<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
大阪市立大学付属植物園の植物(10月下旬)
あまりにも良い天気・・・いつもの大阪市立大学付属植物園へでかけました。
10月下旬ともなれば、樹木の花は少なくなり、紅葉にはまだ少し早いですね。
それでも、広い園内、豊富な植物を楽しむには半日のんびりと楽しめるところです。
園内には秋の野外授業でしょうか、小学生の団体も見られました。

落葉や紅葉が始まりましたユリノキの木陰でお弁当の様子です。
c0137342_9542739.jpg

この日は10時ごろに入園しましたが、夜咲き熱帯スイレンの開花が見られました。(前回はほとんど閉じていました。)
H・C・ハースティックです。
c0137342_957555.jpg

プライド・オブ・カルフォルニアです。
c0137342_9585612.jpg


早くもコブクサクラ(子福桜)(:バラ科サクラ属:10~3月開花:落葉小高木)が開花を始めていました。
シナミザクラとジュウガツザクラ(またはコヒガンザクラ)との交雑種ということです。
c0137342_1042647.jpg

早咲きのサザンカ(:ツバキ科ツバキ属:10~03開花:常緑小高木)も開花を始めていました。
八重咲きのサザンカです。
c0137342_1075931.jpg

既に花弁が落ちているサザンカもありました。
c0137342_109571.jpg

まだハネセンナ(:マメ科センナ属:8~10月開花:落葉低木)も咲いていました。
c0137342_10115867.jpg

一方、木々の実は多く見られましたが、その一部です。
ツクバネガキ(:カキノキ科カキノキ属:5~6月開花:落葉低木)が小さな実をつけていました。
c0137342_10154651.jpg

ウメモドキ(梅擬)(:モチノキ科モチノキ属:落葉低木)は赤い実のみが生っていました。
c0137342_10185444.jpg

ナンテン(:メギ科ナンテン属:5~6月開花:常緑低木)の実は紅白とも見られました。
晩秋には葉っぱの紅葉が見られますが、シロミナンテンは紅葉しません。
c0137342_10221376.jpg

この植物園では多くの珍しい樹木種が育っています。
いつもモクマオウ(木麻黄)(:モクマオウ科モクマオウ属:4~5月開花:常緑高木:被子植物)の側を通っていますが、撮ったのは初めてです。
c0137342_10275581.jpg

野草では、コウヤボウキ(:キク科コウヤボウキ属:9~10月開花:草本状の低木)が歩道脇で咲いていました。
c0137342_10313487.jpg

ハナカタバミ(:カタバミ科カタバミ属:10~11月開花:多年草)も大きな花を開いていました。
c0137342_10332078.jpg

サラシナショウマ(キンポウゲ科サラシナショウマ属:8~10月開花:多年草)も咲いていました。
c0137342_1035156.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-30 10:39 | ┃┣その他公園・植物園
公園の園芸花(10月下旬)です。
そろそろ公園散歩中の各花壇では秋の園芸花が見られるようになってきました。
反面、春~初夏からずっと咲き続ける、息の長い園芸花も見られます。
今回は下旬に入って各花壇で咲いています園芸花を紹介いたします。

秋と言えばキク科の花の出番ですが、公園でもそんな花々が目立ちます。
早くもウインターコスモス(:キク科ビデンス(センダングサ)属:10~12月開花:多年草)が咲き始めています。
頭花の花色は白色~黄色まで範囲が広いですね。
c0137342_933083.jpg

c0137342_9332050.jpg

その頭花が黄色だけのビデンスも咲き出しています。
c0137342_9345590.jpg

c0137342_9351678.jpg

同じく秋の代表格のコスモス(:キク科コスモス属:8~12月開花:1年草)も咲かせています。
c0137342_9373912.jpg

c0137342_9375531.jpg

遊歩道脇の花壇ではツワブキ(:キク科ツワブキ属:10~12月開花:多年草)が咲き出し始めていました。
c0137342_9395489.jpg

c0137342_9401033.jpg

ハイビスカス(:アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属:6~10月開花:多年草)もまだまだ咲き続けています。
c0137342_9434100.jpg

