<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今年も「西花壇」のチューリップが咲き出しています。
山田池公園の「西花壇」の春はチューリップの開花が始まっています。
カラフルなチューリップの開花で「西花壇」周辺は一気に華やかな雰囲気になってきます。
開花したその一部をご覧ください。
c0137342_20021162.jpg
c0137342_20050047.jpg
c0137342_20052466.jpg
c0137342_20054415.jpg
c0137342_20060705.jpg
c0137342_20062290.jpg
c0137342_20064088.jpg
c0137342_20065748.jpg
c0137342_20071479.jpg
c0137342_20073120.jpg



[PR]
by poron_55 | 2017-04-22 20:16 | ┃┣山田池公園
公園各所で「ムラサキサギゴケ」の花が咲きだしています。
春になって足元の野草も各所で開花しています。
ムラサキサギゴケ:多年草
科・属:ゴマノハグサ科サギゴケ属
学名:Mazus miquelii
花期:4~5月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/04
湿り気のある水田のあぜなどによく群生している多年草。葉は根元に集まり、その間から細長い、横に這う枝を出して地面に広がる。
根元の葉は倒卵形で、ふちには不ぞろいのあらい鋸歯がある。横に這う枝の葉は対生し、ごく小さい。
根元の葉の間から高さ10~15cmの花茎を伸ばし、まばらにいくつかの花をつける。
花冠は紅紫色の唇形で、長さ1.5~2cmである。
c0137342_20281596.jpg
c0137342_20283334.jpg
c0137342_20285186.jpg
c0137342_20290719.jpg
シロバナ品種をサギゴケ(Mazus miquelii form. albiflorus)という。
別名:サギシバ
花期:4~6月
撮影場所・年月:大阪市立大学付属植物園・2017/04
ムラサキサギゴケの1品種である。母種が紅紫色の花をつけるのに対し、白い花をつけるので区別できる。
母種と同じ場所に一緒に生えることが多く、紅紫色の花が田のあぜいっぱいに見られるところには、しばしばこの花が混じっている。
和名は鷺苔(さぎごけ)で、花の様子と全体が小さいことによる。ムラサキサギゴケ、サギゴケを区別しない考えもある。
c0137342_20292302.jpg
c0137342_20293956.jpg
c0137342_20295804.jpg
c0137342_20301954.jpg

[PR]
by poron_55 | 2017-04-16 20:40 | ┃┣野草種
公園各所で早春の開花が始まっています。
今年は全般的に公園の早春開花が遅れていましたが、華やかに各所で開花を始めました。
シダレヤナギ(緑)・ユキヤナギ(白)・レンギョウ(黄)・ソメイヨシノ(ピンク)
と色取りどりの開花風景は、春の公園を一気に華やかなものとなります。

「池・せせらぎ(1)歩道脇」の植え込みは、今年も見事に開花しました。
新芽のシダレヤナギの向こうに、ユキヤナギ・レンギョウ・ソメイヨシノが開花をはじめました。
c0137342_17173867.jpg
その4日後に満開になった開花風景です。
c0137342_17180324.jpg


サクラ・ユキヤナギ・レンギョウを背景にシダレヤナギの芽吹きです。

c0137342_17182798.jpg
「池・せせらぎ(1)」の小川に映るユキヤナギ・レンギョウの風景です。
c0137342_17190292.jpg
そのレンギョウの側面からの風景です。
c0137342_17191945.jpg
「花木園」から見た竹藪法面のユキヤナギの開花風景です。
c0137342_17195941.jpg

花木園ミツバツツジの開花と背景のそのユキヤナギです。
c0137342_17201627.jpg

「棚田」休憩所脇で開花を始めたレンギョウとユキヤナギです。

c0137342_17205984.jpg

「棚田」脇に植え込まれたユキヤナギとレンギョウの開花です。

c0137342_17211492.jpg

「奥山田川」側道でヤマザクラを背景に開花したレンギョウです。

c0137342_17214971.jpg

同じくヤマザクラを背景にそのレンギョウの枝ぶりです。

c0137342_17220333.jpg

「東山」で今年も開花しましたユキヤナギとソメイヨシノです。

c0137342_17222962.jpg

[PR]
by poron_55 | 2017-04-11 18:24 | ┃┣山田池公園
ハナノキ(花の木)が各所で開花しています。
山田池公園では各所でハナノキ(花の木)の赤い花が開花しています。

ハナノキ:落葉高木
科・属:カエデ科カエデ属
学名:Acer pycnanthum 
花期:3月下旬~4月上旬
撮影場所・年月:山田池公園・2017/03~04

山地の湿地にまれに生え、大きいものは高さ20~25mになる。
葉は対生し、長さ4~7cmで浅く3裂し、ふちには不ぞろいな鋸歯がある。裏面はやや粉白色。
4月ころ、葉が出る前に真紅色の花が咲き、特に雄花は多数集まってつき、美しいので花の木の名がある。
雌雄異株。花弁と萼片は5個。雄蕊も5個で、雌花ではごく短い。花柱は2裂する。
山田池公園では3月下旬に雄花が開花、次いで雌花が開花するようです。
翼果はは長さ約2cmであまり開かない。特に晩秋の紅葉は目立つ。

雌花と翼果
芝生の丘ふもとにあるハナノキの雌花です。
c0137342_13554684.jpg
c0137342_13562899.jpg

c0137342_13561747.jpg
雌花に出来た若い翼果です。(4月中旬)
c0137342_13571041.jpg
ユリノキ並木にある雄花の様子です。(線香花火のように見えます。)
c0137342_13570845.jpg
c0137342_13572164.jpg
c0137342_13573376.jpg
秋の紅葉時の様子です。(12月上旬)
c0137342_13575206.jpg
c0137342_13580576.jpg


[PR]
by poron_55 | 2017-04-03 14:08 | ┃┣樹木種