<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
トキワツユクサが満開です。
北側公園のもみじ谷歩道小川で「トキワツユクサ」が満開になっています。
トキワツユクサ(常盤露草):常緑多年草
科目・属:ツユクサ科ムラサキツユクサ属
原産:南アメリカ
学名:Tradescantia flumiensis
別名:ノハカタカラクサ
花期:5~7月
撮影:山田池公園(2013/05)
南アメリカ原産の常緑の多年草。暖地の林下などに見られる。葉は長楕円状卵形で、ふちは波状になる。
花は白色で径約1.5cmあり、葉の脇に1~3個ずつつく。
生育地:山野
分布:帰化植物

現在、小川の各所で白い花が無数に咲いています。そんな様子を動画で撮りました。
(右三角をクリックで再生開始。右下の画質選定(歯車マーク)で1080pHDを選定してご覧ください。)

開花全体画像
c0137342_1025386.jpg

花・葉っぱ部分の開花風景
c0137342_10255616.jpg

花の蕊部分のマクロ画像
c0137342_10254677.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-05-27 10:50 | ┃┣野草種
今、公園内散歩ではウグイスの鳴き声を各所で聞けます。
現在、山田池公園での散歩中で各所の雑木林でウグイスの鳴き声が聞けます。
散歩中、ウグイスの姿は見ませんが、雑木林の中でのさえずりを聞くことができます。
そんな様子を各所雑木林の様子と併せてお聞きください。
(各画像は右三角をクリックで再生開始後、画質を1080pHDを選定。ウグイスの鳴き声をより大きく聞くために音量を上げてください。)

北側公園の「津の木山」の雑木林の中でよく聞くことができます。

同じく「津の木山」の雑木林の下歩道でも聞くことができます。

同じく、北側公園の「つつじ園」横の竹林でも鳴いていました。

今度は南側公園の雑木林(3)の中でも鳴いていました。
(南雑木林(3)下の「池・せせらぎ」側道で撮影したもの)

同じく南側公園の雑木林(3)の中でも鳴いていました。
(この画像は池・せせらぎの土手側から撮影したもの)

同じく南側公園の雑木林(3)の中ですが、「石舞台の藤棚」周辺でも聞くことができました。

[PR]
by poron_55 | 2013-05-22 20:36 | 野鳥
現在開花中の華やかな花々(ゴマノハグサ科)
チューリップの開花が過ぎた現在、山田池公園の花壇では初夏の園芸種の開花が華やかになてきました。
現在開花中で、いずれも「ゴマノハグサ科」の花々を撮ってみました。

キンギョソウの開花は「アスーリトレッドとイエロー」の開花が花壇周辺を一層に華やかにしています。
今年はアスリートレッドとイエローが混植されています。美月橋を背景に撮りました。
c0137342_9162353.jpg

クイーンズランド庭園(南)の花壇に植えられています「赤色と黄色」の開花風景です。
c0137342_9182941.jpg

同庭園で「リナリア(ヒメキンギョウソウ)」の開花も見られます。美月橋を背景に撮っています。
c0137342_9284549.jpg


西花壇では背丈の高い「ジキタリス」の花が開花中です。
赤色系のジキタリスの開花です。
c0137342_9224996.jpg

同じく薄いピンク系の花弁も開花中です。
c0137342_924759.jpg

同じく白色系の花も開花を始めました。
c0137342_9253242.jpg


園芸種ではありませんが公園各所で「マツバウンラン」の開花も楽しめます。
c0137342_9363267.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-05-17 09:39 | ┃┣山田池公園
ハクウンボク(白雲木)の花が満開です。
ハクウンボク(白雲木):落葉高木
科目・属:エゴノキ科エゴノキ属
学名:Styrax obassia
花期・果期:5~6月・9月頃
別名:オオバヂシャ
撮影場所:山田池公園(2013/05)

山地に生え、高さ6~15mになる。若枝の表皮は縦に剥がれやすい。樹皮は灰白色。
葉は互生し、長さ10~20cmの円形で、ふちの上部にわずかに鋸歯がある。
5~6月、枝先に長さ10~20cmの総状花序をだして、白い花を多数下垂する。花冠は長さ約2cmで5深裂する。雄蕊は10個。
雌蕊は1個。果実は直径1.4~1.7cmの球形で9月に熟す。種子は1個。

用途:庭木、公園樹、器具材
分布:北、本、四、九、朝鮮、中国

c0137342_17455248.jpg

c0137342_17462093.jpg

c0137342_17463723.jpg

c0137342_17465350.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-05-13 17:50 | ┃┣樹木種
コデマリと八重コデマリが満開です。
コデマリ:落葉低木
科目・属:バラ科シモツケ属
学名:Spiraea cantoniensis
花期:4~5月
撮影:山田池公園(2013/04)
用途:庭木、公園樹、花材
分布:中国原産

中国原産で、庭や公園でよく植えられている。茎は叢生して高さ1.5~2mになり、先はしばしば垂れ下がる。
葉は互生し、長さ2.5~4cmの菱形状披針形または菱形状長楕円形で、両面とも無毛。裏面は粉白色を帯びる。
4~5月、本年枝の先の散房状花序に直径7~10mmの白い花を20個ほど開く。花序は直径2.5~3cmのまりのような球形で、
枝の上に並んでつく。花弁は5個で平開する。

例年4月下旬から、公園の各所で「コデマリ」が開花してきました。
c0137342_20411318.jpg

c0137342_20414649.jpg

c0137342_204275.jpg


同じく「八重のコデマリ」も満開になっています。
八重コデマリ:落葉低木
科目・属:バラ科シモツケ属
学名:Spiraea cantoniensis var.plena
花期:4~5月
撮影:山田池公園(2013/04)
用途:庭木、公園樹、花材
分布:中国原産

江戸時代には渡来したといわれています。「コデマリ(S.cantoniensis)」の変種です。
4~5月ごろ、球形花序に八重の純白の小花をいっぱいに咲かせます。

c0137342_2043378.jpg

c0137342_20432915.jpg

c0137342_2044382.jpg

[PR]
by poron_55 | 2013-05-06 21:03 | ┃┣樹木種