カテゴリ:┃┣樹木種( 84 )
美味しそうなバラ科の果実(スモモ・ベニバスモモ・ウメ)です。
公園では早くも美味しそうなバラ科の果実が実っています。
たまたま一昨日の公園散歩で、スモモ(李)・ベニバスモモ(紅葉李)・ウメ(梅)などの果実を
公園管理者が振い落していました。
勿論、公園の果実は公共の財産ですからもぎ取ることができませんが、木の枝に登ってのもぎ取り行為が絶えません。
そのため枝折れが頻繁に発生しています。公園の果実類は管理が行き届いていませんので、概して小さな果実が多いようです。
以下に振い落しの前日に生っていた様子と振るい落した果実の様子です。
これは落ちた(スモモとベニバスモモ)果実です。生食してみましたが案外甘くて美味しいくいただきました。
c0137342_08094291.jpg
スモモが木に生っている様子と振るい落した様子です。
c0137342_08100421.jpg
c0137342_08102995.jpg
ベニバスモモが木に生っている様子と振るい落した様子です。
c0137342_08104827.jpg
c0137342_08111275.jpg
ウメの木に生っている様子と自然に落下していた様子です。
c0137342_08113845.jpg
c0137342_08122792.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-06-16 08:39 | ┃┣樹木種
紅白のシモツケが開花を始めました。
初夏を迎え山田池公園ではシモツケ(下野)の花が咲き出してきました。
傾斜地で紅白のシモツケが群生しています。

シモツケ(下野):落葉低木
科目・属:バラ科シモツケ属
学名:Spiraea japonica
別名:キシモツケ
花期:5~8月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/06

日当たりのよい草地や礫地などに生え、高さは0.2~1mになる。
葉は長さ1~8cmの披針形、卵形、または広卵形で先はとがり、ふち不ふぞろいの鋭い重鋸歯がある。
裏面は淡緑色または粉白色。5~8月、枝先の複散房花序に直径3~6mmの花を多数開く。
花の色は紅色・白色などがある。花弁は5個で雄蕊より短い。雌蕊は5個。袋果は5個で光沢がある。

用途:庭木、鉢植え、盆栽
分布:本、四、九、朝鮮、中国
(山と渓谷社:日本の樹木 より)

c0137342_21483539.jpg
c0137342_21485594.jpg
1茎から紅白が混ざって咲いています。
c0137342_21493545.jpg
c0137342_21495488.jpg
c0137342_21502498.jpg
すでに多くの昆虫がやってきています。(ベニカミキリ)
c0137342_21511489.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-06-06 22:02 | ┃┣樹木種
ネズミモチ(鼠黐)の花が満開になっています。
山田池公園の各所でネズミモチ(鼠黐)の花が咲いています。

ネズミモチ(鼠黐):常緑小高木
科目・属:モクセイ科イボタノキ属
学名:Ligustrum japonicum
別名:タマツバキ
花期・果期:5~6月頃・11~01月頃
撮影場所・年月:山田池公園・2018/05、2016/11

暖地の山地に生え、高さ6~8mになる。葉は対生し、長さ4~10cmの卵形。先はとがり、革質で光沢がある。
6月頃、本年枝の先に長さ5~12cmの円錐花序をだして、白い花を多数つける。
花冠は長さ約5mmの筒状漏斗形で4深裂し、裂片はそりかえる。果実は長さ7~10mmの楕円形で、黒紫色に熟す。

用途:庭木、公園樹
分布:本(関東地方以西)、四、九、台湾
(山と渓谷社:日本の樹木より)

c0137342_09233885.jpg
c0137342_09235349.jpg
楕円内は樹皮の様子です。
c0137342_09240717.jpg
11月には黒い果実が無数になります。
c0137342_09242864.jpg
c0137342_09244290.jpg
c0137342_09245607.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-05-31 09:37 | ┃┣樹木種
モクセイの仲間(イボタノキ・セイヨウイボタノキ)が開花しています。
現在、山田池公園ではモクセイ科の樹木が多く開花しています。
その中からイボタノキ・セイヨウイボタノキの開花を紹介いたします。

イボタノキ(水蝋の木):落葉低木
科目・属:モクセイ科イボタノキ属
学名:Ligustrum obtusifolium
花期・果期:5~6月・11~12月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/05

山野に生え、高さ2~3mになる。枝は灰白色。葉は対生し、長さ2~7cmの長楕円形でふちは全縁。
5~6月、本年枝の先に白い花が総状に多数咲く。花冠は長さ7~10mmの筒状漏斗形で先は4裂する。
果実は長さ7mmの楕円形で黒紫色に熟す。イボタノキの仲間の樹皮にはイボタロウムシがつき、イボタロウがとれる。

