ウツギ(空木)とヒメウツギ(姫空木)の花が咲き出してきました。
山田池公園でウツギ(空木)とヒメウツギ(姫ウツギ)の花が開きだしました。
とても花付きがよく豪華に咲き乱れています。どうやらこの木は園芸種のようです。

ウツギ(空木):落葉低木
科目・属:ユキノシタ科ウツギ属
学名:Deutzia crenata
別名:ウノハナ
花期:5~7月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/05
山野に普通に生えるが、生垣や庭木としてもよく植えられている。下部からよく分枝して高さ1.5~2mになる。
若枝は赤褐色。若枝、葉、葉柄、花序、花弁の外側や萼に星状毛が密生する。樹皮は縦に短冊状にはがれる。
葉は対生し、長さ5~12cmの卵状長楕円形または卵状披針形で先は尖り、ふちに浅い鋸歯がある。
質は厚い。表面は星状毛が多く、ざらつく。葉柄は2~4mm。5月下旬から7月にかけて、
円錐花序を多数だし、直径1~1.5cmの白い花が蜜に垂れ下がって咲く。
花弁は5個。雄蕊は10個。花糸には狭い翼がある。花柱は3~4個。
蒴果は直径4~6mmの球形で先端は少しくぼみ、花柱が残る。熟すと3~4裂する。

用途:庭木、花材、楊枝、木釘
分布:北、本、四、九、中国
(山と渓谷社:日本の樹木より)
c0137342_19223086.jpg
c0137342_19224404.jpg
(楕円内は樹皮)
c0137342_19225723.jpg

唱歌「夏は来ぬ」
卯の花の 匂う垣根に時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて 
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ
  (作詞:佐々木信綱、作曲:小山作之助)
で歌われている花は、このウツギの花です。
ところが花に香りはほとんどなく、卯の花の匂う垣根の歌詞は、
今にも花の香りが匂ってきそうに、枝をおおって咲きこぼれる小花を見ていて、
受けた感じから読まれたようです。
(ネットより)

ヒメウツギ(姫空木)は先月末に開花していました。
ヒメウツギ(姫空木):落葉低木
科目・属:ユキノシタ科ウツギ属
花期:4~6月
撮影場所:山田池公園・2018/04

山地の岩上などに生え、高さ1~1.5Mになる。若枝は緑褐色で無毛。樹皮は短冊状にはがれ、灰褐色になる。
髄は中空。葉は対生し、長さ4~8cmの長楕円状披針形で、先はとがり、ふちに細鋸歯がある。
質はやや薄く、両面に星状毛が密生する。4~6月、狭い円錐花序をだし、直径1~1.5cmの白い花を多数つける。
花弁は5個。雄蕊は10個で花糸に1対の角がある。

用途:庭木、鉢植え、花材
分布:本(関東地方以西)、四、九
(山と渓谷社:日本の樹木より)

c0137342_20085406.jpg

c0137342_20090853.jpg

c0137342_20092054.jpg


[PR]
by poron_55 | 2018-05-12 19:38 | ┃┣樹木種
<< モクセイの仲間(イボタノキ・セ... オランダワレモコウが咲いています。 >>