フユイチゴの花が咲き出しています。
地味な「フユイチゴ」の花が咲き出しています。
フユイチゴ(冬イチゴ):常緑小低木
科目・属:バラ科キイチゴ属
学名:Rubus buergeri
別名:カンイチゴ
花期・果期:9~10月・11~12月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/08:2017/12

山地に生え、高さ約20cmになる。全体に曲がった短い毛があるが、刺はない。長い匐枝(ふくし)を伸ばし、その先に新苗をつくる。
葉は互生し、長さ5~10cmの心形でふちは5浅裂し、歯牙状の鋸歯がある。表面は毛が少ないが、裏面は軟毛が多い。
托葉は落ちやすい。9~10月、枝先に白い花を5~10個開く。花弁は5個、長さ7~9mmで萼片よりやや長い。
果実は球形で赤く熟し、食べられる。
分布:本(千葉県以西)、四、九、朝鮮、中国、台湾
(山と渓谷社:日本の樹木 より)
c0137342_10092763.jpg
c0137342_10100448.jpg
大変に小さな花で葉っぱの上からはほとんど見えません。
c0137342_10103896.jpg
昨年の12月になっていました赤い果実です。
c0137342_10110444.jpg
c0137342_10112587.jpg
c0137342_10115398.jpg




























[PR]
# by poron_55 | 2018-08-13 10:21 | ┃┣野草種