用途:器具材
分布:北、本、四、九、朝鮮、中国
(山と渓谷社:日本の樹木より)

c0137342_22312041.jpg
c0137342_22315583.jpg
c0137342_22321157.jpg
11月の果実の様子です。
c0137342_22520995.jpg

セイヨウイボタノキ(西洋水蝋の木):常緑小低木
科目・属:モクセイ科イボタノキ属
学名:Ligustrum vulgare
原産:ヨーロッパ・地中海沿岸
別名:プリペット
花期:5~6月
撮影場所・年月:山田池公園・2016/05

刈り込みや大気汚染などに耐えるので、道路沿いの植え込みなどに使われる。
5~6月、同属のネズミモチと同じ時期かやや早く開花し、同じ「におい」を漂わせる。
4花弁で葯は小豆色。葉っぱの先は丸みがある。

用途:庭木、公園樹
分布:ヨーロッパ・地中海沿岸原産
(ネットより)

c0137342_22325207.jpg
c0137342_22331338.jpg
楕円内は樹皮の様子です。
c0137342_22332986.jpg

[PR]
by poron_55 | 2018-05-23 23:10 | ┃┣樹木種
ウツギ(空木)とヒメウツギ(姫空木)の花が咲き出してきました。
山田池公園でウツギ(空木)とヒメウツギ(姫ウツギ)の花が開きだしました。
とても花付きがよく豪華に咲き乱れています。どうやらこの木は園芸種のようです。

ウツギ(空木):落葉低木
科目・属:ユキノシタ科ウツギ属
学名:Deutzia crenata
別名:ウノハナ
花期:5~7月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/05
山野に普通に生えるが、生垣や庭木としてもよく植えられている。下部からよく分枝して高さ1.5~2mになる。
若枝は赤褐色。若枝、葉、葉柄、花序、花弁の外側や萼に星状毛が密生する。樹皮は縦に短冊状にはがれる。
葉は対生し、長さ5~12cmの卵状長楕円形または卵状披針形で先は尖り、ふちに浅い鋸歯がある。
質は厚い。表面は星状毛が多く、ざらつく。葉柄は2~4mm。5月下旬から7月にかけて、
円錐花序を多数だし、直径1~1.5cmの白い花が蜜に垂れ下がって咲く。
花弁は5個。雄蕊は10個。花糸には狭い翼がある。花柱は3~4個。
蒴果は直径4~6mmの球形で先端は少しくぼみ、花柱が残る。熟すと3~4裂する。

用途:庭木、花材、楊枝、木釘
分布:北、本、四、九、中国
(山と渓谷社:日本の樹木より)
c0137342_19223086.jpg
c0137342_19224404.jpg
(楕円内は樹皮)
c0137342_19225723.jpg

唱歌「夏は来ぬ」
卯の花の 匂う垣根に時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて 
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ
  (作詞:佐々木信綱、作曲:小山作之助)
で歌われている花は、このウツギの花です。
ところが花に香りはほとんどなく、卯の花の匂う垣根の歌詞は、
今にも花の香りが匂ってきそうに、枝をおおって咲きこぼれる小花を見ていて、
受けた感じから読まれたようです。
(ネットより)

ヒメウツギ(姫空木)は先月末に開花していました。
ヒメウツギ(姫空木):落葉低木
科目・属:ユキノシタ科ウツギ属
花期:4~6月
撮影場所:山田池公園・2018/04

山地の岩上などに生え、高さ1~1.5Mになる。若枝は緑褐色で無毛。樹皮は短冊状にはがれ、灰褐色になる。
髄は中空。葉は対生し、長さ4~8cmの長楕円状披針形で、先はとがり、ふちに細鋸歯がある。
質はやや薄く、両面に星状毛が密生する。4~6月、狭い円錐花序をだし、直径1~1.5cmの白い花を多数つける。
花弁は5個。雄蕊は10個で花糸に1対の角がある。

用途:庭木、鉢植え、花材
分布:本(関東地方以西)、四、九
(山と渓谷社:日本の樹木より)

c0137342_20085406.jpg

c0137342_20090853.jpg

c0137342_20092054.jpg


[PR]
by poron_55 | 2018-05-12 19:38 | ┃┣樹木種
公園にも「ナニワイバラ(難波薔薇)」の季節がやってきました。
山田池公園にもバラ(薔薇)の季節がやってきました。
山田池公園には「バラ園」が無いのですが、各所で少しは開花してきます。
今年は少し早く「ナニワイバラ(難波薔薇)」(一重大輪)が開花しました。

