<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
8月上旬に山田池公園で見かけた果実です。
山田池公園も真夏になると、めっきり樹木の花々が少なくなり、今開花しているのは百日紅の花でしょうか。
そこで今回は、今年開花した樹木の花々の、8月上旬現在の果実を探してみました。
それぞれの果実はまだまだ若い果実から、すでに果塾期の果実まで種々ありました。
散歩中に見かけた樹木果実名・科目・過熟期・雌雄異株・雌雄同種などを、ランダムに並べてみました。

ナツメ(棗)の果実はもう少しで、茶色になり落下してきます。
クロウメモドキ科・9月頃・雌雄同種
c0137342_15223871.jpg

クリ(栗)は若いイガグリが無数にできています。
ブナ科・9月頃・雌雄同種
c0137342_15253133.jpg

テウチグルミ(手打胡桃)は青い果実がなっています。
クルミ科・10月頃・雌雄異株
c0137342_15281486.jpg

ヒラカキ(平柿)の実も、まだ青いですが、だんだん大きくなってきました。品種はわかりません。
カキノキ科・10月頃・雌雄同種
c0137342_15332281.jpg

サイジョウガキ(西条柿)は渋柿ですが、まだまだ青いです。
カキノキ科・10月頃・雌雄同種
c0137342_15383052.jpg

イチョウ(銀杏)はまだまだ青いですが、無数にできています。
イチョウ科・10月頃・雌雄異株
c0137342_15424270.jpg

ハンノキ(榛の木)はまだまだ青いですが、無数に出来ています。
カバノキ科・11月頃・雌雄同種
c0137342_15474627.jpg

オニグルミ(鬼胡桃)もまだまだ青く無数になっています。
クルミ科・10月頃・雌雄同種
c0137342_1551286.jpg

アケビ(木通)もまだまだ青くて割れてくるまではもう少しかかりそうです。
アケビ科・9月頃・雌雄同種
c0137342_15554950.jpg

キューィフルーツ①はまだまだ青くて小さく食用にならないようです。
マタタビ科・9月頃・雌雄異株
c0137342_1605559.jpg

同じくキューィフルーツ②はまだまだ青くて小さく食用にならないようです。
マタタビ科・9月頃・雌雄異株
c0137342_162545.jpg

ザクロ(柘榴)は大きくなってきましたが、まだ割れていません。
ザクロ科・10月頃・雌雄同種
c0137342_164121.jpg

マルメロ(カリンよりも小さい)も無数になっていますが小さいようです。
バラ科・10月頃・雌雄異種
c0137342_1674143.jpg

カリン(花梨)は実つきがよく無数になっています。まだ青くてこれから色づきます。
バラ科・10月頃・雌雄異株
c0137342_16115957.jpg

オリーブも青くて若い果実が無数に出来ています。
モクセイ科・10月頃・雌雄異株
c0137342_1615136.jpg

エノキ(榎)は赤く熟して、すでに落ちている果実もあります。
ニレ科・9月頃・雌雄同種
c0137342_16194778.jpg

カヤ(榧)の果実もたくさん出来ていますが、まだ青いです。
イチ科・10月頃・雌雄同種
c0137342_16232876.jpg

リキュウバイ(利休梅)も特徴ある形で、多くの若い果実が出来ています。
バラ科・9月頃・雌雄異株
c0137342_16264051.jpg

エゴノキはたくさんの丸い果実がぶら下がっています。
エゴニキ科・8月頃・雌雄同種
c0137342_16304843.jpg

[PR]
by poron_55 | 2016-08-14 16:31 | ┃┣山田池公園