするために数十種類の常緑樹を混植した生垣)
c0137342_10132738.jpg

御成門(おなりもん)から上離宮内へ入る。(左端の黒いスーツの人が女性説明員です。)
c0137342_10152268.jpg

入って直ぐに石段の急坂があります。
c0137342_1017376.jpg

最上段に隣雲亭(りんうんてい)があります。
c0137342_10194825.jpg

隣雲亭の眼下には浴龍池(よくりゅうち)と洛北の山々と洛中の町並みがみえます。
c0137342_10223393.jpg

隣雲亭の軒下のたたきには、漆喰に小石を一つ、二つ、三つと埋め込み、俗に「一二三石(ひふみいし)」となどと呼ばれています。
c0137342_10291276.jpg

隣雲亭を下ると浴龍池の万松塢(ばんしょうう)とつなぐ「千歳橋(ちとせばし)」が見える。一枚石でできている。
c0137342_10342936.jpg

中島の頂上に宝形(ほうぎょう)造りの茶屋「窮邃亭(きゅうすいてい)」がある。
c0137342_10444179.jpg

茶室内部の様子。
c0137342_10455925.jpg

浴龍池の西浜から上部の隣雲亭を見た風景。
c0137342_10475377.jpg

御馬車道の両側には田植えを終えた棚田風景が広がっています。
(昭和39年上・中・下の各離宮間に展開する8万㎡に及ぶ水田畑地を買い上げて付属農地とし、景観保持の備えにも万全を期している。)
c0137342_105091.jpg


[PR]
by poron_55 | 2009-06-05 11:01 | ┃┣その他風景
花菖蒲園が開園されています。(その1)
今年も山田池公園の花菖蒲園が5月25日から6月25日の1ヶ月間、開園されています。
昨年は花菖蒲園内部の八橋を中心に改良されましたが、今年も入り口廻りが新しく良改されました。
現在のところ、花菖蒲の開花は全体的に見て3~4分咲き程度ですが、いずれの品種も咲き始め状態ですが、
生きいきとした蕾と開花の様子が楽しめます。
とりあえず現在の開花の様子をご覧いただきます。満開時の様子は中旬ころに(その2)として載せたいと思っています。

花菖蒲(:アヤメ科アヤメ属:5月下旬~6月下旬開花:多年草)
ノハナショウブから改良された園芸種。江戸中期に園芸化がはじまり、江戸系、肥後系、伊勢系と、
近年育成されたキショウブとの種間雑種の黄色品種、花被片の丈夫な外国育成品種品種などがある。
花形は、外花被のみ大きくなり内花被のあまり発達しない三英咲き、内、外花被ともに発達した六英咲きと、
玉咲き、爪咲きなどの変化咲きがある。
主として江戸系は庭園用に、肥後系と伊勢系は鉢物用に育成され、肥後は六英、伊勢は三英咲きを主とする。
丈夫でより色彩の豊かな大輪が求められている。
花色は紫、藤、紅茶、ピンク、白、さらにこれらの絞り、ぼかし、覆輪、斑、筋や、半八重、八重、
花被片の宿み、波打ち、下垂などがある。

新しく出来ました入り口の様子です。内部には座って眺められるようにもなっています。
c0137342_95123.jpg

入り口を入って直ぐから見た園内の開花状態です。(画像クリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_961921.jpg

内部八橋から見た開花状態です。
c0137342_971157.jpg

現在は江戸系の花菖蒲の開花が早いようです。
江戸系「古照田」
c0137342_9123760.jpg

江戸系「東鹿子」
c0137342_9132219.jpg

江戸系「初紅」
c0137342_9141183.jpg

伊勢系「桜獅子」
c0137342_936759.jpg

江戸系「揖保川」
c0137342_9155013.jpg

新しく植えられた「金冠」(黄色の花菖蒲では葉っぱまで黄色い「愛知の輝き」がありますが、この花は葉っぱは緑色です。)
c0137342_9183341.jpg

「播磨の乙女」
c0137342_920474.jpg

江戸系「追風」
c0137342_922339.jpg






[PR]
by poron_55 | 2009-06-01 09:37 | ┃┣山田池公園