ナニワイバラ(難波薔薇):常緑つる性
科目・属:バラ科バラ属
学名:Rosa laevigata
花期:4~5月
撮影場所・年月:山田池公園・2018/04

昔から庭に栽培されるほか、和歌山県南部や四国、九州では野生化している。
枝にはカギ形の太い刺がある。小葉は長さ3~7cmの楕円形で、両面とも無毛。表面には光沢がある。
5月頃、枝先に直径5~9cmの白い花が1個咲く。
一重大輪、一輪咲きで、一季咲き、早咲き、花には芳香がある。花柄と萼筒には刺が密生する。
花が淡紅色のものをハトヤバラ(var.rosea)という。

用途:庭木、花材
分布:中国・台湾原産
(山と渓谷社:日本の樹木 より)

c0137342_10321865.jpg
c0137342_10323627.jpg
c0137342_10325905.jpg
11月には果実が見られます。
c0137342_10332807.jpg



[PR]
by poron_55 | 2018-05-02 10:54 | ┃┣樹木種
樹木種の秋の実です。(ミカイドウ・オリーブ・モッコク)
秋になって、公園では樹木種の果実が目につきます。
以下はいづれも山田池公園で見かけた樹木種の果実(ミカイドウ・オリーブ・モッコク)です。

ミカイドウ(実海棠):落葉低木
科目・属:バラ科リンゴ属
学名:Malus micromalus
原産:中国
別名:ヒメリンゴ・イヌリンゴ
花期・果期:4月・9~10月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/10

ミカイドウは中国原産の落葉する低木です。寒さに強く、我が国には室町時代に渡来したとみなされています。
早春にピンク色から白色の花が、短い枝の先に、一重で上向きに咲きます。淡く清楚な雰囲気をもった5っの花びらと、黄緑色の葉。
花の後には、黄緑色の実が出来て、次第に紅色となり、秋には約1cmの小さな果実となって真っ赤に熟します。
その姿は、リンゴを小さくしたような実です。晩秋、やがてこの実たちにも、しわが生じて、冬には地面に帰ります。
しかし枝先にはすでに冬芽が、空に向かって春の訪れを待っています。ミカイドウは、その名のように実の期間が比較的ながくて、
色の移り変わりで、季節を感じさせてくれる木です。
(ネットより)
c0137342_19013670.jpg
c0137342_19015514.jpg
c0137342_19020638.jpg
4月に咲いていた花です。
c0137342_19024541.jpg
c0137342_19030660.jpg
オリーブ:常緑小高木~高木
科目・属:モクセイ科オリーブ属
学名:Olea europaea
原産:アフリカ
花期・果期:5~7月・9~10月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/10

地中海沿岸で古くから栽培されている。日本には文久年間(1861~64年)に渡来した。高さは普通2~7m、
大きいものは18mにも達する。樹皮は灰緑色。葉は対生し、長さ2.5~6cm披針形で、ふちは全縁。厚い革質でかたい。
5~7月、葉脇から総状の円錐花序を出して、芳香のある帯黄白色の小さな花をつける。花冠は直径6~7mmで4深裂する。
果実は長さ1.2~4cm楕円形で、緑色から黄色に変わり、黒褐色に熟す。違う品種の木を混植すると果実が生りやすい。
分布:アフリカ原産
(山と渓谷社:日本の樹木より)

8月には緑色です。
c0137342_19534854.jpg
10月には黒褐色に変色します。
c0137342_19540520.jpg
c0137342_19541988.jpg
5月に咲いていたオリーブの花です。
c0137342_19544092.jpg
c0137342_19545623.jpg
モッコク(木斛):常緑高木
科目・属:ツバキ科モッコク属
学名:Ternstroemia gymnanthera
花期・果期:6~7月・10~11月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/10

海岸に近い産地に生え、高さ10~15mになる。樹皮は帯黒褐灰色でなめらか。葉は長さ3~7cmの狭倒卵形で、
厚くて光沢がある。6~7月、葉腋に直径1.5cmの白い花を下向きに開く。花弁は5個。雄蕊は多数。
ふつう両性だが、雌雄異株、雄花だけをつける株もある。果実は長さ1.5cmのほぼ球形で、熟すと厚い果皮が裂けて赤い種子をだす。
春先の新葉は美しい。
用途:庭木、公園樹、器具材
分布:本(千葉県以西)、四、九、沖、アジア東南部
(山と渓谷社:日本の樹木より)
c0137342_20172276.jpg
c0137342_20173808.jpg
楕円内は樹皮です。
c0137342_20175109.jpg
10日後には赤い種子が見えてます。
c0137342_13334130.jpg
7月に咲いていた花です。
c0137342_20181831.jpg
5月の新葉は美しい。
c0137342_20184079.jpg
c0137342_20190280.jpg