c0137342_9432258.jpg

c0137342_9433827.jpg

一方、シソ科の花々にも長く咲き続ける花々があります。
ローズマリー(:シソ科マンネンロウ属:5~11月開花:多年草)は花壇のグランドカバーとして咲き続けています。
c0137342_9482560.jpg

c0137342_9491719.jpg

サルビア系も耐寒性が強く息の長い花が多いですね。
赤いサルビア・スプレンデンス(:シソ科サルビア属:7~10月開花:多年草)はずっと咲き続けています。
ステレオ写真(交差法)でその奥行き感をご覧ください。(画像上をクリックで拡大、再度クリックで消えます。)
c0137342_9531760.jpg

その同じ花壇では四季咲きベゴニア(センパフローレンス)(:シュウカイドウ科ベゴニア属:4~11月開花:多年草)も咲き続けています。
c0137342_95684.jpg

その白花とピンク花弁です。
c0137342_100930.jpg

c0137342_1002574.jpg

花壇の奥では、サルビア・インボルクラータ(ローズリーフセージ)(:シソ科サルビア属:7~11月開花:草木)も咲き出していました。
c0137342_10112839.jpg

ユーホルビア・ダイアモンドフロスト(:トウダイグサ科ユーホルビア属:5~11月開花:多年草)も、5月からずっと咲き続けています。
廻りの花々は植え替えが終わっても、この小さな花(実際には苞)はそのまま。すっかり花壇の主(ぬし)状態です。
c0137342_1017544.jpg

c0137342_10181118.jpg

お馴染みのコキア(ホウキグサ)(:アカザ科ホウキギ属:1年草)が真っ赤になってきました。
トンブリという果実がなりますが、その花は見ていません。
c0137342_106893.jpg

[PR]
by poron_55 | 2009-10-26 10:28 | ┃┣山田池公園
樹木種の秋の実と花(10月中旬)
ここ山田池公園の散歩も、だんだんと秋色の様子が目に付きます。
公園の秋色は落葉樹木種の葉っぱや果実の色付きから始まりますが、これから咲き出す常緑樹の花々もあります。
今回は散歩中に見ましたそんな様子を取り上げてみました。

大きな公園では普段あまり歩かない区域もあります。そこで今回は主としてブナ科の木が多い場所です。
c0137342_8414652.jpg

この林ではすでに、コナラやクヌギなどのドングリが落ち始めています。
花や実の時期の散策では、以外にも大きなカクレミノの木があり一杯秋の実をつけていました。
カクレミノ(隠蓑)(:ウコギ科カクレミノ属:6~7月開花:常緑高木)は地味な花ですが、その実はウコギ科特有の形ですね。
c0137342_8493880.jpg

c0137342_8495730.jpg

ブナ林の南側ではヒイラギモクセイが白花を一杯つけていました。
ヒイラギモクセイ(柊木犀)(:モクセイ科モクセイ属:10月頃開花:常緑小高木:雌雄異株)はヒイラギとギンモクセイとの雑種で
ギンモクセイに似た白花ですが、殆ど香りはありません。
ギンモクセイとの見分けは、葉っぱのふちには刺状の鋸歯があります。ヒイラギの特性を持っているようです。
c0137342_921522.jpg

c0137342_923218.jpg

キンモクセイも二度目の開花が始まっていますが、前回(9月下旬)掲載していますので割愛します。
その他区域でも咲きだしている常緑樹の花があります。
チャノキ(茶の木)(:ツバキ科ツバキ属:10~11月開花:常緑低木)が一面に花を咲かせています。
c0137342_965860.jpg

c0137342_971714.jpg

高木のユーカリノキ・(:フトモモ科ユーカリノキ属:4~5月開花:常緑高木)も二度目(前回の開花)の開花です。
同じようにフトモモ科のブラシノキにも見られますがオーストラリア原産の熱帯植物は2~3度の開花を繰り返すようです。
c0137342_925582.jpg

