京都府立植物園・植物生態園の野草たち(3月)
先月(2月)咲き出しが遅かった生態園の野草たちが、今月(3月)になってかなり開花が始まっていました。
参考までに先月2月)の植物生態園の様子をTBしておきます。
フクジュソウ(福寿草):多年草
科目・属:キンポウゲ科フクジュソウ属
学名:Adonis amurensis
開花:2~4月
撮影:京都府立植物園(2007/03)

シベリア東部、中国北部、朝鮮半島、日本に分布する草丈15~30cmになる多年草。根茎は短く、やや太い根を持つ。
茎は直立し、葉は葉柄があり、3~4回の羽状全裂する。羽裂片は卵形または長卵形で、細裂片は線状披針形となる。
茎頂に1~数花つける。花弁は多数あり、長楕円形または広披針形で、弁先に歯状の細かい切り込みが入る。
花色は黄だが、古典植物として日本独自の品種改良が進み、白、黄褐、紫褐、橙紅などがある。花形も一重、二重、八重、万八重と変化にとむ。
  生育地:山地
  分布:北、本、四、九、シベリア、中国、朝鮮

フクジュソウは咲き終わり状態でした。
フクジュソウ(八重咲き)
c0137342_18464112.jpg

c0137342_1847686.jpg

フクジュソウ(一重咲き)
c0137342_18475282.jpg

c0137342_18482121.jpg


ユキワリイチゲ(雪割一華):多年草
科目・属:キンポウゲ科イチリンソウ属
学名:Anemone keiskeana
開花:3~4月
撮影:京都府立植物園(2008/03)

山麓の林のふちや竹林のなかなどに生える多年草。根茎は太く多肉質で横に這い、しばしば紫色を帯びる。
根生葉は3小葉からなり、小葉は三角状卵形で鋸歯がある。表面は白い斑紋があり、裏面は紫色を帯びる。
茎葉は3枚が輪生する。花は淡紫色で径3~3.5cm。花びら状の萼片が12~22個ある。
  生育地:山野
  分布:本(西部)、四、九

c0137342_18493923.jpg

c0137342_1850091.jpg

ミスミソウ(ユキワリソウ):多年草
科目・属:キンポウゲ科ミスミソウ属
学名:Hepatica nobilis var.japonica
別名:ユキワリソウ
開花:3~4月
撮影:京都府立植物園(2008/03)

落葉広葉樹林内なぢに生える高さ5~10cmの多年草。葉は常緑ですべて根生し、長い柄がある。
基部は心形で長さ2~3cm、幅3~5cmあり、3裂する。裂片は全縁で先端はとがる。葉質はやや厚くつやがあり、裏面や葉柄には長い毛がある。
早春、白色または淡紫色の径1~1.5cmの花をつける。萼片は花びら状で6~9個あり、花弁はない。
和名は三角草(みすみそう)で、葉の形に由来する。雪割草(ゆきわりそう)の名はまだ雪が残っているころ開花することによる。
  生育地:山地
  分布:本、九
c0137342_18505391.jpg

オオミスミソウ(大三角草):多年草
科目・属:キンポウゲ科ミスミソウ属
学名:Hepatica nobilis var.japonicafrom. magna
開花:3~4月
撮影:京都府立植物園(2008/03)

ミスミソウの1品種で全体が大きい。葉は幅5~10cmあり、先は鈍頭となる。花も大きく、花びら状の萼片は8~10mmある。
花の色は白、紫、紅、藍などの変化に富んでいる。
  生育地:山地
  分布:本(日本海側)
c0137342_18522049.jpg

c0137342_18524142.jpg

モミジチャルメルソウ(紅葉哨吶草):多年草
科目・属:ユキノシタ科チャルメルソウ属
学名:Mitella acerina
開花:4~6月
撮影:京都府立植物園(2008/03)

わが国の固有種で、京都府から滋賀・福井県の日本海側に分布しています。山地の谷沿いに生え、高さは20~40cmになります。
葉は広卵形で掌状に5~7裂し、長い葉柄があり根生します。葉の基部は心形で表面には粗毛が生えます。
4~6月ごろ、花茎を伸ばして、上部に赤みを帯びた淡黄緑色の花を咲かせます。花弁は魚骨状に3~4裂し、萼片は黄緑色です。雌雄異株。
  生育地:山地、森林、林縁、河原、湿地、池沼、礫地
  分布:本(京都府・滋賀・福井県の日本海側)
c0137342_18533460.jpg

c0137342_19304315.jpg

ヤマアイ:多年草
科目・属:トウダイグサ科ヤマアイ属
学名:Mercurialis leiocarpa
開花:3~7月
撮影:京都府立植物園(2006/03)

高さ30~40cmになる多年草。山地の林内に群生する。地下茎は白色だが乾くと紫色になる。葉は長楕円状披針形で、
長さ7~12cm、幅2.5~5cm、ふちには鋸歯があり対生する。長い葉柄の基部には披針状の小さな托葉(たくよう)がある。
雌雄異株で、茎の上部の葉の腋から花柄をだし、緑色の小さな花を穂状につける。
染料をとるアイやリュウキュウアイとよく混同されるが、ヤマアイからは染料はとれない。
  生育地:山地
  分布:本、四、九、沖
c0137342_19362421.jpg

c0137342_19364414.jpg

[PR]
by poron_55 | 2008-03-18 19:39 | ┃┣その他公園・植物園
<< 山田池公園の枝垂れ紅梅が満開に... ちょっとレトロ風・・・円山公園... >>