アキノエノコログサとキンエノコログサ
アキノエノコログサ:1年草
科目・属:イネ科エノコログサ属
学名:Setaria faberi
花期:9~11月
撮影:山田池公園(2007/10)

各地の道ばたや空き地に多い1年草。茎は高さ50~100cm。葉は広い線形で基部はしだいに細くなり、ねじれて表面が下を向く。
花穂は長さ5~12cmの円柱状で先は垂れる。小穂は長さ約3mmで苞頴(ほうえい)短く、かたくて横にしわの多い護頴(ごえい)が頭半分ほど露出する。
芒(のぎ)は長さ6~15mmで5~8個でる。
生育地:道ばた、空き地
分布:日本全土

山田池公園のあちらこちらでアキノエノコログサの花穂が目立つようになりました。
c0137342_8103352.jpg
c0137342_8105260.jpg
キンエノコログサ:1年草
科目:イネ科エノコログサ属
学名:Setaria glauca
花期:8~11月
撮影:山田池公園(2006/09)

田の畔や道ばたなどに生える1年草。茎は50~90cmであまり枝分かれしない。花穂は長さ3~10cmの円柱状で直立し、小穂は長さ約3mm、苞類は短く、かたくて横じわのある護穎(ごえい)は頭半分露出する。つけ根に多数の黄金色の苞がある。

生育地:道ばた、空き地
分布:日本全土

c0137342_13093145.jpg
c0137342_13095714.jpg
c0137342_13101595.jpg





[PR]
# by poron_55 | 2007-11-03 08:07 | ┃┣野草種