c0137342_9263323.jpg

秋はなんと言っても赤い実が目立ちます。
春の白花のサンザシ(山査子)(:バラ科サンザシ属:4~5月開花:落葉低木)も赤くなってきました。
c0137342_1062753.jpg

c0137342_9321018.jpg

シナヒイラギ(支那柊)(別名ヒイラギモドキ、チャイニーズホリー)(:モチノキ科モチノキ属:4~6月開花:常緑低木:雌雄異株)も赤くなってきました。
c0137342_9354184.jpg

c0137342_93608.jpg

同じくモチノキ科では、モチノキ(黐の木)(:モチノキ科モチノキ属:4月頃開花:常緑高木:雌雄異株)の実も赤くなってきました。
c0137342_9382920.jpg

c0137342_9384338.jpg

ハナミズキ(花水木)(別名アメリカヤマボウシ)(:ミズキ科ミズキ属:4~5月開花:落葉小高木~高木)の実も真っ赤になってきました。
c0137342_941207.jpg

c0137342_9413632.jpg

イチイ(一位)(:イチイ科イチイ属:3~4月開花:常緑高木:雌雄異株)の実は、久しぶりにまばらに付いていました。まだまだ甘くありません。
c0137342_9453030.jpg

c0137342_9454794.jpg

シャヤシャンボ(小小ん坊)(:ツツジ科スノキ属:7月ころ開花:常緑低木~小高木)も色づいてきましたがまだまだ酸っぱいです。
c0137342_9481666.jpg

c0137342_948291.jpg

エンジュ(槐)(:マメ科クララ属:7~8月:落葉高木)の実は特有の膨れた豆莢です。
c0137342_9564996.jpg

c0137342_9571014.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-22 10:10 | ┃┣山田池公園
水都大阪2009の夜の風景。
前回の「水都大阪2009」は昼間の様子でしたが、今回は八軒家浜や中之島界隈で催された夜間のイルミネーションや
灯篭の様子を紹介しましょう。
天満橋駅の水辺廻り(八軒家浜)では、昼間とは一味違った華やかな夜間イベントが楽しめました。
(前回(昼間)の様子を下記にTBいたしますので、比較参考ににしてご覧ください。)
薄暮の八軒家浜からはライトアップされました大噴水が見られます。行きかうクルーズ船からもその様子を楽しんでいるようです。
c0137342_8581820.jpg

更に宵闇が迫る頃、同じ八軒家浜の水辺で「時空の架け橋(水流のカーテンにレーザービームで映像を写します。)」が始まります。
背部には30分に一度の大噴水の様子や大川の桜並木のライトアップも見えます。
c0137342_925282.jpg

時空の架け橋の支柱の色が変化していきます。
c0137342_935742.jpg

c0137342_941446.jpg

背部にも実際の小さな噴水とのコラボです。
c0137342_951810.jpg

時空の架け橋の通路を彩るアーチ型のイルミネーション(年末のクリスマスイルミネーションのものを流用)です。
c0137342_974693.jpg

更に夜が深けると子供に人気の「ラッキードラゴン」がやってきて火を噴きます。(ピンボケ・・・)
c0137342_995481.jpg

大噴水も華やか・・・夜間クルージング船もそんな様子を楽しんでいます。(ピンボケ・・・)
c0137342_9114673.jpg


一方、中之島会場の夜間でも、いろんな光のページェントが楽しめます。
天神橋の橋梁のライトアップです。
c0137342_9145284.jpg

難波橋の橋梁下のライトアップは色が変化します。
c0137342_915578.jpg

c0137342_916121.jpg

天神橋下では灯りプログラムが一杯です。
c0137342_9172380.jpg

c0137342_917372.jpg

竹の大架構空間の下でも蝋燭の明かりです。
c0137342_9195064.jpg

薔薇園の端では「お魚のライトアップ(淀川や大阪湾で浮遊するゴミで作ったもの)」です。
c0137342_9215617.jpg

薔薇園の歩道でもアーチ型のミラーチップがきらきら・・・
c0137342_9225043.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-18 09:38 | ┃┣イルミネーション
「水都大阪2009」のイベントを楽しみました。
8月から開催されていました「水都大阪2009」・イベントの最終日に天満橋から堂島大橋までの水辺歩道を楽しんできました。
パンフレットよりスキャンした水辺マップを参考にしてご覧ください。
c0137342_9465061.jpg