[PR]
by poron_55 | 2017-10-13 20:35 | ┃┣樹木種
イガクリ(栗)がいっぱいなっています。
クリ(栗):落葉高木
科・属:ブナ科クリ属
学名:Castanea crenata
別名:シバグリ
花期・果期:6~7月・9~10月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/08

山地に生え、高さ15~20mなる。樹皮は淡褐黒色で縦に裂け目がある。葉は互生し、
長さ7~15cmの狭長楕円形で針状の鋸歯がある。花は6~7月に咲く。
雄花序は長さ10~15cmでやや上向きにつく。雌花は緑色で雄花序の基部にかたまる。
堅果は長い刺のある殻斗(かくと:イガ)に2~3個包まれる。多くの品種があり、果樹としてよく植えられる。
用途:庭木、建築・彫刻材
分布:北(西南部)、本、四、九(屋久島まで)、朝鮮中南部
(山と渓谷社:日本の樹木より)

今、若い果実がいっぱいなっています。
c0137342_12443263.jpg
c0137342_12444210.jpg
翌月9月中旬にはその果実が茶色になって既に落下しています。
c0137342_18403402.jpg
今年6月に開花していた花の様子です。
c0137342_12445934.jpg
c0137342_12450910.jpg


[PR]
by poron_55 | 2017-08-15 12:27 | ┃┣樹木種
ノグルミ(野胡桃)の果実がいっぱいできています。
ノグルミ(野胡桃):落葉高木
科目・属:クルミ科ノグルミ属
学名:Platycarya strobilaccea
別名:ノブキ
花期・果期:6~7月・9~10月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/06

日当たりのいい山地に生え、高さ約20mになる。葉はやや大形の奇数羽状複葉。
小葉は3~7対あり、長さ4~10cmの披針形でふちに重鋸歯がある。
6~7月、本年枝の先に数個の尾状花序を直立する。雌雄同種。頂生の1個が雌花序で約2cm。
雄花序は長さ5~8cmで雌花序を取り囲んでつく。果穂は長さ3~4cmの楕円形で、苞の中に翼のある堅果がある。
用途:庭木、器具材
分布:本(神奈川県以西)、四、九、朝鮮、中国、台湾
(山と渓谷社:日本の樹木より)

今年6月に開花していたノグルミの花
c0137342_13242600.jpg
c0137342_13244398.jpg
雌雄花開花の様子です。
c0137342_13250568.jpg
c0137342_13252048.jpg
去年9月の果実の様子です。
c0137342_13254998.jpg
c0137342_13260560.jpg

[PR]
by poron_55 | 2017-06-02 13:02 | ┃┣樹木種
シナサワグルミの果実がたくさんぶら下がっています。
シナサワグルミ(支那沢胡桃):落葉高木
科目・属:クルミ科サワグルミ属
学名:Pterocarya stenoptera
別名:カンボウフウ
花期・果期:4~5月・6~8月
撮影場所・年月:山田池公園・2017/04

日本には明治初期に渡来した。高さ約25mほどになる。樹皮は灰褐色で縦に深く裂けてはがれる。
葉は互生し、多くは偶数羽状複葉で長さ15~30cmあり、葉軸に翼がある。時にないこともある。
小葉は5~10対あり、長さ4~10cmの長楕円形で鈍頭。5月頃に開花する。雌雄同種。
雄花序は長さ5~7cm、雌花序は長さ5~18cmで、ともに垂れ下がる。堅果はほぼ球形で狭くて長い翼がある。
用途:公園・街路樹、器具材
分布:中国原産
(山と渓谷社:日本の樹木より)

山田池公園では4月中旬に開花します。
c0137342_19454427.jpg
c0137342_19461774.jpg
雄花は長くて緑色の花穂、 雌花:短くて少し紅色の花穂
c0137342_19463988.jpg
c0137342_19470046.jpg
7~8月には若い果実(翼果)が出来てきます。
c0137342_19504666.jpg
c0137342_19511568.jpg




[PR]
by poron_55 | 2017-04-15 19:29 | ┃┣樹木種