ネズミモチ(鼠黐)の花が満開になっています。
山田池公園の各所でネズミモチ(鼠黐)の花が咲いています。

ネズミモチ(鼠黐):常緑小高木
科目・属:モクセイ科イボタノキ属
学名:Ligustrum japonicum
別名:タマツバキ
花期・果期:5~6月頃・11~01月頃
撮影場所・年月:山田池公園・2018/05、2016/11

暖地の山地に生え、高さ6~8mになる。葉は対生し、長さ4~10cmの卵形。先はとがり、革質で光沢がある。
6月頃、本年枝の先に長さ5~12cmの円錐花序をだして、白い花を多数つける。
花冠は長さ約5mmの筒状漏斗形で4深裂し、裂片はそりかえる。果実は長さ7~10mmの楕円形で、黒紫色に熟す。

用途:庭木、公園樹
分布:本(関東地方以西)、四、九、台湾
(山と渓谷社:日本の樹木より)

c0137342_09233885.jpg
c0137342_09235349.jpg
楕円内は樹皮の様子です。
c0137342_09240717.jpg
11月には黒い果実が無数になります。
c0137342_09242864.jpg
c0137342_09244290.jpg
c0137342_09245607.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-05-31 09:37 | ┃┣樹木種
<< 紅白のシモツケが開花を始めました。 モクセイの仲間(イボタノキ・セ... >>