京阪・天満橋駅の水辺側はすっかり様変わりした水辺歩道が出来上がっていました。
八軒家浜(江戸時代には三十石船や野崎詣りなどの船着場としていた)の船着場の復活です。
c0137342_9473413.jpg

現在は水回廊を廻る遊覧船の浮き桟橋になっています。
c0137342_9484634.jpg

中之島公園の大川よりに大噴水が設置されて、30分に1回噴出します。(夜間ライトアップもある。)
c0137342_952225.jpg

c0137342_9523317.jpg

天神橋とアクアライナー(夜間ライトアップもある。)
c0137342_9535044.jpg

中之島公園では「水辺の文化座」として多くのイベントが参加していました。
竹を組み合わせた大架構空間があります。(夜間ライトアップもある。)
c0137342_957229.jpg

高速道路したでは、子供たちがこんな遊びで楽しんでいました。
c0137342_9583419.jpg

多くのアート作品が並んでいましたが、これは怪獣でしょうか?
c0137342_959336.jpg

中之島公園といえば、すっかりお馴染みの薔薇園ですが、リニューアルオープンされていました。
以前のレイアウトがすっかり更新され、薔薇も新しい苗木でした。大きくなるまでに2~3年かかることでしょう。
c0137342_103927.jpg

c0137342_103319.jpg

シャルル・ド・ゴール(イギリス・オースチン作出・1974)
c0137342_1034936.jpg

アンブリッジ・ローズ(イギリス・オースチン作出・1990)
c0137342_104637.jpg

薔薇園橋には「ラッキードラゴン」の船着場があります。(夜間は八軒家浜の水辺で火や水を噴きます。)
c0137342_1081090.jpg

難波橋側には魚のアート作品(淀川と大阪湾のゴミから出来ているそうです。)がありました。(夜間ライトアップもある。)
c0137342_1052049.jpg

別名「ライオン橋(右端にライオンが写っています。)」の難波橋全景です。(夜間ライトアップもある。)
c0137342_10101422.jpg

なにわ橋の水辺側や市役所前ではストリートミュージシャンの演奏もありました。
c0137342_1013820.jpg

c0137342_10132254.jpg

市役所内部にはジャイアントなロボット(ジャイアント・トラやんというそうです。)がありました。
c0137342_10142370.jpg

水晶橋のステレオ写真です。交差法でご覧ください。(画像上をクリックで拡大します。再度クリックで消えます。)
c0137342_1016228.jpg

大江橋の欄干にあった花(カワラナデシコ)から、その水晶橋の様子です。
c0137342_10174411.jpg

中之島駅の水辺歩道から玉江橋・朝日放送・ABCホール・ほたるまち方向の風景です。
c0137342_10195992.jpg

堂島大橋まで歩いて、国際会議場前です。
c0137342_10204812.jpg

入り口の風景です。(画像上をクリックで拡大します。再度クリックで消えます。)
c0137342_10214118.jpg

今回は昼編、次回は夜間編をご覧いただきます。


[PR]
by poron_55 | 2009-10-14 10:29 | ┃┣その他風景
台風一過の山田池公園の様子。
先日の台風18号の通過後は、まさに台風一過・・・連日の秋晴れになっています。
昨日、公園の様子を見て歩きました。遠目には秋晴れの様子も、実際に歩いてみると各所で、その爪跡が残っていました。
そのためか、危険防止の観点から山田池公園の各入り口には台風前から立ち入り禁止の張り紙が貼られていました。
今回は台風一過の様子と台風の爪跡の様子と野草花の様子をご覧ください。

