紅白のシモツケが開花を始めました。
初夏を迎え山田池公園ではシモツケ(下野)の花が咲き出してきました。
傾斜地で紅白のシモツケが群生しています。

シモツケ(下野):落葉低木
科目・属:バラ科シモツケ属
学名:Spiraea japonica
別名:キシモツケ
花期:5~8月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/06

日当たりのよい草地や礫地などに生え、高さは0.2~1mになる。
葉は長さ1~8cmの披針形、卵形、または広卵形で先はとがり、ふち不ふぞろいの鋭い重鋸歯がある。
裏面は淡緑色または粉白色。5~8月、枝先の複散房花序に直径3~6mmの花を多数開く。
花の色は紅色・白色などがある。花弁は5個で雄蕊より短い。雌蕊は5個。袋果は5個で光沢がある。

用途:庭木、鉢植え、盆栽
分布:本、四、九、朝鮮、中国
(山と渓谷社:日本の樹木 より)

c0137342_21483539.jpg
c0137342_21485594.jpg
1茎から紅白が混ざって咲いています。
c0137342_21493545.jpg
c0137342_21495488.jpg
c0137342_21502498.jpg
すでに多くの昆虫がやってきています。(ベニカミキリ)
c0137342_21511489.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-06-06 22:02 | ┃┣樹木種
<< 美味しそうなバラ科の果実(スモ... ネズミモチ(鼠黐)の花が満開に... >>