公園内で早春の開花風景です。(園芸種・野草種)
このところの陽気に誘われて、公園内でも園芸種や足元の野草種も開花を初めています。
今回紹介する開花は、いずれも3月中旬の開花風景です。
いずれも大きな全体画像と小さなマクロ画像の2枚です。
園芸種では
1.ラッパスイセン(淡黄色):ヒガンバナ科
  ラッパスイセンの開花は早春で華やかです。
c0137342_18221860.jpg
c0137342_18224229.jpg
2.ラッパスイセン(黄色):ヒガンバナ科
c0137342_18230980.jpg
c0137342_18232564.jpg
3.フッキソウ:ツゲ科(本来は小低木)
  フッキソウの開花も早いです。樹木などのフロントカバーに使われています。
c0137342_18235329.jpg
c0137342_18240456.jpg
4.ジンチョウゲ(赤花):ジンチョウゲ科(本来は小低木)
  公園では赤花沈丁花の開花は早いです。白花は続いて咲き出します。
c0137342_18242295.jpg
c0137342_18243654.jpg
野草種では
5.オオイヌノフグリ:オオバコ科クワガタソウ属
  水色の小さな花がいっぱい咲き出してきます。よく見るとマクロ画像も美しい。
c0137342_18323305.jpg
c0137342_18324787.jpg
6.フラサバソウ:オオバコ科クワガタソウ属
  オオイヌノフグリに似ていますが、その花弁は更に小さな花です。
  よく見ると萼片に多くの毛が無数に生えています。
  こちらの公園では年々増えています。
c0137342_18332690.jpg
c0137342_18340497.jpg
7.ヒメオドリコソウ:シソ科
  まず春先に咲き出してきます。あちらこちらで群生しています。
c0137342_18342901.jpg
c0137342_18344382.jpg
8.ホトケノザ:シソ科
  この野草も春先に群生してきます。花弁の様子はヒメオドリコソウに似ています。
c0137342_18350729.jpg
c0137342_18352318.jpg
9.オランダミミナグサ:ナデシコ科
  ハコベと同様にナデシコ科です。ヨーロッパ原産の外来種です。
c0137342_18373582.jpg
c0137342_18374789.jpg
10.ハコベ:ナデシコ科
   早春には一斉に群生してきます。よく見るとそのマクロ花弁も美しいです。
c0137342_18381843.jpg
c0137342_18383154.jpg
11.ナズナ:アブラナ科
   田圃や畦道で無数に開花してきます。別名はその果実の形状からペンペングサです。
c0137342_18385574.jpg
c0137342_18391019.jpg
12.タチツボスミレ:スミレ科
   早春にはいろいろなスミレが咲き出します。
   タチツボスミレもだんだん増えてきます。
c0137342_18423734.jpg
c0137342_18425629.jpg
13.ツクシ:スギナ科
   あちらこちらでだんだん増えてきます。すでに胞子が出て食べるには遅かったです。
c0137342_18431761.jpg
c0137342_18432725.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-03-20 19:05 | ┃┣山田池公園
<< 大阪城公園の桜と桃の風景です。 公園内で早春の開花風景です。(... >>