昨日の散歩では清々しい秋晴れの風景が広がっていました。
展望台中腹から背高いエノキの向こうに広がる山田池の様子です。
c0137342_11505274.jpg

そのエノキの幹越しに見たクスノキと浮見堂と山田池の様子です。
c0137342_11525084.jpg

観月提を側面から見た山田池の様子です。(現在のTOPロゴ画像にもしました。)
c0137342_1158541.jpg

公園の主遊歩道に散乱した樹木の葉っぱや小枝は既に清掃されていましたが、小道はまだまだ散乱のままでした。
c0137342_11563127.jpg

熟れかけたカキノキの実も沢山落ちていました。
c0137342_1159217.jpg

c0137342_11593567.jpg

大きなクヌギ(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:落葉高木)の木からも沢山のドングリが落ちていました。
c0137342_1203965.jpg

c0137342_1205320.jpg

ラクウショウ(落羽松)(:スギ科ヌマスギ属:4月頃開花:落葉高木)の葉っぱや若い実も沢山落ちていました。
c0137342_122817.jpg

高木のポプラ(セイヨウハコヤナギ)(:ヤナギ科ハコヤナギ属:3~5月開花:落葉高木)も一本だけ倒れていました。
夜半の出来事とはいえ、こんな大木までが倒れるのは大変に危険ですね。
c0137342_1232261.jpg

c0137342_1234051.jpg

アラカシ(粗樫)(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:常緑高木)の実はまだ若くてしっかりと枝についていました。
c0137342_12263771.jpg

c0137342_12115743.jpg

同じく、シラカシ(白樫)(ブナ科コナラ属:4~5月開花:常緑高木)の実も若くしっかりと枝についていました。
c0137342_1228987.jpg

c0137342_12142065.jpg


一方、秋の野草たちも少し咲いていました。特にタデ科の野草が目立っていました。
ミゾソバ(タデ科タデ属:7~10月開花:1年草)が満開でした。
c0137342_12171344.jpg

c0137342_12173014.jpg

シロバナサクラタデ(タデ科タデ属:8~10月開花:多年草)は咲き始めでした。
c0137342_12184832.jpg

c0137342_1219255.jpg

川原ではボントクタデ(タデ科タデ属:9~10月開花:1年草)が一杯見られました。
c0137342_12211877.jpg

除草を免れたイヌタデ(タデ科タデ属:6~10月開花:1年草)も一杯見られました。
c0137342_12224675.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-10 12:30 | ┃┣山田池公園
山田池に上る仲秋の名月と昼夜の表情。
山田池公園には「仲秋の名月」を観るに相応しい「観月提(かんげつてい)」という場所があります。
特に仲秋のころ、観月提からは大きな池の向こうにある東山から上る「仲秋の名月」が楽しめることから、名付けられたらしい。
そんなことで「観月提の月」は枚方八景の一つにも数えられています。
今年の仲秋の名月は10月3日であったらしい。ところがすっかり他用に追われていて、名月に気がついたときは既に上空に上っていました。
そこで翌日の10月4日の満月(ネットを見ると満月になるのは翌日らしい。)を楽しむことにしました。
この日は無風快晴状態の一日で、昼間に大きな山田池を一周してみると鏡面状態の池面には周辺の景色がそっくり映りこんでいました。
山田池の西側にある観月提は約100mほどの長さの堤です。
その中央付近から撮りましたパノラマ風景です。(画像クリックで大きくなります。再度クリックで消えます。)
c0137342_938337.jpg

同じく観月提を西から東へ散歩した各所から見た山田池の風景です。
西側よりに浮き桟橋があります。大きな山田池と春日山方向の風景です。(後ほどの満月はこの場所から撮っています。)
c0137342_9452680.jpg

直ぐ横の枝垂れ柳越しに見た山田池と浮見堂です。
c0137342_9455811.jpg

観月提を側面から見た鏡面状態の春日山の風景です。
c0137342_1021184.jpg

逆さまにしてみましたが、違和感がありますでしょうか。
c0137342_1022672.jpg

一番東側に観月提の休憩所があります。休憩所越し見た山田池と浮見堂の風景です。
c0137342_9505857.jpg

その他山田池の周遊歩道はどの場所から見ても池を楽しむことができます。
展望台下の遊歩道から対岸の春日山と観月提休憩所方向の風景です。
c0137342_9551567.jpg

春日山の竹屋峠方向の風景です。
c0137342_9553769.jpg

対岸の春日山の竹屋峠から見た浮見堂の風景です。
c0137342_9583861.jpg

水生花壇から見た春日山の風景です。
c0137342_9564075.jpg


さて今度は本番の満月ですが、自転車に乗って、まず芝生の丘から夕景を撮りました。
(先月の夕景と日没の位置が左に移動して、右下のガスタンクから大分離れています。)
先月の様子は下記にTBしておきますので、参照にしてください。
c0137342_102775.jpg

日没と同時に反対側を見ると、満月が上っていましたので、急遽観月提の浮き桟橋へ走りました。
この間10分、既に満月が春日山から上り始めていました。(PM5:41)
c0137342_10313129.jpg

もう少し上ると池面にも映りこみます。(PM5:44)
c0137342_10332424.jpg

だんだんと周辺が暗くなってきます。(PM5:50)
c0137342_10351474.jpg

満月は更に上り周辺は暗くなって池に映り込みが出ます。(PM5:55)
c0137342_10365581.jpg

全く光量がなくなり、月の光のみでの満月の様子です。(PM6:11)
c0137342_10381865.jpg


[PR]
by poron_55 | 2009-10-06 10:48 | ┃┣山田池公園
公園の遊具と秋の実。(10月初旬)
山田池公園の南側(約4年ほど前に開園)は主として運動広場を中心として開発されました。
広大な芝生広場、360パノラマの眺望が楽しめる芝生の丘、子供たちに人気の人工の小川(流れ)や
いろんな遊具がある自由広場などがあります。
勿論、園芸種が楽しめるクィーンズランド庭園やコテージガーデンなどもあります。
広い公園には多くの樹木種も植えられて、だんだんに育ってきています。これらの木々は10~20年後には立派な森に育つことでしょう。
その北側公園で、いつもは植物にばかり目を向けていましたが、昨日は子供たちに人気の自由広場や芝生の丘にある遊具を撮りましたので紹介いたします。
自由広場では、最近の斬新なデザインの遊具があります。いろんな機能が集まって一つの遊具になっています。
c0137342_10242035.jpg

近寄ってみると楽しそうですね。
c0137342_1025722.jpg

丸い環状のスベリ台でしょうか?
c0137342_1026558.jpg

この遊具の横には「ぶらさがりスライダー」のような遊具もあります。昔の「ターザンごっこ」でしょうか?
c0137342_10282498.jpg

このような1本のロープに掴まり左右に滑ります。連休の混雑時は並んで順番を待っているようです。
c0137342_1031488.jpg

遊んでいる風景です。
c0137342_10325232.jpg

別の日に撮った全体風景です。
c0137342_10334519.jpg

芝生の丘の中腹にも、もう一つの遊具があります。
c0137342_10365878.jpg

c0137342_10371769.jpg

c0137342_10373111.jpg

この横には、いつも小休止の大きな中央休憩所があります。
c0137342_10392029.jpg


一方、昨日散歩途中に撮りました秋の実です。
スズカケノキ(鈴懸の木)(プラタナス)(:スズカケノキ科スズカケノキ属:4~5月開花:落葉高木)では大きな実がなっていました。
c0137342_1042259.jpg

モミジバフウ(紅葉葉楓)(アメリカフウ)(:マンサク科フウ属:4月ころ開花:落葉高木)も一杯の実をつけていました。
c0137342_10435663.jpg

アキニレ(秋楡)(イシゲヤキ、カワラゲヤキ)(:ニレ科ニレ属:9月ころ開花:落葉高木)は既に扁平の実をつけていました。
いつも地味な花の時期(花期が短い)を見損なっています。
c0137342_1048624.jpg

ウバメガシ(姥目樫)(イマメガシ、ウマメガシ)(:ブナ科コナラ属:4~5月開花:常緑低木~高木)も一杯ドングリをつけていました。
c0137342_10514642.jpg



[PR]
by poron_55 | 2009-10-02 10:54 | ┃┣山田池公園